FXのテクニカルインジケーターの正しい選び方とお勧めの指標。


FX、トレードで「テクニカル分析」を行っていく場合、

『テクニカル指標(インジケーター)を利用する』

というのが一般的で、大抵のテクニカルトレーダーは、
何かしらのテクニカル指標を使ってチャート分析を行っています。

ただ、何らかのインジケーターを使ってテクニカル分析を行う場合、

「どのインジケーター(テクニカル指標)を使うのか」

という、先立つ段階があるはずであり、
その時点で、大抵のトレーダーはテクニカル分析関連の本や、
インターネット検索などで、インジケーターの事を調べはじめます。

ただ、本やネットを介して得られる情報はせいぜい、

「テクニカル指標は使い方次第でどれも有効」

といった結論に行き着くものになっているため、
指標分析を1からトライしようとしている人からすると、

『何を決め手にするべきなのかを迷ってしまう』

というのが実情なのではないかと思います。

そこで今回の講義は。

『テクニカル指標(インジケーター)選ぶ基準』

について、言及していきたいと思います。

テクニカル指標(インジケーター)選ぶ「基準」について。

実際にテクニカル分析を行っているようなトレーダーに、
現時点で実際に利用している指標を選んだ「理由」を聞いた場合

「この指標を利用しているトレーダーが多いと聞いたから」
「どこかにこの指標を使ったノウハウが有効と書かれていたから」

といった回答が大多数を占めるはずであり、
これはFXでいまひとつ勝てていなかった頃の私も同じでした。

それこそ「情報商材」などで提供されるノウハウ、
ツールなどをそのまま実用しているようなトレーダーは、
まさに、上記の回答内容が「そのままの状況」に該当します。

その上で、


 ・多くのトレーダーが利用している指標を使う
 ・多くの書籍やサイトで取り上げられている有名な指標を使う

という考え方、および選定基準は決して間違っているわけではありません。

テクニカル分析の本質は結局のところ、

・値動きの推移から生じる投資家心理
・その投資家心理に準じて生じる売り買いの偏り

などを分析していく事にありますので、
テクニカル分析に用いる「指標(インジケーター)」は、
いずれも、これらを捉える前提で作り出されたものになっています。

これらの傾向は結局のところ「統計」の視点で捉えるのが基本のため、
各指標には、その視点を前提とするロジックが組み込まれているわけです。

その上で、長年に渡って多くのトレーダーが利用しているインジケーターは、

「実際に一定の有効性が伴っているからこそ利用され続けている」

と考えられますし、

「多くのトレーダーが利用している事自体がその有効性を後押しする」

といった背景も相乗する形となって、その有効性が保たれる事になります。

要するに、


 ・その指標が有効であるからこそ多くのトレーダーが利用する
 ・多くのトレーダーが利用する事で統計的な傾向や偏りが更に後押しされる

という状況が生まれるため、その指標自体がテクニカル分析における傾向、
値動きの傾向を作り出す要因になっていく(なっている)という事です。

ですが、多くの書籍やサイトで取り上げられている有名どころの指標は、
実際に多くのトレーダーが同じような指標を利用している状況にあるものの、

「その大多数のトレーダーがFX(トレード)で勝てていない」

という現実があります。

つまり、実際に多くのトレーダーが同じような指標を利用し、
そこに統計的な売買の偏りが生じる状況になっているとしても、
それだけでは「勝てない」というのが相場の現実なわけです。

もちろん、この現実の背景には、


 ・相場はテクニカルに基づく売買のみで動いているわけではない
 ・相場ではファンダメンタル分析に伴う売買も行われている

といった要因もあるのですが、これらが要因の全てとは言い切れません。

というのも、どんなに多くのトレーダーが同じ指標を利用し、
その「普及率」が高い状況になったとしても、そこにはもう1つ、

「同じ指標を目にしていくトレーダーごとの普遍性の高さ」

も、その有効性を左右する非常に大きな要因となるからです。

テクニカル指標における「普及率」と「普遍性」

テクニカル指標における「普遍性」というのは、

『同じ指標を使っている人が同じ形状の指標を目にしているかどうか』

であり、それが同じ傾向にある指標ほど「普遍性が高い」という事になり、
逆に、その傾向が低い指標ほど「普遍性は低い」という事になります。

要するにテクニカル指標は、実際に多くのトレーダーが、
全く同じ指標(インジケーター)を使っている状況にあっても、

・パラメーター(設定値)
・表示チャートの時間足

これらの違いによって、チャート上に表示されるインジケーターが、
全く異なる形状となっているケースがあるという事です。

よって、どんなに普及率が高いインジケーターであっても、


 ・パラメーターの設定値が利用者ごとに一律しない指標
 ・表示するチャートの時間足によって形状が異なる指標

などは「普遍性」が低くなるため、実質的には、

「トレーダーごとに判断の基準やタイミングが異なる」

という状況が生まれます。

逆に言えば、


 ・パラメーターの設定という概念そのものが存在しない指標
 ・パラメーターの設定値がほぼ一律されている指標
 ・どのような時間足のチャートでも同じものが表示される指標

このようなテクニカル指標は普遍性が高い事になります。

つまり、テクニカル指標は「普及率」だけに着目するのではなく、
その普及率と共に「普遍性の高さ」にも着目する必要があり、

『普及率と普遍性の両方が高い指標ほど、有効性も高くなる』

と考えられるわけです。

ただ、以前の私は「普及率」には着目していましたが、
もう1つの「普遍性」については完全に度外視していました。

度外視というか「そのような考え方」に思考が及ばなかったため、

「普及率は高いが普遍性が低い指標ばかりを使っていた」

というのが実情で、これは以前の私に限らず、
世の中の多くのトレーダーが同じような経過を辿っています。

そして、そのような経過を辿っているトレーダーは、
以前の私のように、やはり思うように稼げていないわけです。

もちろん「普遍性の低い指標」を使う形でも、
実際に勝てているトレーダーはいますし、

普遍性が低い = 有効ではない

というわけではありません。

それこそ「普遍性が低い事を踏まえた使い方」をして、
そこをカバーしていく事は十分に可能ですから、

『普遍性の低さをカバーする使い方を徹底できているか」

が、その指標を利用していく上での勝敗を分けているのだと思います。

ただ、以前の私は、そのような事を全く意識できていませんでした。

そして、負けているトレーダーの大半も、以前の私と同じように、
普遍性の低い指標を使いながら、それをカバーする事ができていないため、
結果的に、有効なテクニカル分析を行えていない状況にあるということです。

普遍性の低い指標、高い指標の具体例

普及率の高さと普遍性の低さが顕著な指標の筆頭として挙げられるのは、
私も以前、実際に利用していた事がある「移動平均線」ではないかと思います。

移動平均線はレートの平均値を線状に表示するもので、
平均期間の設定値(パラメーター)をどう設定するかで、
実際のチャート上に表示される平均線の形状は大きく変わってきます。

その上で、移動平均線の平均期間の設定(パラメーター)は、

「60日間の移動平均線が有効」
「75日間の移動平均線が重要」
「パラメーターは120MAが最適」

といったように、その設定値や見解はトレーダーごとに異なる傾向にあり、
更に、平均期間の設定もローソク足の本数で設定するのが一般的なため、

『60MA(ローソク足60本分の平均線)が有効(らしい)』

という判断に至り、実際に60本の平均線をチャート上に表示させたとしても、


 ・日足(1日足)チャートにおける60MA(60本移動平均線)
 1時間足チャートにおける60MA(60本移動平均線)
 ・1分足チャートにおける60MA(60本移動平均線)

これらは以下の通り、全く異なる形状の移動平均線となります。

これらは全て同時刻、同じタイミングで表示させた移動平均線ですが、
その形状は全く異なるものになっている事がお分かりいただけると思います。

つまり、同じ設定値の移動平均線をチャート上に表示させているとしても、
各トレーダーがどのような時間足でチャートを表示させているかで、

『チャート上に表示される移動平均線の形状も大きく変わってくる』

という事です。

その上で、移動平均線を利用したチャート分析は、

・移動平均線のは向き(上向き、下向き)
・移動平均線の傾斜(角度)

などをトレンドの方向やトレンドの強さの判断基準とするため、
上記の「1日足」「1時間足」「1分足」の移動平均線はいずれも、

・1日足  : 上向き → 上昇トレンド目線
・1時間足 : 横這い → レンジ相場目線
・1分足  : 下向き → 下降トレンド目線

といった見方となり、同じ「60MA」を見ている場合でも、
チャートを表示させている時間足によって相場状況の判断そのものが、
いずれも、全く異なるものになってしまう事になります。

故に「移動平均線」は、指標としての知名度も高く、
実際に利用しているトレーダーも非常に多い傾向にあるため、
普及率は高い指標ではあるものの「普遍性は低い」と言わざるを得ません。

対して「普及率」と「普遍性」が高い指標の具体例としては、


 ・高値水平線ライン
 ・安値水平線ライン

などの、以下のような『水平線ライン』が該当します。

この「水平線」は、言ってみればただの「直線指標」ではありますが、

・該当する相場の最高値となるレートの水平線ライン
・該当する相場の最安値となるレートの水平線ライン

などは、その水平線ラインが引かれたレートに相場が接近した際に、
そこを高値更新するか、安値更新するか、といった視点で、
実際に多くのトレーダーが着目するポイントとなるため、
そのレートを示す直線ラインは、重要な指針の1つになります。

当然、このような「高値レート」や「安値レート」を示す水平線ラインは
どの時間足チャートで見ても、そのレートは完全に一律される形になるため、

全てのトレーダーにおいて共通する「普遍性」を有する

という事になるわけです。

***

ここで挙げた「水平線ライン」はあくまでも一例であり、
私自身が実際に利用している指標というわけではありません。

ただ、私の知人の中には水平線ラインによるチャート分析に重きを置き、
実際に「勝ち続けているトレーダーもいる」という点で、

『普遍性の高いテクニカル指標の有効性』

は、そのような知人の実績によっても裏付けられていると思います。

ちなみにその方の水平線ラインを用いてテクニカル分析の基準は、
前日の「最高値」や「最安値」のレートを示す水平線ラインを引いた上で、

『前日最安値(最高値)の水平線ラインを○日連続で更新している』

といった、水平線ラインの更新日数を重要な指針とした上で、
先々の値動きを予測していくというやり方をしています。

もちろん、これも一例ではありますが、普遍性の高い指標を用いれば、
こうした基準を前提とする指標分析でも十分に勝機を見出せるという事です。

テクニカル指標(インジケーター)選ぶ基準。まとめ。

結論として「統計」の視点を前提に捉える上で
有効性が高いと考えられるテクニカル指標の基準は必然的に、

・多くのトレーダーが利用している(普及率が高い)
・多くのトレーダーが同じ指標を目にしている(普遍性が高い)

この2つの条件をいかに高い水準で満たしているか。という事になります。

その上で、普及率、普遍性が高い指標であるほど、
その指標に沿った値動きが伴う可能性(確率)は高くなります。

対して、普及率、普遍性が低い指標を使うのであれば、

「それを前提とする使い方を工夫する必要がある」

という事です。

そこで多くのトレーダーは「他の指標を併用する」という方法で、
複数のテクニカル指標を組み合わせるような使い方をしているのですが、
その場合には、また別の弊害が生じてしまうのが実情です。

そちらについては以下のブログ記事で別途、言及していますので、
こちらの記事も併せて、是非、参考にしてください。

テクニカル指標の有効な使い方、見方、組み合わせの絶対条件。

以上、今回は有効なテクニカル指標を選ぶ基準についてでした。

その他、ビットコイン、トレード関連の講座も是非、併せて参考にしてください。

>ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧

その他、メインコンテンツ一覧

ネットビジネス関連講座一覧

中古車転売ビジネス関連講座一覧

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ