株、為替FX、ビットコインに共通するテクニカル分析の真実。


私はFX(トレード)で思うように勝てていなかった時期がありました。

当然、勝てていなかった状況には相応の理由(要因)があるのですが、

「これが決定的な敗因だった・・・」

と、私の中で思う大きな敗因は以下の2つです。


 ・理論や根拠を無視したテクニカル分析を行っていた事
 (在るべき理論や根拠をさほど意識していなかった)
 ・市場を特定する形のテクニカル分析に固執していた事
 (テクニカル分析の普遍性に着目できていなかった)

上記のうち「1つ目の敗因」については、以前の以下の記事で言及しています。

テクニカル指標の有効な使い方、見方、組み合わせの絶対条件。

よって今回は「もう1つの敗因」を言及していきたいと思います。

株、為替FX、ビットコインに共通するテクニカル分析の真実。

そもそもの原則として「テクニカル分析の本質」は、

「値動きに対する投資家心理の共通性、規則性を見つけ出す事」

であり、そのような心理傾向には『普遍性がある』と言われています。

そして、そのような「人間心理の傾向」にあたるものは、

『多くの人は、このような状況でこのように判断する』
『多くの人は、このような時にこのように行動する』

といった共通傾向を「統計」の視点で捉えていくものであり、
そこに、いわゆる「損得」の概念が介入する場合には、

「その共通傾向はより顕著になる」

と言われているわけです。

そのような人間心理の傾向には「普遍性」があるからこそ、
相場を予測する上でのテクニカル分析が有効となるわけですが、
その前提の上で言えば「投資家心理の共通傾向」にあたるものは、

『ありとあらゆる市場に共通した普遍性を有する』

という事になります。

つまり、株の市場、為替の市場、ビットコインの市場、
どの市場においても、投資家心理の傾向は共通するはずであり、
そこにも、確固たる普遍性があって然るべき。という事です。

故に、テクニカル分析によって導き出すべきものは、

『ありとあらゆる市場(相場)に共通する値動き(チャートパターン)』

であり、それこそがテクニカル分析における1つの「答え」に他なりません。

となると、テクニカル分析において徹底して行っていくべき事は、

『あらゆる市場に共通する値動き、チャートパターンを見つけ出す事』

であり、それこそが「然るべきテクニカル分析の進め方」になると思います。

ですが、実際にテクニカル分析を行っているトレーダーの中で、
ここで言及した「然るべきテクニカル分析」を行っているような人は、
少なくとも、私が知る限りでは、ほぼいないに等しいのが実情です。

実際にテクニカル分析を主軸とするトレーダーなどのメディアや、
そのようなトレーダーのノウハウを公開した情報商材などを目にしても、

「私のテクニカル分析はあらゆる市場で使えます。」
「私のトレードノウハウはあらゆる市場で有効です」

というものを提唱しているトレーダーはほぼ皆無であり、、
大抵のトレーダーは市場を特定する形でテクニカル分析を行っています。

つまり「株で稼ぎたい」「FXで稼ぎたい」という出発点から、
その対象となる市場の相場のみを対象にテクニカル分析を追及し、

『市場を特定する形のテクニカル分析に固執している』

という事です。

多くのトレーダーが市場を特定したチャート分析を繰り返す理由。

例えば、トレードやテクニカル分析に全く手を付けた事がない段階で、
こうして私の話を真っ白な状態で受け入れているような状況にある場合、

『あらゆる市場に共通する値動き、チャートパターンを見つけ出す』

という進め方こそが「当たり前」のように思えてしまうかもしれません。

ですが、この考え方、進め方は「テクニカル分析」や「相場」を、
俯瞰で捉える事が出来なければ、まず行き着けないものだと思います。

事実、この考え方、進め方が理に適っている事は間違いないため、
このような「真理」を先に知ってしまえば、それが「当然の論理」であり、

『そこに及ばない考え方、進め方には、もはや疑問しか浮かばない』

という状況になってしまうものかもしれません。

ですが、以前の私がまさしくそうであったように、
いざ、相場に向き合ってテクニカル分析に着手する時点では、

「株で稼ぎたい」
「FXで稼げるようになりたい」

と、特定の市場を対象とする前提になっている場合がほとんどです。

故に、この時点で「相場」や「テクニカル分析」などの全体を俯瞰で捉え、
その「本質」や「真理」を見据えた行動を取れる人はそうはいないと思います。

現にテクニカル分析に着手している世の中のトレーダーは、
その大半が今も尚、その「真理」に気付く事さえできていません。

ただ、私の場合は、どんな物事にもそのような視点を持てる、
秀逸なビジネスパートナーとパートナーシップを組めていたため、
その方の確固たる「実績」と共に、その真理に行き着く事が出来ましたが

「物事を俯瞰的な視点で捉えて真理を見抜く」

というのは、言うほど簡単な事ではないわけです。

テクニカル分析の答え = あらゆる市場に共通するチャートパターン

よって、仮に「特定の市場」においてのみ見受けられるような、
テクニカル分析に基づく相場の傾向や規則性が存在し、
異なる市場では、それが見受けられない場合は、

・その市場特有の何かと相乗する事で生じているテクニカル傾向
・テクニカルの視点とは無関係に生じている偶然の傾向

このいずれかである可能性が高く、それが「後者」であれば、
その「偶然の傾向」に沿って勝ち続ける事はできないと思います。

また、仮にそれが「前者」である場合、
実質的に、その市場特有の何かに該当するものは、

「その市場特有のファンダメンタル要因」

であり、テクニカルに伴う傾向はあらゆる市場に共通していても、
ファンダメンタル分析の対象となる要因は市場によって全く異なります。

加えて、相場内における「大きな売買の流れ」は、
その市場ごとのファンダメンタルによって作られている中で、
テクニカルは、その中の一時的、短期的な「流れ」や「偏り」を作るため、


 ファンダメンタル分析に基づく売買 = 相場の大きな流れを作るもの
 テクニカル分析に基づく売買 = その流れの中で変動を作るもの

という考え方をするのであれば、
その市場特有の「ファンダメンタルの流れの中」であれば、
そこで有効性を保てるテクニカル分析を確立できる余地はあると思います。

よって「有効性が伴うテクニカル分析」にあたるものは、
あらゆる市場に共通する値動きの傾向だけが「答え」なのではなく、

『特定の市場だけにのみ見られる値動きの傾向も存在する』

と考えられるため、そのようなチャートパターンを、
その市場のみを対象とする形で追及する事も可能ということです。

ただ、相場の大きな「流れ」を作る出すファンダメンタル要因は、

「時代背景と共に移り変わっていくもの」

だと思います。

10年前、20年前の株式相場、為替相場に影響を与える要因と、
今現在、それらの相場に影響を与える要因は同じではないはずですし、
これは10年後、20年後においても同じ事が言えるはずです。

原則として、人間心理の傾向を捉える「テクニカル分析」は、
時の流れによって移り変わるようなものではありません。

ですが、投資対象の価値を分析していく「ファンダメンタル分析」は、

『その分析対象となる物差しが時代背景と共に移り変わってしまう』

という現実があります。

よって、その相場特有のファンダメンタルの上で成り立つような
特定の市場においてのみ有効性が伴うテクニカル分析の基準は、
先々の「将来」においても、その有効性を保てるとは限りません。

むしろ、その土台となるファンダメンタルは必ず移り変わりますので、

「市場を選ぶテクニカル分析はいつかは有効性を失う可能性が高い」

という事になります。

よって、今後、10年、20年と相場の世界で「勝ち続ける」には、
移り変わりの無い人間心理の傾向のみを純粋に捉える事ができる、
テクニカル分析の真理に基づく分析基準を追及していくしかありません。

そのような「普遍性の高い分析基準決」にこそ、

『決して揺らぐ事のない不変の有効性が伴う』

という事です。

真理に基づくテクニカル分析には「普遍」「不変」が伴う。

また、

「特定の市場にのみ見受けられる相場の傾向を見つけ出す工程」
「複数の市場に共通する相場の傾向を見つけ出す工程」

これらの「難易度」や「合理性」を比較する視点においても、
複数の市場を対象とする「後者の工程」の方に優位性があります。

一見、複数の市場を対象とするテクニカル分析は
難易度が高く、大変そうな工程に感じられるかもしえません。

ですが、テクニカル分析の追及における失敗事例の多くは、
テクニカルの視点とは無関係に生じている偶然の傾向でしかないものを、

「あたかもテクニカル分析に基づく傾向と思い込んでしまう」

というところにあります。

実際にテクニカル分析で失敗しているトレーダーの多くは、
そのような「偶然の傾向」を「テクニカルに基づく傾向」と捉えてしまい、
その「偶然」をなぞるような売買で「負け」を重ねているわけです。

まさに

「過去の相場では、いつもこうだったのに・・・」

という「傾向」が、実際の相場ではほぼ再現されないケースであり、
以前の私も、そんな検証トレードを幾度と繰り返していました。

ただ、このような偶然の傾向を導き出してしまう可能性、確率は、
どう考えても、特定の相場のみを対象とする方が高くなります。

逆に3つの相場に高い確率で共通しているような値動きの傾向が、
ここで言う「偶然」である可能性は、格段に低くなるわけです。

つまり、

「偶然の傾向を導き出してしまう確率を大きく下げられる」

というだけでも、チャート分析の効率を格段に引き上げられる事になります。

また、「統計」の視点における単純な理屈の上でも
分析対象となるチャートパターンは多いに越した事はありません。

その上で、実際に見つけ出す事ができた「共通傾向」は、
今後においても有効な分析基準の礎となっていく事になります、

よって、複数の市場に共通する値動きを導き出す場合には、


 ・統計の上でより多くのチャートパターンを分析できる
 ・偶然の傾向を導き出してしまう確率を格段に下げられる
 ・導き出した有効な分析基準には不変の有効性が伴う

このような非常に大きなメリットが生じるものの、
市場を特定する形でテクニカル分析を追及していく場合は、

・統計(分析対象となるチャートパターンも特定される)
・合理性(偶然の傾向を導き出してしまう可能性が高くなる)
・継続性(その市場特有のファンダメンタルの変化で有効性を失う)

これら全てにおいて「何のメリットも無いに等しい」わけです。

***

ただ、以前の私のように世の中の大半のトレーダーは、
特定の市場(相場)のみを対象とするテクニカル分析を行っています。

そして、実際に「テクニカル分析で勝っているトレーダー」も、
特定の市場においてのみ有効なテクニカル分析を行っている傾向にあり、
そのようなトレーダーが10年先、20年先も「同じノウハウ」で、
同じように勝ち続けられるかは「微妙」と言わざるを得ません。

それが「あらゆる市場に有効なテクニカル分析」ではない以上、

『普遍的な値動きを捉える事ができていないのは明らか』

だからです。

そういった点で、私が実用しているトレードノウハウは、


 ・株式相場を対象とするトレード
 ・為替相場(FX)を対象とするトレード
 ・ビットコインの相場を対象とすつトレード

この「全て」において有効なノウハウとなっているため、
私がノウハウを継承した方の中には、3つの市場を対象に、
資金を分散させてトレードを行っているような方もおられます。

ただ、全ての市場に有効なトレードノウハウであるとは言え、
市場の「特性」や「取引条件」などを踏まえた上では、
ビットコインのFXを対象とするトレードが最も稼ぎやすく、

・テクニカル分析の適応性
・取引コスト
・取引時間

この3つの条件、全てにおいてビットコインが圧倒的に優位なため、
私は「ビットコイン」を主なトレード対象にしているわけです。

これらの「ビットコインの相場がトレードに有利な理由」については、
別途、以下のような記事がありますので、併せて参考にしてください。

株、為替、ビットコインFXの取引手数料とスプレッドの比較。

株・為替とビットコインFX、どっちのトレードが稼げるの?



その他、メインコンテンツ一覧

ネットビジネス関連講座一覧

中古車転売ビジネス関連講座一覧

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧


橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ