車庫証明の取り方、申請書類の書き方について。

自動車には全て「所有者名義」というものがあるため、
中古で自動車を購入した際は、その「所有者名義」を
自分の名義に変更する必要があります。


いわゆる「名義変更」というやつです。


そして、その「名義変更」を行う際には必ず、


「車庫証明(自動車保管場所証明書)」


というものを取得しなければなりません。


この車庫証明(自動車保管場所証明書)は文字通り、


「自動車の保管場所を確保している事を証明するもの」


で、警察署が発行してくれるものです。


この「車庫証明」がしっかりと発行されていれば、その人は、
該当する車を保管できる場所を有している事の証明になり、
それがあって初めて「名義変更」が行えるわけです。


逆にこの車庫証明が無いとなると、その人は
該当する車を保管できる場所を有していない事になるため、
その状態では、車の名義変更も行う事ができません。


よって、中古車を購入された際には、
その「車庫証明」を取得する必要があり、
その取得手順は以下のようになっています。


 1:自動車を保管できる場所(駐車場)を確保する

 2:各種申請書を作成して申請書類を用意する

 3:管轄の警察署に書類一式を申請する

 4:後日、交付予日に警察署へ行って車庫証明を受け取る


それぞれの手順を詳しく解説していきます。


1:自動車を保管できる場所(駐車場)を確保する
いざ「車庫証明を取ろう」という段階にあるような人で、
そもそもの保管場所(駐車場)を確保していない事は無いと思いますが
車庫証明の取得には、まず、その保管場所の確保が必須になります。


また、実際に車庫証明を発行してもらうには、
その駐車スペースにおける幾つかの条件をクリアする必要があり、
その条件をクリアできていないと、この後の手続きを踏んでいっても、
肝心な書庫証明の申請そのものが受理してもらえません。


以下がその車庫証明の発行における主な条件です。



 ・使用者の自宅から駐車場までの距離が直線距離2キロメートル以内
 ・車庫から道路へ該当する自動車が支障なく出入りできる
 ・車全体が駐車スペースに収まり、前後左右に50cmの余裕がある


自己所有の土地などを駐車スペースにするという場合は、
この条件をクリアできる場所を保管場所として申請してください。


逆に駐車スペースありきで車を購入するという場合は、
上記の条件をクリアできる車を購入する必要があるという事です。


これは駐車場を月極などで借りる場合も同じですね。


2:必要書類を作成して申請する
まず、車庫証明の申請に必要な書類は以下のようなものです。



 ・自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書

 ・自認書・使用承諾証明書

 ・保管場所の所在図・配置図


これらは全て管轄の警察署の方でもらう事も出来ますし、
都道府県警察ホームページからダウンロードする事も出来ます。


各記入方法などは、窓口に行くか、電話で問い合わせると、
担当の警察官が1つ1つ丁寧に教えてくれるはずです。


また、月極の駐車場などを借りた場合は、



 ・保管場所使用承諾証明書

 ・駐車場の賃貸契約書のコピー


この2点の書類も必要になりますので用意してください。


駐車場の契約時に併せて用意してもらうのが一般的です。


また、この際に申請を出す駐車スペースには、
後日、確認を兼ねた調査があります。


そこで何か確認事項があった場合など、
警察から電話があるかもしれません。


ですので、申請書に記載する「連絡先」には、
携帯電話の番号を明記しておく事をお勧めします。


ここで警察とのやりとりにタイムラグが生じてしまうと、
その分、申請書の受理と車庫証明の発行が遅れてしまいますので。


3:管轄の警察署に書類一式を申請する
申請書の一式を作成して、必要書類が用意できたら、
管轄の警察署へ作成した書類一式を申請します。


その際には使用者の所在確認を求められますので、
運転免許証などの身分証も持参するようにしてください。


申請そのものはその場ですぐに終わりますが、
車庫証明の発行にはそこから2~6日ほどかかります。


申請した際に「○日後に取りに来てください」と言われますので、
その際に発行される「引換券」を受け取れば申請は完了です。


4、後日、交付予日に警察署へ行って車庫証明を受け取る
後日、警察署に足を運び、引換券を提出すれば、


「自動車保管場所証明書」
「保管場所標章交付申請書」



この2点が交付されます。


この「自動車保管場所証明書」が車庫証明にあたるものです。


尚、併せて受け取れる「保管場所標章交付申請書」の方には
収入証紙(500円ぐらい)を貼り付けて提出すると、


「保管場所標章通知書」
「保管場所標章」



この2点が貰えます。


以上が車庫証明の申請と取得までの流れになります。


分からない事は基本的に警察が教えてくれますが、
一応、ザックリとした流れは以上の通りです。


以下の関連講座も併せて是非、参考にしてください。

>中古車の名義変更における必要書類の揃え方


2足わらじのIT社長、橋本の中古車転売ビジネス講座

私はインターネットビジネスと中古車転売ビジネス、
2足のわらじを履いてビジネスを展開しています。

こちらではそんな私が実際に展開している、
中古車転売ビジネスの入門講座から、
わりと実践的な実務講座などを公開していますので、
もし興味がありましたら是非、目を通してみてください。

>橋本による中古車転売ビジネス講座一覧はこちら


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

>2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ