ビットコインのトレード、FXに必要な投資資金はいくらから?


私が現在、トレーダーとして「トレード」の対象にしているのは、
仮想通貨の筆頭と言える「ビットコイン(BTC)」なのですが、

「ビットコインへの投資、トレードには、たくさんの資金が必要」

と思っている人も少なくないと思います。

確かにビットコインの1枚単価は日本円で200万円を超えていた時期もあり、
その後、一時は30~40万円あたりまで値下がりした時期もありましたが、
そこから再び100~150万円あたりを推移する状況が続いています。

つまり1枚のビットコインに投資する(買う)というだけでも、

「最低100~150万円くらいの投資資金が必要」

とい事になります。

ですが、ビットコインへの投資、トレードを行う上で、
それくらいの資金が絶対に必要かと言えば実際はそうではありません。

では、ビットコインへの投資、トレードにおいて、

・現実的にどれくらいの資金が最低限、必要なのか、
・どれくらいの資金で、どれくらいのリターンを見込めるのか。

今回は、そういった、ビットコインへの投資、トレードを行う上での、
投資資金、運用資金について解説していきたいと思います。

ビットコインへの投資、トレードに必要な資金はいくらくらい?

まず、売買の経験が無いような人には意外に知られていないようですが、
ビットコインは1枚単位(1BTC)の売買が最低単位というわけではありません。

仮に1枚のレートが100万円(1BTC:100万円)だったとしても、
その売買に、最低100万円の資金が必要になるわけではないという事です。

その上で、実際の取引単位は「取引所」によっても異なるのですが、
国内最大手の「bitFlyer」の場合で、最低の取引単位は、

「0.0001BTC」

となっています。

よって、1枚のレートが100万円(1BTC = 100万円)の場合であれば、
bitFlyerを利用してビットコインの売買を行える「最低単位」は、

0.0001BTC = 100円

という事になります。

要するに、ビットコインは0.1枚、0.01枚というよりに、
1枚以下の枚数でも売買を行っていく事ができるため、

『必ずしも1枚単価の投資資金が必要になるわけではない』

という事です。

とは言え、実際にトレードを行っていくのであれば、

「月に数万円の副収入は稼ぎたい」
「月に10~20万円くらいは稼いで本業にしたい」
「月に30~40万円くらいは稼いで家族を養いたい」

というような「収入の面での最低限の範囲」はあって当然だと思います。

よって「そこをクリアする上で必要な資金」という話をする場合、
少なくとも、私がやっている「ビットコインのFX(証拠金取引)」なら、

『10~20万円ほどの運用資金』

これくらいの元手があれば、上記のクリアは十分に「可能」です。

これが「ビットコインの現物取引を前提とする」というのであれば、
10~20万円の資金で上記をクリアするのは難しいかもしれません。

ですが、ビットコインの「証拠金取引(FX)」を前提とするのであれば、

「レバレッジを使った売買(トレード)が可能」

となるため、その前提であれば10~20万円ほどの資金からでも、
月に数万円から数十万円のリターンは十分に実現できるという事です。

証拠金取引(FX)なら「レバレッジ」の利用も可。

ここで「レバレッジとは」というような根本的な話はあえてしませんが、

「自らの運用資金を指定の倍率分だけ増やせる仕組み」

が「レバレッジ」であり、これを使えば少額の投資資金でも、
大きな金額の売買(トレード)を行える形になります。

日本国内の取引所ですと、ビットコインのレバレッジ取引は、
現状、4倍が上限となっているため、それ以上は使えませんが、
海外の取引所では「100倍」といった倍率も可能なため、

「レバレッジを用いる事で投資資金を10倍にも100倍にもできる」

という事です。

ただ、FX(証拠金取引)における「レバレッジ」については、

「倍率を上げれば上げるほどリスクも上がりますよね?」

という話にもなるのですが、それは「リスクの考え方次第」です。

とくに、レバレッジの仕組みをあまり分かっていない人ほど、

「レバレッジを使ってトレードってハイリスクですよね?」

という事を「先入観」で思い込んでいる節があるのが実情だと思います。

これについては具体例を挙げて説明しますが、
例えば10万円の資金に10倍のレバレッジを使って、

「100万円分のトレード」

を行った際、そのトレードを開始した時点から、
1円たりとも「レートの変動(値動き)」がなければ、
レバレッジを使っていようと使っていまいと損益は「0円」です。

仮に1枚のビットコインが100万円の時にトレードを開始して、

10万円 × レバレッジ10倍 = 100万円

に相当する、

「1BTC:100万円の買いポジション」

を持ったあと、ビットコインが1万円、値下がりした場合、

「1BTC:100万円 → 99万円」

となり、この時点の損失は、そのまま「-1万円」です。

つまり、自分がもともと100万円の資金を持っていて、
レバレッジを一切、使わずにその100万円で、

「1BTC:100万円の買いポジション」

このようなポジションを持っていたとしても、
ビットコインのレートが1万円下がった場合の、

「1BTC:100万円 → 99万円」

この時点の「1万円の損失」は何も変わりません。

つまり「レバレッジ」は、資金をその倍率分、増やせるというだけで、

「1BTC:100万円の買いポジション」

このポジションが同一なのであれば、

・100万円の資金でレバレッジを使っていないケース
・10万円の資金で10倍のレバレッジを使っているケース

どちらの場合も実際の「トレード」の際において、
レートの変動によって生じるリスク(損失)は何も変わりません。

要するに「レバレッジの使用」は、

「少額の資金で大きな金額の売買を行っている」

というだけであって「大きな金額の売買」を行う際においては、
レバレッジの使っていても、いなくてもリスクは「同じ」という事です。

***

ただ、FXにおける「レバレッジの怖さ」は、
ここで言及したような「リスクの先」にあります。

その「レバレッジの本当の怖さ」については、
以下の記事で別途、言及していますので併せて参考にしてください。

>レバレッジの本当のリスクと注意点について

「1BTC相当の売買」で実現できる「数万円/日」のリターン。

その上で、ビットコイン1枚単価(1BTC)のレート変動は、
ここ2~3年の値動きで言えば1日あたり数万円というのがザラです。

つまり、ビットコインのレート変動を対象としていくトレードは、
1枚(1BTC)のトレードを行えるくらいの資金があれば、

「1日で数万円のリターンを実現していく事も可能」

であり、これは「レバレッジを使う前提」でも同じ理屈になります。

つまり、1枚単価(1BTC)が100万円前後を推移している状況なら、
10~20万円ほどの資金があれば10倍ほどのレバレッジを使う事で、
1枚(1BTC)に相当する売買(トレード)は問題なく行えるため、

『10~20万円ほどの資金で1日数万円のリターンの実現は十分に可能』

という事です。

***

そう考えると転売には「レバレッジ」のような仕組みはありませんが、
トレードには、このように「少ない資金を大きくできる仕組み」があるため、

「少ない資金で大きな売買(トレード)ができる」

という点は、転売ビジネスよりも優位な点ではないかと思います。

***

以上、ビットコインへの投資、トレードに必要な資金についてでした。

その他、ビットコイン、トレード関連の講座も是非、併せて参考にしてください。

>ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧


その他、メインコンテンツ一覧

ネットビジネス関連講座一覧

中古車転売ビジネス関連講座一覧


橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ