株・為替とビットコインFX、どっちのトレードが稼げるの?


私は現在、トレーダーとしては「ビットコインのFX」を主に行っています。

ただ、ビットコインの相場を対象とするトレード(FX)は、
株のトレードや為替相場を対象とするFXに比べると、
まだまだ「参入者の絶対数が少ない市場」です。

ですが、株のトレードや為替のFXを経験してきた上で、

「株や為替のFXよりもビットコインのFXが圧倒的に稼げる(稼ぎやすい)」

というのが私の結論であり、当然、これについては相応の「根拠」もあります。

ただ、ビットコインを筆頭とする「仮想通貨の市場」は、
マーケットそのものが、ここ数年の「新しい市場」のため、
それ以前から投資やトレードを行っている人達でさえ、
その圧倒的な優位性に気付いていない傾向にあるのが実情です。

そこで今回は、多くのトレーダーが参入している株や為替のFXに対して、
ビットコインの相場や、ビットコインのFXがいかに

「稼ぐという目的を前提とする上で有利なのか」

を、私の経験則も交えてお話ししていきたいと思います。

株・為替のトレードより、ビットコインのFXが圧倒的に稼ぎやすい理由。

私自身、もともとは「株のトレード」や「為替相場のFX」をやっていて、
大きく負けていたわけではないものの、そこまで勝つ事も出来ていませんでした。

そんな中で、ビットコインのFXを始めるようになってから、
圧倒的にトレードで勝てる(稼げる)ようになったのは、

「テクニカル分析だけで勝てるようになった事」
(ファンダメンタルを気にする必要がなくなった事)

が、その一番の最大要因ではないかと思います。

と言うのも、株や為替のFXをやっている頃の私は、

「ファンダメンタルが無ければなぁ。」

と思う事が非常に多く、とにかくファンダメンタル分析が苦手でした。

ただ、株や為替の相場は

・株の公開している会社の業績発表
・雇用統計、物価指数などの経済指標の発表、
・お偉いさんの発言や報道

などによって大きく変動する「場合」があり、
そういったものを最低限、気に留めながら、
実際の売買(トレード)を行っていく必要があったわけです。

もちろん、これは株のトレードや為替のFXをやっている人からすると、
そういったものを意識しながらトレードをするのは「当たり前」なのですが、

「〇時頃にそういったものの発表がある」

となると、その前後は、相場も「それを警戒した動き」になりますし、
いざ、そういった発表があった後も「それを折り込んだ予測」が必要になります。

ですが、相場にどれくらい、その影響が及んだのか、及び続けるのか、
そういった判断は、答えがあるのかないのかも不透明なものなので、

「どの時点でテクニカル分析を頼り初めていいのか」
「どの時点まではファンダメンタルを気にする必要があるのか」

という判断が、どうしても「難しい」というのが率直なところでした。

実際の相場も、そういったもので大きく動く時もあれば、
動くと思った時には動かない時もあったりで、
私自身、とにかくそういったものに振り回されていたため、

「ファンダメンタルなんて無くなればいいのに。」

などと、痛い妄想を抱く事も珍しくなかったわけです(笑)

もちろん、株を公開している会社が業績を発表するのは当然ですし、
あらゆる経済指標などの発表がなくなるという事もありえません。

ただ、もし、仮にそういうものが全て無くなってくれれば、

「テクニカル分析を徹底するだけで相場を予測できる」

という事になるため、それなら相場の分析も分かりやすくなり、
トレードで「勝つ事」や「稼ぐ事」も楽になるだろうな、、、

というのは、完全に私の頭の中の「妄想」だったわけですが、
ビットコインの相場は、そんな「妄想」が『現実』となっていたんです。

ほぼ存在しないに等しい「ビットコイン」のファンダメンタル要因。

そもそも「ファンダメンタル(ファンダメンタル分析)」というのは、

「投資対象の将来性や将来的な価値を分析する」

というもので、その将来性や将来的な価値を判断する上で、
まさに、先ほど例に挙げたような、

・株を公開している会社の業績
・法定通貨を発行している国の経済指標

などが、その「判断材料(分析材料)」になるわけです。

ですが、ビットコインなどをはじめとする仮想通貨は、
そもそもの「価値」の根本が不透明なものになっているため、

「ビットコインの将来性や将来的な価値を左右する何か」

というものは、そもそも「あってないようなもの」だと思います。

それこそ、ビットコインは数円で取引されていた頃もあり、
それが数百円、数万円、数十万円・・・と取引額が上がっているものの、
その時々のレートに確固たる理由や算定根拠があるのかと言えば、

「そのような根拠にあたるものは何も無いに等しい」

という事です。

株であれば、その株を発行している会社の資産状況や業績などから、

「この会社の現時点の株価は1株あたり〇〇円~〇〇円が妥当」

といった、その時点の株価における「適正価格」を計算できますし、
為替レートも、対象となる2カ国の経済状況などから

「今のドル円の為替レートは〇〇円~〇〇円が妥当」

といった「適正レート」にあたるものを算定する事ができます。

つまり、その時その時の株価には、相応の理由や算定根拠があり、
それは為替レートにおいても全く同じ事が言えるわけです。

ですが、ビットコイン(仮想通貨)において言えば、

・ビットコインが100円だった頃
・ビットコインが10万円だった頃
・ビットコインが100万円だった頃

と、その価値(レート)が何万倍にまで上昇しているにも関わらず、
その時々のレートに「理由」や「根拠」があるかと言えば、
少なくとも、株価や為替のレートのような算定根拠は何もありません。

株価の変動には、その株を公開している会社の業績が関係し、
為替レートの変動には、その通貨を発行している国の経済が関係していますが、

「ビットコインそのものは、ただのデジタル通貨として存在しているだけ」

であり、株や為替レートのような「業績」や「経済」といった、
根本的な相場の変動要因となるものが、そもそも存在しないという事です。

よって、ビットコインの相場は「買っている人」と「売っている人」の間で、
結果的に「合意」が生まれていった金額がそのまま「レート」になっているだけで
その推移が「全て」と言っても過言ではない特殊な相場と言えます。

要するに「ファンダメンタルで価値を分析できる余地は無い」に等しく、

「テクニカルによる売り買いの推移や偏りの分析こそが有効となる相場」

という事であり、実際の「相場(値動き)」を見ても、
ビットコインの相場は「テクニカルの法則」や「規則性」が、
かなり高い確率でそのまま再現されていくような相場となっています。

***

もちろん「仮想通貨」という存在そのものに対して、
良いニュース、悪いニュースが世の中に出てくる事もあります。

ですが、株の相場や為替の相場に影響を与えていく、

・業績発表
・経済指標の発表

などのような「定期的なもの」はビットコインには存在しませんし、

「そのニュースでビットコインの価値がどれくらい変わるのか」

という変動の範囲や大きさは、結局のところ算定のしようもありません。

つまり、仮想通貨の相場に影響を与えるニュースが出てきた場合でも、
それを引き金に相場がどこまで動き、どこでブレーキがかかるかも、

「テクニカル分析に基づく売買の偏りによって決まっていく」

という傾向にあるため、ビットコインの相場はこの上なく、
テクニカル分析による予測が立てやすい相場になっているわけです。

ビットコイン相場の攻略 = テクニカル分析の徹底追及

多くのトレーダーが参入している「株」や「為替」のFXでは、
どんなにテクニカル分析を徹底的に追及していっても、

・業績発表
・経済指標の発表

といったファンダメンタル要因で相場が変動する事も多いため、
やはり、ファンダメンタルを完全に「無視する」という事はできません。

ですが、そういった情報がいつまで、どこまで相場に影響を及ぼすかは、
なかなか的確な判断を下すのが難しい部分でもあるため、
以前の私のように、そこに振り回されている人は少なくないはずです。

あるいは

「ファンダメンタルが絡んだ時はテクニカルで負けても仕方がない」

と、諦めに近い「割り切り」でトレードをやっている人もいると思いますが
ビットコインの相場を対象とするFXなどであれば、

「〇時に〇〇の発表がある」

といったファンダメンタル要因を気にする必要はなくなります。

現に私が株のトレードや為替のFXで「苦戦」していたのは、

「ファンダメンタルの影響を折り込んで相場を予測する事」

であり、これがどうにも上手くいかない状況が続いていました。

もちろん、それを攻略するために試行錯誤を繰り返していたわけですが、
ビットコインの相場では、そのような課題がそもそも存在しなかったわけです。

そして、実際にビットコインの相場でFXを初めてみると、

「今までの苦労は、一体何だったのか」

と思ってしまうほど、テクニカル分析が上手くハマるようになり、
トレードでリターン(利益)を上げていく事が出来るようになりました。

それこそ、テクニカル分析に比重を置きながら
現時点で株や為替のFXをやっている状況にありながら、

「うまく稼ぐ事ができていない」

というトレーダーは、自分でも気付かないレベルで、
株や為替の相場特有の「ファンダメンタルの影響」を読み解けず、
結果的に、それが原因で負けているのかもしれません。

トレードにおいて「テクニカル分析に比重を置く」というのであれば、
ファンダメンタルの影響が薄い相場の方が間違いなく「有利」ですから。

「ビットコインの相場ほどテクニカル分析が優位な相場はない」

というのは、客観的に考えて、まず間違いないという事です。

***

以上が、株のトレードや為替のFXなどと「比較」して、

「ビットコインの相場が圧倒的に稼ぎやすい最大要因」

であり、この事は、私自身が身を持ってそれを体験している部分です。

ただ、これを最大の要因とした上で「それ以外の要因」という点では、

『取引手数料、スプレッドなどの取引コストが無くなった事』

も、非常に大きな要因となっていますので、
これらについては、以下の記事を併せて参考にしてください。

>株、為替、ビットコインFXの取引手数料、スプレッドの比較

テクニカル分析の「イロハ」を学ぶお勧めテキスト

ここで言及させて頂いた「テクニカル分析」について、

・本質的なところから学んでみたい
・1から本格的にやってみたい

という場合は、是非、こちらの無料テキストに目を通してみてください。

The million technical~心理、統計、確率の相場分析~

投資やトレードに関する書籍や情報商材などは数多く存在しますが、
下手な書籍や情報商材に高いお金を出すのであれば、まずはその前に、

「テクニカル分析そのものの視点や在り方」

を、まずはしっかりと「理解」するべきだと思います。

そういった点で、このテキストで得られるもの、
学べるものの「重要度」は非常に高く、

「情報の価値はそこに支払った金額に見合うとは限らない」

という事を逆の意味で痛感させられるような内容です。

それこそ、

「テクニカル分析というものを1から始める」
「テクニカル分析でいまいち稼ぐ事ができていない」

という人がこのテキストを介して得られるもの、学べるものは、
その後の「トレーダー」としての「在り方」そのものに、
少なからず「影響」を及ぼす事になるはずです。

私が実際に行っているテクニカル分析の「礎」を築いている。

そう言ってもいいくらいの内容なので、
もし、これまでの講義などを踏まえて「テクニカル分析」や、
ビットコインのトレードに関心をお持ち頂けているようであれば、
是非、こちらのテキストの方にも目を通してみてください。

The million technical~心理、統計、確率の相場分析~

その他、メインコンテンツ一覧

ネットビジネス関連講座一覧

中古車転売ビジネス関連講座一覧

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧


橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ