株、為替、ビットコインFXの取引手数料とスプレッドの比較。


私は現在、トレーダーとしてはビットコインのFXを主に行っていますが、
以前は株のトレードや為替相場を対象とするFXなどもやっていました。

ただ、株のトレードや為替のFXでは思うような成果を得られないまま、
トータル的に負けてはいなかったものの、大きく勝つこともできず、
そこに費やしている時間と労力を考えると「微妙」な状況にあった中、
ビットコインのFXを始めるようになってから、

「これまでの苦労はいったい何だったのか。」

と思うほど、すんなりと勝てる(稼げる)ようになったわけです。

そして、その主な理由の1として挙げる事ができるのは、

「取引手数料、スプレッドなどの取引コストの違い」

であり、これについては、ビットコインのFXに、
圧倒的と言えるほどの高い優位性がある状況のが実情となっています。

実際に「トレード」を行っていく上で、
1回1回の売買に付いて回る「取引コストの違い」は、
トレードの手法によっては勝ち負けそのものを左右しますから、

「取引コストが有利な市場でトレードをする」

という事を徹底するだけでも「勝てる可能性」は格段に上がります。

そこで、今回の講義では実際に多くのトレーダーが参入している、


 ・株のトレード
 ・為替のFX
 ・ビットコインのFX

これら3大マーケットの「取引コスト」を比較してみたいと思います。

***

尚、ビットコインなどの仮想通貨は「市場」そのものが新しく、
取引所によって手数料やスプレッドの条件が大きく異なるのが実情です。

よって、ここでは私がビットコインFXで実際に利用している、
以下、2つの取引所における取引コストを比較対象としていきます。

bitFlyer(国内運営の取引所):https://www.bitflyer.com/
bybit(海外運営の取引所):https://www.bybit.com/


株、為替、ビットコインFXの取引手数料とスプレッドので比較

比較的、新しい市場に位置付けられるビットコイン(仮想通貨)と比較して、
株や為替の市場は、長年の投資家、トレーダーの達の参入経緯などから、

「すでに十分な範囲で成熟された市場」

となっています。

その上で、株や為替のFXで、その取引を仲介する「取引会社」の方も、
自社を利用してくれる「利用者」を確保できなければ経営が成り立ちません。

そんな「すでに成熟された市場」の中で、その売買を仲介する取引会社は、
当然、その取引条件などを比較された上で選ばれていく事になるため、
株や為替のFXにおける手数料やスプレッドについては、

「取引会社間の競争によって水準化されていった条件」

が存在し、株の売買における取引コストは「取引手数料」が基本であり、
為替のFXの取引コストは「スプレッド」が基本となっています。

株の売買では『取引手数料』が徴収される形が一般的であり、
為替のFXでは「売りレート」と「買いレート」との間に、
一定の『スプレッド(差額)』が生じる形になっているという事です。

ただ、株の売買は以下の「板」と呼ばれる、
オーダーブック形式の取引が基本となっているため、
売値と買値が双方の注文によって寄り合っていく関係から、

「そこに生じるスプレッド(差額)も最小限の金額が基本」

となっていきます。

対して、為替のFXは株のような「板」による取引ではなく、
以下のような形で取引会社側が一方的に表示(指定)していく、

・売りレート(売る場合の指定レート)
・買いレート(買う場合の指定レート)

によって、実際の売買(トレード)を行っていく形となるため、
このスプレッド(差額)分だけ、利用者は必ず不利な売買を強いられます。

為替相場を対象とするFXでトレードを行っていく場合は、
「売り」でポジションを建てても「買い」でポジションを建てても、

・売りポジションの解消は取引会社が指定する買いレートで決済
・買いポジションの解消は取引会社が指定する売りレートで決済

という形となるため、相場がスプレッド分ポジション方向に動かない限り、
利用者側が必ず「損な取引(売買)」を行うしかない形となります。

その差額分(スプレッド分)が、そのまま取引会社側の利益になっていくわけです。

ただ、為替のFXでは上記のようなスプレッドが付いて回るかわりに、

「手数料(は)無料」

という取引会社が一般的となっています。

つまり、株の取引を仲介している取引会社は「手数料」が収入源であり、
為替のFXを仲介している取引会社は「スプレッド」で儲けを得ているため、


 ・株の売買(トレード)では取引手数料が徴収される
 ・為替のFXではスプレッドによる不利な取引を避けられない


という事です。

株、為替のFXにおける取引手数料とスプレッドの水準。

その上で、株の売買における「取引手数料」は、


 ・10万円以内 : 100円~200円
 ・100万円以内: 400円~800円
 ・100万円以上: 800円~1000円

この範囲が水準的な金額となっているため、
仮に一日100万円ほどの売買を行っていった場合で、

「1カ月(土日・祝日を除く20日ほど)あたり1~2万円」

ほどになります。

対して、為替のFXにおけるスプレッドの水準は、
取引会社と、その通貨ペアによっても異なる傾向にありますが、


 ・スプレッドが安い通貨ペア(ドル円など):0.001円~0.003円
 ・スプレッドが高い通貨ペア(ポンドなど):0.005円~0.010円


これくらいのスプレッド幅が水準的な目安であり、
仮に1万通貨(約100万円分)の売買を行った場合で、

・スプレッドが安い通貨ペア:1回の取引ごとに10~30円
・スプレッドが高い通貨ペア:1回の取引ごとに50~100円

といった金額分が実質的な「取引コスト」になっていきます。

よって、株と為替のFXを比較する場合の取引コストに関しては

「株の売買よりも為替のFXの方が有利」

という事です。

故に、私が株のトレードを行っていた時は「数日サイクルの売買」が主で、
デイトレやスキャルピングなどの短期トレードは為替のFXで行っていました。

ただ「取引コスト」の面で、これらの水準を大きく引き離したのが、
他でもない「ビットコインのFX」であり、私が実際に利用している、

・bitFlyer(国内運営の取引所):https://www.bitflyer.com/
・bybit(海外運営の取引所):https://www.bybit.com/

これらの取引所では、

・板取引によるスプレッドの最小化
・利用条件による取引手数料の回避

が可能になっているため、取引コストを「回避」できるようになっているんです。

ビットコインFXはスプレッドの最小化+取引手数料の回避が可能。

まず、先ほどご紹介した2つの取引所は、株の売買と同じ、

「板によるオーダーブック形式の取引」

によってビットコインのFX(証拠金取引)を行えるため、
まず、この時点でスプレッドは「最小化」される形になっています。

その上で、それぞれの取引所では「取引条件次第」の手数料として、


 ・bitFlyer:終日時点のポジション数量 × 0.04%
 ・bybit  :メイカー手数料 / -0.025% | テイカー手数料 / 0.075%

このような取引手数料が設定されていますが、
これらはいずれも「回避」が可能であり、
それぞれの手数料の徴収条件と回避方法は以下の通りです。

・biFlyer:終日時点で保有しているポジションに対して徴収
→ 終日24時前に一度ポジションを解消すれば手数料は無し

・bybit:成行注文として処理された売買のみ数量の0.075%を徴収
→ 指値注文として処理される売買のみ行えば0.025%を貰える

上記の通り、いずれもさほど難しくはない対応策で、
いずれの手数料も回避していく事が可能であり、
bybitに至っては手数料を逆に「貰える仕組み」になっています。

つまり、株の売買や為替のFXでは避けようがなかった
取引手数料やスプレッドなどの「取引コスト」をビットコインのFXであれば、

・bitFlyer(国内運営の取引所):https://www.bitflyer.com/
・bybit(海外運営の取引所):https://www.bybit.com/

これらのような取引所を利用する事で完全に「回避」できるという事です。

***

以上の通り、取引手数料やスプレッドといった「取引コスト」では、
ビットコインのFXが圧倒的に「有利な条件」で売買を行えるようになっています。

よって、デイトレやスキャルピングなど、短期的な売買に重きを置く場合は、
この「取引コスト」が実際の勝ち負けやリターンを大きく左右しますので、
取引頻度や取引回数が多いトレード手法を前提としているトレーダーであれば、

「トレード市場をビットコインのFXに変えるだけで勝てるようになる」
(ビットコインのFXに変えるだけでリターンが格段に大きくなる)

という可能性もゼロではありません。

何より、この「取引コストの違い」および「取引コストの有無」は、
その1回1回の取引における金額とは「別次元」なところで、
トレードの勝ち負けやリターンを大きく左右する要因にもなりえます。

この事については、以下の記事で詳しく言及していますので、
こちらも併せて、参考にしてみてください。

>FXで「2分の1の確率論」が成り立たない理由

取引コストだけではないビットコインFXの優位性

ただ、私が実際に「ビットコインのFXで圧倒的に稼げるようになった理由」は、
ここで言及した「取引コストの違い」と併せて、もう1つの大きな要因があり、
どちらかと言うと、そちらの要因の方が大きいのではないかと思っています。

その「もう1つの要因」については以下の記事で詳しく言及していますので、
今回の記事と併せて、是非、参考にしていただければと思います。

>私が「稼ぐためのトレード」でビットコインのFXを選んだ最大の理由


その他、メインコンテンツ一覧

ネットビジネス関連講座一覧

中古車転売ビジネス関連講座一覧

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧


橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ