ゲイスキャFX&アローもってぃー(もちぽよ)スキャルピング検証


FXのトレードサインツールが付属した情報商材

『ゲイスキャFX(ゲイスキャアロー)』

こちらをパフォーマンス検証を踏まえて批評していきます。

ゲイスキャFX(ゲイスキャアロー)
販売URL :https://motty-fx.s3.amazonaws.com/top/it.html


ゲイスキャFX(ゲイスキャアロー)スキャルピング検証。

このゲイスキャFXの販売元は、FX関連の情報商材では有名な、

「クロスリテイリング株式会社」

となっていますので、その時点で・・・と思うところがありましたが、
実際のサインツール、ノウハウ、共に「やはり」という感じでした。

結論から言えば、サインツールの精度もそれほどのものではなく、
そもそも大半のサインを裁量判断で見送らなければならない状況で、
サインにひたすら従うと「ひらすら負けていく結果」になります。

一応、付属している動画などでは「サインを見送る基準」も解説されていますが、
これが裁量の判断次第でエントリーをする、しないが変わってくるノウハウなため、

「ここはエントリーしてもいいのか。」
「ここはエントリーを見送った方がいいポイントなのか。」

といったところで、迷うポイントが非常に多くなります。

トレード判断も「1分足」がベースとなっているため、
1分周期でどんどん動いていくチャートが対象となる中で、


 ・MACD(オシレーター指標)
 ・ストキャスティクス(オシレーター指標)
 ・ボラリティの状況(値動きの変動幅)
 ・高値、安値との距離感
 ・ラインチャートと併せて表示させる雲との位置関係


これら全てを1分以内で判断してエントリーというのは、
かなり経験を積んでいるトレーダーでも難しいと思います。

それこそ、この「ゲイスキャFX」の販売ページの方には、

「ローソク足が余計な情報が多いので判断が複雑になる」
「ローソク足チャートよりラインチャートの方がシンプル」

といった理由で、ラインチャートでのトレード判断をウリにしていますが、
このゲイスキャFXのサインツールとノウハウはラインチャート云々以前に、
サインに従うかどうかの判断基準(フィルター基準)が「多過ぎ」です。

現に、この「ゲイスキャFX」のノウハウとサインツールを提供したとされる、

「もってぃー(もちぽよ)」

という人物のブログでも、このサインツールの利用状況や、
実際の検証実績のようなものを相当数、公開してはいますが、
ゲイスキャアローのサインの「見送り状況」はこんな感じです。

↓↓↓

画像内の黄色い「★」のマークがゲイスキャアローの「サイン」で、
画像の中で「白い縦線」が引いてあるポイントがエントリーポイント。

黄色線のポイントが「ポジションを解消したポイント」らしいのですが、
見ての通り、10か所以上のサインを見送るだけ見送って、

「この画像内でエントリーしているのは1カ所だけ」

となっています。

ちなみにこれはこの画像に限った話ではなく、
大半の検証画像がこのような状況となっているため、
もってぃー(もちぽよ)氏の水準でこのサインツールを使いこなすには、

「8~9割くらいのサインを見送っていく判断」

を先ほどのような「多岐に渡る基準」を踏まえて1分以内に行う必要があります。

というより、8~9割は見送る必要があるサインツール、要りますか??

少なくとも私なら、

「そんなサインツールなら、無い方がいい(マシ)」

と思ってしまうのですが・・・。

多岐に渡る「サインの見送り基準」で裁量判断が不可欠なサインツール。

このサインツールの販売元である「クロスリテイリング株式会社」は、
この他にも、このようなレベルのサインツールを販売している経緯があり、

・サインにひたすら従う形では基本的に勝てない
・サインを見送る基準、判断が曖昧でほぼ裁量判断になる
・そもそものサインそのものがありきたりなロジック

基本、このようなサインツールを量産して販売している印象があります。

現にこの「ゲイスキャFX(ゲイスキャアロー)」がまさにそうなので、
このレベルのサインツールを量産する手口が「常套手段」になっているようです。

確かに、このような「利用者次第」となるようなサインツールなら、
トレードの勝ち負けや結果も「利用者次第」という事になりますから、
販売者側としては、いかようにも「逃げ道」を作る事ができます。

現に、この「ゲイスキャFX(ゲイスキャアロー)」を提唱している、
もってぃー(もちぽよ)氏のブログなどで行っている「検証」の方では、

「負けトレードのサインの絶妙に見送って勝ちトレードを拾っている」

という状況にはなっています。

一応、その「見送り」の理由や基準も1つ1つ言及してはいますが、
やはり、かなり好都合な後付け感が否めないものも少なくありません。

何よりサインの「検証」はかなりの頻度で行っているものの、

「実際にサイン通りのトレードをしている経緯や実績は見受けられない」

という状況なのが実情です。

実際の相場の動きの中で、その「絶妙な判断」で、
リアルなトレードをやっている経緯は見受けられず、
これは「ゲイスキャFX」の販売ページでも同じ状況となっています。

現に「ゲイスキャFX」の販売ページに掲載されているトレード実績にあたるものは、
以下のようなMT4を利用したトレード履歴が掲載されているだけなので、
これだけでは、これがデモトレードなのかリアルなのかの判断ができません。

↓↓↓

要するに、この「ゲイスキャFX」の販売ページに公開されている画像などでは、
もってぃー(もちぽよ)氏が、このサインツールやノウハウを実用して、

「実際に稼いでいる事を証明するものは何1つ示されていない」

という事です。

まあ「クロスリテイリング株式会社」の販売するFX系の情報では

・トレードで実際に稼いだ収入や収益を証明するもの
・実際にリアルトレードを行った事実を証明するもの

このようなものが示されていた経緯は私が知る限り無かったと思います。

この手の情報商材を「量産」がメインのような『情報販売業者』なので、
過去の相場を対象とする「後付け」の実績はいくらでも出してくれますが、

「そのノウハウやツールで実際に稼いでいる実績や事実は実際のところ無い」

のかもしれません。

少なくとも、この「ゲイスキャFX」の販売ページでは、
その実績や事実を証明するものは何も示されていませんし、
サインツールもノウハウも裁量次第で勝ち負けが変わってしまうものです。

ですから、

「サインツールにただ従うだけで勝てる(稼げる)」

というようなツールやノウハウを期待すると、痛い目を見ます。

この「ゲイスキャFX(ゲイスキャアロー)」はそういうツールではないので、
そういったサインツールを求めているようなら、購入は見送ってください。

以上、ゲイスキャFX、ゲイスキャアローの批評でした。

***

その他、FX・トレード関連のブログ講座も併せて参考にしてください。

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ