仮想通貨、ビットコインバブルの崩壊に便乗して稼ぐ方法。


世間的には、

「仮想通貨バブルはもう終わった」

と言われている時期もありました。

確かにビットコインの相場は一時、200万円を超えたところで急落し、
去年の11月には50万円を割り込んで、今もそのまま下落を続けています。

まさにバブルがはじけるように「相場」が下落していったわけです。

ですが、昨年の2017年は1月時点で10万円だったビットコインが、
あれよあれよと20万、50万、100万・・・と高騰していった際、
この時は多くの人が「あの時、買っておけばよかった」と言っていました。

ただ、そう言っている矢先にバブルがはじけて暴落が始まったわけです。

そこで多くの人は「仮想通貨のバブルは終わった」という声と共に、

「もう仮想通貨は終わった」
「仮想通貨ではもう稼げない」

というような事を言っている傾向にあります。

ですが、それは実際のところ「大きな間違い」で、
バブルがはじけて相場がどんどん下落していくというなら、
それはそれで「また新たなチャンス」がそこに到来しているんです。

ただ指を加えて

「あー、あんなに値上がりするなら買っておけばよかった」
「値崩れする前に売っておけばよかった」

と、過ぎ去っていく状況を眺めていても何も始まりません。

まさに仮想通貨はバブルがはじけている「今」も、
まだまだ「稼ぎ時」が続いている状況にあるわけです。

仮想通貨バブルの崩壊に便乗してガッポリ稼ぐ方法。

そもそも「相場」の世界は価格の『高騰』で稼ぐ事もできますが、
その逆の『下落』でも同じように「稼げる事」を忘れてはいけません。

いわゆる「空売り」というやつです。

少なくともビットコインの相場には、それが出来る

『ビットコインFX(ビットコインの証拠金取引)』

がありますから、10万円、20万円だったビットコインを買い、
その10倍の100万円、200万円で売って稼ぐ事が出来るように、
200万円、100万円になったビットコインを「空売り」して、

「下落していく相場でどんどん利益を上げる事」

も普通にできてしまうんです。

更にFX(証拠金取引)は「レバレッジ」と呼ばれるものを使う事で、
資金の何倍もの「買い」や「売り」を行う事ができます。

仮想通貨のバブルが崩壊して、相場が下落するなら、
それはそれで、今度は「下落していく相場」がチャンスになるわけです。

仮にビットコインの相場がどんどん下落していくというなら、
それこそ先立つ「高騰」で何百倍、何千倍の倍率で利益を上げた人と同じように、

「相場が下落していくほど、同じように稼ぐ事もできる」

という事になります。

もちろん、今後、仮想通貨全般やビットコインが、
もともとのゴミのような価格まで落ちていくと決まったわけではありませんし、
また、以前のような「バブル」が起きないと決まっているわけでもありません。

だからこそ、今もなんだかんだで相場は落ちている傾向にありますが、
日によっては、数万円単位で高騰しているような時もあり、
株や為替などの「相場」に比べると、かなり動きが激しい相場が続いています。

ただ、このように「短期時間に大きく変動する相場」は、

『そのトレンドを上手く押さえていけば、面白いほど稼げる』

というのが実情でもあります。

もちろん、その反面のリスクもあるように思えますが、
そのリスクヘッジをしっかりと徹底できていれば、
今の仮想通貨ほど「おいしい相場」はそうはありません。

現に私がビットコインを主とする「トレード」で本格的に稼ぐようになったのは、
世間的に多くの人が『仮想通貨バブル』と騒いでいた時期「以降」なので、

・ビットコインを筆頭する仮想通貨の価値が下落していく相場
・そこから大きくレートが上下するようになった相場

このような相場を対象に、私は現在進行形でかなりのリターンを上げています。

要するにビットコインの「売り」も「買い」も行える、
いわゆるFX(証拠金取引)で「トレード」行っているわけです。

「売り」も「買い」もできるビットコインのFXトレードで稼ぐ。

例えば以下は『200万円ほどの資金』を運用した際のパフォーマンスですが、
これらは全て「1日のリターン(利益)」として実現できているものになります。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。


※クリックすると拡大できます。

上記の各画像の右上に表示されている金額が「運用資金」となっていますので、

「200万円の資金に対して5%前後の収益」

ほどを普通に実現できている事がお分かり頂けるかと思います。

私が実践しているノウハウは、現状の仮想通貨の相場なら、
資金に対して一日あたり5%前後の利益率を実現できる手法なので、

「200万円ほどの資金を回せば日給10万円前後を実現できる」

というわけです。

ビットコインFXとの相性が抜群のトレードノウハウ。

私がこうして取り組んでいる「ビットコインのFXトレード」は、
もともと、私にネットビジネスの「イロハ」を教えてくださった方から、、

『ビットコインのトレードノウハウを確立したのでやってみないか』

というお誘いを頂いた事をきっかけとして本格的に参入しました。

ちなみに、その方は「ネットビジネスの業界」では、

『年収5憶円のコピーライター』

といった通称で、知る人ぞ知る有名な方なので、
私のブログを読まれているような方ならご存知の人も多いかもしれません。

今はその「トレードのスキル」と「ライティングのスキル」の両方を活かして
以下のようなブログやツイッターなどでトレード関係の情報を公開されている方です。

テクニカル分析と統計心理学(ブログ)

FX、仮想通貨テクニカルトレーダーY(ツイッター)

ツイッターの方では、リアルタイムな相場の予測や、
実際のトレードポイント(売買のポイント)を事前公開し、
そのトレード結果の報告などを行っていく中で、

「年間100回以上のトレード回数で95%以上の勝率」

という圧倒的な実績を「現在進行形」で更新し続けているため、、
トレード関係の情報を公開しているトレーダーの中では、
本当に数少ない『本物中の本物』と言える人物ではないかと思います。

少なくとも、ツイッターへの投稿内容はブログへの投稿情報などと異なり、
投稿後に内容や日付の「書き換え」などができないため、
投稿情報は全て「リアルタイム」な形で行うしかありません。

また、投稿した内容は全てのフォロワーにリアルタイムで通知されるため、
都合の悪い投稿だけを削除するという事をやっても意味が無いため、

『Yさんのトレード実績はどう転んでも疑いようのないもの』

という事です。

ですから「都合の悪いツイートを削除しているだけではないか」と疑うのなら、
実際に、この「Yさんのツイッター」をフォローすれば分かる事ですから、
その投稿内容が全て「本物」である事を、是非、ご自身で確認してみてください。

***

もともと私がネットビジネスの世界で先立つ「蓄え」を作る事が出来たのは、
この「Yさん」から稼ぎ方を教わる事ができたからだと思っています。

なので、私が個人的に「中古車の転売事業」を始めていくようになってからは、
その恩返しも含めて、Yさんのお金を「転売」で増やすような事もやっていました。

同時に私は「投資」や「トレード」で稼ぐ事にも高い関心があったため、
自分なりに勉強しながら、株や為替のFXなどをやっていたのですが、

「稼ぐべくして稼ぎ続けるノウハウ(勝つべくして勝ち続けられるノウハウ)」

にあたるものを今一歩、確立する事ができず、何だかんだで資金の大半は、
中古車バイヤーとしての「転売ビジネス」の方に充てている状況にあった中で、

『今後は、このトレードノウハウの方で(Yさんの)資金を回して欲しい』

という、まさに「渡りの舟」としか言いようがないご提案を頂いたわけです。

「転売」と「トレード」の比較。

そして、実際にそのノウハウを習得して稼げるようになって以降、
私の主な収入源は、完全に「トレード」の方にシフトしているような状況です。

いざ「転売(私の場合は中古車)」と「トレード」を比較した場合、

・資金の回転速度
・手間と労力

この2つの違いが圧倒的に「トレードが優位」となるのが実情だからです。

もちろん「リスク」と「リターン」も重要な要素にはなりますが、
これは転売にしても、トレードにしても「ノウハウ次第」となりますので、
これについては、一概に「どっち」とは言えないものだと思います。

ただ、私が確立している中古車転売のノウハウは、
リスク(損をする金額と確率)は限りなく排除できる上で、

「売買時のリターンは仕入れ金額に対して10~30%の粗利」

を出しますので、リスクに対するリターンは、むしろ「中古車転売の方が上」です。

ですが、このリターンを得るためには実際に車を「転売」しなければなりません。

よって、仕入れた車が実際に売れて代金が入金されるまでの間は実質的に、

「資金が車両に変わっている」

という状況となるため、この期間がどうやっても1~2週間ほどとなり、
言わば、1~2週間は、その仕入れ資金を動かせない状態になります。
(その資金が、実際に仕入れた「車」に変わっているので。)

やはり「モノのやとりとり」が付いて回る『転売』というビジネスでは、
どうしても「物流」におけるコストが金銭面でも効率面でも付いて回るため、
仕入れ資金に「限り」がある限り、それが足カセになってしまうわけです。

***

これに対して「トレード」は売り買いのボタン1つで即座に取引が成立するため、
その「効率」が実際の「利益」に大きな差を付けていく事になります。

少なくとも、私がYさんから継承されたノウハウは、
一度の売買を一日前後で完了させていく手法となっているため、
その売買サイクルがそれ以上に及ぶような事は、まずありえません。

その上で、中古車転売のように、一度の売買(トレード)で、
資金を10~30%増しにするようなリターンまでは実現できませんが、
先ほど示したトレードパフォーマンスの通り、

「一日サイクルを前提とする売買で資金を5%増しにできる」

というくらいのリターンは十分に実現できています。

そんなリターン率を2日、3日・・・1週間と積み重ねていけるため、
トレードにおいては「資金の回転速度」を圧倒的に早められるわけです。

トレード = ハイリスク は間違い?

ただ「転売ビジネス」と比較して、

『投資やトレード = ハイリスク』

というイメージを抱かれている方も多いと思います。

確かに、転売ビジネスで資金の大半を失う人や、
借金までを抱えてしまうような人はそうはいませんが、
投資やトレードの世界では、そういう話が無いわけでもありません。

ですが、それは、

「しっかりとしたリスク管理ができていない人の末路」

であって、本来、トレードにおける「リスク」は自分自身でコントロールできます。

例えばビットコインが100万円の時点で「買い」のポジションを建て、
その後、その価値(レート)が90万円まで下がってしまったという場合、
その時点で買いポジションを解消すれば、それ以上の損はしません。

決まったレートを割り込んだ時点でポジションを自動解消する事も可能ですから、

「一度の売買における最大リスク(最大損失)は自分で決められる」

という事です。

それでも、投資やトレードで大きな損失を出す人が多いのは、
まさに、その「自分で決められるリスクの範囲」を自ら広げてしまうため、
結果的に、大きな損失を生んでしまう末路を辿っているに過ぎません。

つまり、トレードは売買における「リスク管理」を徹底すれば、
自ら定めたリスクの範囲内のみで「リターン」を追求できるわけです。

***

そういったもろもろの要因から、今現在、私の主な収入源は、
トレーダーとして「トレード」で稼いでいる収益の比重が大きく、
中古車転売は、ほぼパートナー(友人)の方に任せているような状況です。

自分が「理想」としている『サーフィン三昧の生活』を送る上で、
サーフィンの合間にスマホやタブレットでポチポチと行えるトレードは、
私にとっては、これ以上無い『好条件な仕事』なので。

off

ビットコイン・FXトレード無料講座

もし、私がやっているビットコインを主とするトレードノウハウに興味があれば、
こちらの無料トレード講座の各コンテンツをご覧になってみてください。

>ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧

関連記事一覧

トレーダー、バイヤー仲間とのサーフィン旅行。

トレーダーYこと本庄さんとラスベガスに行ってきた時の話。

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ