資金0円からの中古車転売ビジネス。


資金0円からの中古車転売ビジネス。

中古車転売ビジネスと聞いて、
やはり多くの人がそこに高い壁を感じるのは
仕入れ資金についての問題ではないかと思います。

自動車=高額なもの

というイメージがありますし、それは実際にそうだと思います。

そんな高額な商品を転売して稼ぐビジネスなのですから、
当然ながらそれを始めるには相応の資金が必要であり、
大きな利益を狙える反面、大きなリスクも伴う

ハイリスクハイリターンなビジネス

というイメージが中古車ビジネスにはあると思います。

ただ、前回の講座でもお伝えした通り、
それは完全な「先入観」であり、
実際は少ない資金からでも「0円から」でも、
中古車の転売ビジネスはスタートしていく事が出来ます。

例えば国内の中古車であれば10万円前後からでも
仕入れが出来るような車はザラにありますし、
そういう車を15万、20万円で転売出来る事はよくあります。

その1台の転売でも普通に5万、10万円の利益を抜けるわけです。

現に私が中古車転売を教えた友人の中には
本当にそういう車ばかりを狙って
利益を積み上げているようなバイヤーもいます。

それこそ彼は個人的な貯金20万円くらいからのスタートでした。

そんな10万、20万円くらいの資金であれば、
実質的に誰でも普通に用意出来ると思います。

ただ中にはそんな資金もなかなか用意出来ない・・・。

そんな境遇にある人もいると思いますし、
出来れば「リスク」を背負わず
ビジネスを進めていきたいという人もいると思います。

そういう人には「0円」から中古車転売を始められる

「中古車の輸出ビジネス」

の進め方をお話ししていきたいと思います。

資金0円から始められる中古車の「輸出」ビジネス。

まず、資金0円かから始められるという
中古車輸出ビジネスの「カラクリ」から明かしていきますが
これもまさに多くの人が考えている

「転売ビジネスというものの先入観」

がそもそも、その「何故」を生んでいるに等しいと思います。

事実、多くの人が認識している「転売ビジネス」は、
せどりなどを筆頭に、まずは「仕入れ」をして、
在庫を抱えた状況で商品を売っていく流れが一般的です。

そして日本国内で中古車の転売をしているバイヤーも
基本的にはその一般的な転売の流れでビジネスをやっています。

ただ、そもそもこれが「完全な先入観」なわけです。

要するに中古車の「輸出」ビジネスは、
必ずしも「仕入れ」を先にする必要が無いんです。

在庫を抱えて売れるのを待つというスタンスが
とくに基本になっているわけでは無いんですね。

「どういう事?」

と思う人もいると思いますがこれは簡単な理屈です。

「先に注文を受けてから車を仕入れて輸出する」

こういう流れがわりと普通なのが輸出ビジネスの特徴です。

もっと分かり易く言えば、
まず注文を受けて「入金」を先に受け取り、
そのお金で仕入れを行っていく事が出来るわけですね。

だから輸出ビジネスは先立つ資金が必要ないんです。

そもそも考えてみてください。

あなたが通信販売などで商品の買い物をする時、
まず最初に「代金」を支払いませんか?

今は代金引き換えなどの方法もありますが、
通信販売をする時は大抵お金を先に払うはずです。

販売業者側はその入金を確認して商品を送りますね?

中古車の輸出ビジネスはこれと全く同じ理屈です。

そして注文を受けてから仕入れをするので、
基本的に仕入れた車は自分で保管する必要は無く、
そのまま取引相手の国に輸出していく流れになります。

つまり車を保管しておく駐車場なども必要無いという事です。

だから「資金」も「保管場所」も必要ありません。

このように最初に注文と入金を受け取れる事が
中古車輸出ビジネスを0円からでも始められる理屈なのですが
そこがクリアになっても

「輸出ビジネス」

と聞くと、やはり他にも色々と壁が出てくると思います。

・海外のバイヤーとやりとりする語学力が無い
・中古車を仕入れ、輸出などの手続き方法がわからない
・そもそもの輸出ルートの開拓方法がわからない
・自動車、中古車の知識が全く無い

ザッと挙げるとすればこんなところでしょうか。

ただ、何の自慢にもなりませんが私は今も英語はからきしです。

全然話も出来ませんし聞きとることもままなりません。

それでも普通に輸出ビジネスが出来ているのは、

「メールのやりとりが基本」

だからです。

今は翻訳サイトというものがありますから、
中古車の売買に必要なやりとりくらいは
メールを翻訳してのやりとりで十分にいけてしまいます。

あとは仕入れルートや実務的な手続き、
自動車関連の知識についてですが、
この辺りもかなり「先入観」が先行しています。

実際はいずれも簡単にクリアする方法があるという事です。

とくに「輸出ルートの開拓」については、
その「やり方」さえわかってしまえば
本当に面白いように幾らでも開拓出来てしまいます。

それだけ日本の中古車というのは、
あちこちの国から絶大な需要があるんです。

ハッキリ言って「輸出」という観点で見ると
日本の中古車ほど売り易い商品は無いと思いますね。

私は国内転売から先に始めたクチなのですが、
後になってこの輸出のノウハウを知り、
その絶大なまでの「需要の数」に本当に驚かされました。

それこそ国内では二束三文で売買されているような車でも、
国外に持ち出せば何倍、何十倍の金額で売れてしまうんです。

それくらい中古車の輸出ビジネスは、
今だに大きな可能性を秘めているビジネスなんですね。

日本の中古車の需要は今現在も・・・。

・・・と、ここまで偉そうなことを語ってきましたが、
私の中古車転売のノウハウには、実は2人の師匠がいます。

今、メインでやっている国内転売のノウハウ、
イロハを教えてくれた師匠と、
輸出転売のノウハウを教えてくれた師匠の2人です。

そして今日お話しした輸出転売の師匠に関しては、
以下のような輸出転売ビジネス講座の教材を販売しています。

中古車輸出業の実務講座(横浜貿易株式会社 )

それが横浜貿易株式会社という貿易会社の
三橋宣男さんという方なのですが
中古車輸出の業界では知る人ぞ知る方で、
その道25年という大ベテランの大先輩です。

この「中古車輸出業の実務講座」についても
既に15年という販売実績があり、
受講生は延べ1000名を超えているそうで
ここから輸出バイヤーとして成功している人は数知れません。

私の場合は国内での中古車転売を先にやっている中で、
もともと「輸出は儲かる」と聞いていて、
この講座の事を知って実際に参加したクチなのですが、
その徹底したサービス体制にはかなりのレベルでお世話になりました。

その中で三橋さんからも直に何度か指導を受け、
輸出転売も併せて行うようになっていったというわけです。

「海外バイヤーの紹介」や「注文情報の共有」など、
三橋さんのところでなければありえないサービスも
かなりのレベルで充実している講座ですので、
中古車転売を1から始めていくというのであれば、
私はこれ以上の教材、環境は無いと思います。

もし本気で中古車業界に参入してみる意欲があるなら、
まずは資金ゼロからでも始められる、
三橋さんの中古車輸出講座に参加される事をお勧めします。

中古車輸出業の実務講座(横浜貿易株式会社 )

※2020年追記

現在、中古車輸出は情勢的にも利益を出す事が難しく、
私自身、今は国内転売の方だけで利益を上げている状況です。

三橋さんの「元手0円からの輸出ノウハウ」は参入のハードルも低く、
ノウハウや講座そのものは素晴らしいものなのですが、

「中古車の輸出転売そのものが情勢的にますます厳しくなりそう」

というのが率直なところなので、今からの参加はお勧めしません。

逆に「国内転売」はますます稼ぎ易くなっていますので、
三橋さんのノウハウのように「元手0円からのスタート」は出来ませんが、

『20~30万円ほどの元手から始める』

という形でも、十分に元手を増やしながら稼いでいく事ができますので、
もし、私が提唱する「中古車せどり(国内転売)」に興味があれば、

・中古車転売のイロハ講習(対面・通信)
・中古車転売の実践コンサルティング(通信)

これらをセットにしたコンサル企画をご案内していますので、
以下の詳細資料をご覧になってみてください。

>橋本流・中古車転売「実践コンサルティング」のご案内

メインコンテンツ一覧

ネットビジネス関連講座一覧

中古車転売ビジネス関連講座一覧

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

2 Responses to “資金0円からの中古車転売ビジネス。”

  1. 福井 隆 より:

    初めまして
    ブログ拝見いたしました
    私自身、中古車転売ビジネスに参入しようと考えており参考にさせて頂きました。
    もう少し深くお話を聞ければとメルマガ登録しました。

  2. セキヤ より:

    はじめまして。自動車整備士になって20年になる40歳、既婚者です。中古車輸出ビジネスに興味があり読ませて頂きました。バイヤーとのやり取りは大変ですか?

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ