アマスタというアマゾンの評価を上げるためのツールについて。

せどりなどの転売ビジネスで利用するサイトとして、
最も王道なのは、やはり今は「アマゾン」だと思います。


次いで多いのは「ヤフオク」あたりかと思いますが、
このせどり、転売の2大サイトである、


・アマゾン
・ヤフオク



には幾つかの共通点があり、その中の1つが


「利用者(購入者)からの評価」


が「システム化」されているところです。


一応、その「利用者(購入者)からの評価」が、
そのサイトへ出品していく商品の売れ行きに関係してくる・・・


と、そのように言われているんですね。


ですが、その「評価」が商品の売れ行きを左右する度合いは、
実は、ヤフオクとアマゾンとで随分、違うというのが実状です。


そんな中で、


「アマゾンの購入者評価を高める為のツール」


にあたるものがインフォトップのランキングを見る限り、
度々、好調な売れ行きを見せているようなので、
今日はそのツールの有効性や利用価値を言及してみたいと思います。


取り上げるのは、こちらの「アマスタ」というツールです。


アマスタ:http://ama-sta.com/


それでは、早速、いってみます。

アマスタというアマゾンの評価を上げるためのツールについて。


まず、アマゾンとヤフオクは、いずれも利用者(購入者)が、
その商品の出品者を購入取引後に評価できるシステムになっています。


・商品に問題は無かったか。

・コンディション表記に偽りは無かったか。

・商品をスムーズに配送してくれたか。

・購入取引そのものに不手際が無かったか。



などなど、その商品の出品者を購入取引後に「評価」し、
そこに「コメント」なども投稿できるようになっているんですね。


そして、その「評価」や「コメント」は、
他のユーザー(利用者)も自由に観覧できるようになっているため、
悪い評価やコメントが多い出品者は必然的に取引を敬遠されるようになります。


「この出品者から商品を購入するのは辞めておこう・・・」


と、商品そのものを買ってもらえなくなるわけです。


ですが、この「評価」のシステムはヤフオクはかなり大々的なのに対して、
アマゾンの方は、実はそこまで大々的なものにはなっていません。


これは商品の詳細ページの違いでもあるのですが、
ヤフオクの商品の詳細ページには「出品者の評価」にあたる情報が
以下の通り嫌でも目に入るところに掲載されています。





ヤフオクの場合、商品に入札などを入れていく際は、
ほぼ間違いなく上記の詳細ページを目にしていく事になるため、
商品を購入する際は嫌でもそこで評価を確認する事になるんです。


対して、以下はアマゾンの商品詳細ページなのですが、
アマゾンは1つの商品に1つの商品ページが用意されていて、
そこへ複数の出品者が商品を出品していくシステムになっているため、


「出品者の評価」


にあたる情報がその詳細ページには表示されないんですね。





そして、アマゾンで商品を購入するような人は、
大半が上記の詳細ページの方からそのまま、


「カートに入れる」


というボタンをクリックして買い物をする傾向にあるため、
実質的に「出品者の評価」にあたるものを気にもしないまま
普通に買い物をしていく人が非常に多いわけです。





もちろん、そういう利用者が全員というわけではないので、
やはり評価はある程度、良いものにしておく必要がありますが、
アマゾンはヤフオクほど「評価」が売れ行きを左右する傾向にはありません。


ですので、この「アマスタ」というツールについては、
そのセールスレターで大々的に書かれているほど、
アマゾンでの商品の売れ行きを大きく左右していくような、
そこまでの利用価値があるようなツールではないのが実際のところです。


そこは、私的に、かなり「大袈裟な広告になっているな」と思いました。


それこそ、セールスレターの謳い文句になっている理屈も、
よくよく考えると、ちょっとおかしいものも多く目につきます。


例えばこちらのデータ。





これは、セールスレターの方にも掲載されているものなのですが、
上記のアンケート結果はあくまでも特定の商品を購入するような場合に、
その商品の「口コミ」や「評判」などを参考にするかどうかというものです。


まあ、確かに「商品そのものの口コミや評判」であれば、
その商品を購入する際、参考にするという人は多いかもしれません。


ですが、このアンケート結果があたかも、
アマスタというツールの必要性、有効性に直結しているかのような、
そんな印象を与えようとしているところには、少々、作為的なものを感じます。


実際、アマスタはあくまでも、


「アマゾンの出品者としての評価を上げるためのツール」


であって、それ以上でもそれ以下でもないツールですから、
上記の「商品の口コミや評判を参考にするかどうか」のアンケートは、
実質的に、全くもって何の関係性も無いわけです。


また、セールスレターにはアマゾンの「カート取得」について、
以下のようなポイントを上げている図も掲載されていますが・・・





評価が高いストアが「カート」を取れるというケースは滅多になく、
基本的には「最安値のFBA商品がカートを取る」というのが一般的です。



 アマゾンでは商品詳細ページの

 「カートに入れる」

 というボタンに連動する商品を出品できている状況が、

 「カートを取得できている状況」

 であり、その状況を作る事が「カート取得」にあたります。


まず最安値でもなくFBAも使っていない出品者の商品が


「ストアの評価が高い」


というだけの要因でカートを取得できるケースはほぼ皆無です。


少なくとも、私はそんな商品がカートを取っているケースは、
ハッキリ言って一度たりとも見た事がありません。


言い方を変えるとアマゾンの「カート取得」は、
ストアの評価はほぼ無関係にFBAを利用し、
商品の最安値を取る事が出来ていれば取れるものなんです。


そういう点でも、この「アマスタ」のセールスレターは、
ちょっと1つ1つの情報を大袈裟に誇張し過ぎている気がします。


一応、ツールの利用料金は無料期間が30日間で
翌月以降月額1980円で利用できるという事になっていますが、
私はそこまでの料金に見合うほどの利用価値は無いような気がしますね。


確かに、こういうツールを使えば評価をもらえる確率は上がるかもしれません。


でも、このようなツールをとくに使わなくても貰える時は貰えます。


実際、このようなツールを一切使っていなくても、
良い評価を十分にもらっているような出品者はたくさんいますから。


商品の取引件数が多ければ尚の事、評価は勝手に付いてきますので、
強いてこのようなツールを使って評価を上げる努力をしなくても、
その取引件数に応じて自然に増えるものだという事です。


そして、そこまで一生懸命、評価を上げる意味、メリットは、
このアマスタのセールスレターに書かれているほどは「無い」のが実状です。


ですので、私は月額1980円という利用料金では、
普通に「高い」と思うのが率直なところですね。


実状として、強いて悪い評価が多数ついているような状況でなければ、
普通に商品を売っていく上での支障は全くありませんので、
使うとしても、序盤の評価を数件もらうまでで十分じゃないかと・・・。


それこそ無料期間だけで十分じゃないの?と思ってしまいます。


「全体的に評価が悪い」


という状況でなければ、それ以上、評価を高めていっても、
さほど商品の売れ行きに影響を及ぼさないからです。


一応、アマゾンを利用しているせどり仲間が少なからずいますので、
彼等の実状を踏まえての、このツールの批評はこんな感じですね、


導入を検討されていた人は参考にして頂ければと思います。


橋本


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ