また捏造か!ヤマダ電機せどりファイナルメソット(青山有光)

つい先日、インフォトップの方で、


『ヤマダ電機せどりファイナルメソット』


という転売(せどり)系の情報商材が公開されたようです。


ヤマダ電機せどりファイナルメソット

http://kadensedori.com/ymd/


ただ、その販売元は、このブログでも何度かその販売商品を取り上げてきた、


「株式会社キュリアスコープ」


という、情報販売業者さん・・・。


この手のせどり関係の情報やツールを次から次へと販売し、
その度にどんどん「悪名」を高めていっているという業者さんで、
今回は「ヤマダ電機」をネタにしたようですね。


ただ、今回もその販売ページの方に、以前にもあったような、


「転売実績を捏造しているのではないか?」


という疑惑が浮上してくるところが見受けられましたので、
その警告も兼ねて、今回は早目に取り上げておきます。

ヤマダ電機せどりファイナルメソット(青山有光)の捏造疑惑。


まず、この「ヤマダ電機せどりファイナルメソット」の販売元である、


「株式会社キュリアスコープ」


という情報販売業者ですが、このブログでは過去に、
このような、ほぼ明らかな「捏造行為」をスッパ抜いています。

>株式会社キュリアスコープの詐欺行為、捏造行為がほぼ確定した件


要するに、この「株式会社キュリアスコープ」という業者は、
この手のせどり、転売系の情報商材を販売していく際、


「このせどりノウハウでこれくらい稼ぎました!」

「この転売ノウハウで、こういう商品を転売して稼ぎました!」



というような「転売の実績」にあたるようなものを、
その商品画像や転売画像と一緒に掲載している傾向にあり、
それが普通に「捏造されたもの」という事が発覚したいうわけです。


ただ、これは上記で取ら挙げている商品において、


「明らかな捏造行為」


を裏付けるような「ボロ」が出てきて分かった事であって、
それ以前、それ以降もこの株式会社キュリアスコープは、


「このせどりノウハウでこれくらい稼ぎました!」

「この転売ノウハウで、こういう商品を転売して稼ぎました!」



という転売実績の画像などをひっさげて、
多くのせどり、転売系の情報商材を販売してきている経緯があります。


つまり、そこに「ボロ」を出していないだけで、
そのような他の情報商材の販売ページに掲げている、
転売実績の画像などは、全てが捏造されている可能性があるわけです。


ですので、私は基本的に「株式会社キュリアスコープ」の商品は全て、


「転売の実績そのものが捏造された詐欺商材に近いもの」


と捉えています。


そもそも次から次へと、手を変え、品を変え、
やれ家電だ、やれトレカだ、やれアパレルだ、やれ玩具だ、と、
そこまで手広く有効なせどりノウハウ、転売ノウハウが
そうそうネタとして出て来る事自体がおかしい話ですからね。


結局、この株式会社キュリアスコープという業者は、
せどり、転売系の情報を売って稼いでいる業者でしかなく、


「情報として売る為にそれらしいノウハウをでっち上げているだけ」


というのが現実だと思います。


そのノウハウ自体が机上の空論であるからこそ、
その転売実績なども、捏造するしかないわけです。


そして、今回、新たに販売された、


『ヤマダ電機せどりファイナルメソット』


の方にも、その「転売実績」を捏造していると見られるものがあり、
またまた「ボロ」を出してしまったようです。


今回も幾つかあるのですが、まず1つ目はこちらの転売実績。





まあ、これは「捏造疑惑」と言うほどのものではありませんが、


「GALAXYノート」


を「2円?」で仕入れたというのはどういう事なんでしょうね。


そもそも、この『ヤマダ電機せどりファイナルメソット』は、


「ビックカメラで商品を仕入れてアマゾンで転売して稼ぐ」


というノウハウを提唱しているものなのですが、
ビックカメラでは「GALAXYノート」が
2円なんて価格で売られているんでしょうか?


一応、この転売実績で言わんとしている事は


「2円で仕入れたGALAXYノートが2000円で売れて、
 手数料もろもろを差し引いた利益が1551円になった」



という話なんですが、少なくとも私の近所のビックカメラでは、
GALAXYノートは2円では売ってませんでした。


まあ、どこの店舗でこれを2円で仕入れたのかわかりませんが、
このような転売実績を、当然のように「再現」できるとは
少なくとも私は全く思えませんね、、、。


ただ、これはまだまだほんの「序の口」で、
もっとヒドイのはこちらの転売実績です。





こちらはサントリーの「南アルプスの天然水」という商品の


「ヨーグリーナ味515ml」


を24本セット、2460円で仕入れて、
それを5450円で転売したというものなのです。


ビックカメラで飲料を仕入れる?という事自体、
私的には普通に疑問なのですが、まあ、そこはよしとしましょう。


実際に飲料を扱っている店舗もあるのかもしれません。


ですが、この商品の転売金額はどう考えても


「ありえない」


と思いませんか?


そもそも、この「南アルプスの天然水ヨーグリーナ味」は、
普通に近所のコンビニ、薬局、スーパーなどでも買える商品です。


私も普通に買った事がありますし、今もよく見かけます。


言っても普通の515mlのペットボトル飲料ですから、
少し値段が高いコンビニで買っても150円くらいの商品ですよ?


それを24本セットで「2760円で仕入れた」といのは、
普通に現実的な数字だと思いますが、そんなペットボトル飲料が


「5450円で売れる」


なんて事、ありえると思いますか?


24本で5450円という事は1本あたり200円以上です。


近所のコンビニ、薬局、スーパーなどでも
普通に100~150円くらいで買えるような商品を
あえて高いお金を出してまとめ買いする人なんているんでしょうか?


現実的に考えて、私は絶対にありえないと思うのですが、、、。


こんな「ありえない商品がありえない金額」で売れたものを、
当然のように「転売実績」として掲載するのもどうかと思いますが
それ以前に、この転売画像そのものが「捏造」と思えて仕方ありません。


一応、モノレートでこの商品の相場を調べても、
この商品の最安値が5000円代になった事はありませんでした。




まず、最安値でもっと安い商品があるにも関わらず、
近所で買える金額以上のお金を出して、
無駄なまとめ買いをする人なんて、まずいるはずがありません。


要するに、この転売実績は限りなく「捏造」の可能性が高いという事です。
(転売実績の捏造としては、あまりに低レベル過ぎますが・・・)


また、これも同じようなパターンのものです。





山崎ナビスコさんの「リッツ」というお菓子ですが、
247円で仕入れて870円で12セットを転売したらしいです。


ですがこのお菓子が44g×3Pの容量であれば、
相場はせいぜい300円前後で、これも近所のスーパー、
ドンキホーテなどでもよく売っています。


ネット相場でも楽天などを見れば、普通にそれくらいの相場で売っていますね。





そんな商品をあえて相場の2倍以上のお金を払って、
12セットもまとめて買う人なんているんでしょうか、、、。


あとは、これも捏造とは少し毛色が違いますが
転売実績としては「どうなの?」と思うものです。





ヤングアニマルという週刊のマンガ雑誌ですが、
その2016年2月26日号にプレミアが付いているようで、
実際にこの雑誌自体は、これくらいの価格で取引されているみたいです。


ですが、このような週刊雑誌にこのようなプレミアが付くのは、
基本的に、こういう週刊雑誌は次の週の最新号が出ると回収扱いになって
本屋さんなどから一掃されてしまうようになっているからなんです。


そしてこれはビックカメラの書店でも同じですので、
最新号が出た週刊雑誌を何週も在庫として、
あえて残しておくような本屋さんはまずありません。


そんな事をしていたら、店中、古い週刊雑誌だらけになるからです。


ビックカメラなどの書店であれば、尚更それを徹底しています。


要するに、1週間以上前の週刊マンガ雑誌が、
そのまま残してあるような事は「ありえない」わけです。


にも関わらず、これを「転売実績」として掲載しているという事は、
ヤマダ電機せどりファイナルメソットの販売者である青山有光さんが
2016年2月26日の週にこのマンガ雑誌を買っておいて、
それを手元に保存しておいたものを転売したという事になります。


というか、2016年2月26日の週にこの本を仕入れておくなら、
近所のコンビニや書店で買ってもおいても同じ話ですからね。


あえて


「ヤマダ電機で仕入れをして稼ぎました!」


の一覧の中にこれを入れるのはどうかと思います。


これ以外もこのヤマダ電機せどりファイナルメソットの販売ページには、
かなり「怪しい」と思える転売実績が目白押しなのですが、
ひとまず分かり易いものを挙げるとこんな感じです。


まあ、こういう捏造っぽい転売実績があろうとなかろうと、
もう私的には、株式会社キュリアスコープの転売系の情報商材は、
根本的に「信用できない」ので、どちらにしてお勧めはしないのですが、
今回は、その「ボロ」の出し方が露骨だったので、


「机上の転売ノウハウ」


が前提であるとしても、とくに手抜き教材の可能性があります。


まあ、机上の転売ノウハウに手抜きも何もありませんけどね。


どちらにしても株式会社キュリアスコープという業者は、
明らかに「机上のノウハウ」としか思えないような
低次元な転売系、せどり系の教材ばかりを販売してきている


「常習犯」


ですので、正直、転売系の教材を購入する際に、
その販売元にこの名前があったら、
購入は普通に避けた方がいいと思います。


以上、ヤマダ電機せどりファイナルメソットについてでした。


この「ヤマダ電機せどりファイナルメソット」も含めて、
株式会社キュリアスコープさんの転売教材には注意してください。


橋本


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

このページの先頭へ