世界一カンタンなFXの稼ぎ方|トレーダー北田氏の実績に疑惑


FX関係の情報商材の販売業者で有名なクロスリテイリング株式会社が、

「357戦352勝、勝率98.5%の奇跡のロジック」
「世界一カンタンなFXの稼ぎ方」

といった謳い文句でバリ島に住むトレーダー「北田」という人物を引っ提げて、
同社のいつもの顔ぶれが出揃う幾つかの「動画」などを公開しています。

ただ、こちらの「世界一カンタンなFXの稼ぎ方」のオファーでは、
つい先日、こちらのブログに投稿した以下の記事にドンビシャで当てはまる、
まさに「アテにならないトレード実績」が次々と出て来る動画となっていました。

>トレード実績の「真偽」でFX関連の情報商材を見極める方法

それこそ、この記事を読まれた読者様から、

「この動画で公開されているトレード実績は完全に捏○ですよね。」

というメールをいただき、早速、私の方で動画を確認してみたところ、
確かに、私が言及した「アテにならない実績」の典型例のオンパレードでした。

その「アテにならないトレード実績」を具体的に取り上げていきたいと思います。

世界一カンタンなFXの稼ぎ方|トレーダー北田氏のトレード実績に疑惑

それこそ公開されている動画の「タイトル」には、

『357戦352勝!驚きの証拠が次々と!』

とありましたので、さぞ「確固たる証拠」が動画で公開されてるのかと思いきや、
その動画の中で出て来ている「証拠?」にあたるものは全てこういうものでした。

↓↓↓

それぞれの拡大画像を以下にアップします。

↓↓↓

こちらをご覧になれば一目でお分かり頂ける通り、
これはMT4の取引履歴のスクリーンショットでしかなく、
実際の動画でも、この「静止画像」がそのまま公開されているだけでした。

しかも「お決まりの手口」と言わんばかりモザイク加工で、


 ・エントリー時間(取引開始時間)
 ・エントリーレート(エントリー時点のレート)
 ・クロース時間(取引終了時間)


これらには全て「モザイク加工」が施されています。

要するに、取引の開始時間とその取引レート(エントリーレート)、
そして、取引の終了時間などを全て意図的に伏せているわけです。

ただ、このような「トレードの実績」を公開する上で、
あえて上記のような情報にモザイクをかける必要性は、

「その画像や取引履歴そのものが捏造したものであるから」

という理由以外、現実的な理由はほぼ無いに等しいのが実情です。

もし仮にこのようなトレード履歴の画像を「捏造」する場合においては、
まさに、上記でモザイクをかけている情報の全てに「つじつま」を合わせる必要があり、

・実現した損益の金額に対するレート差やスプレッドの計算
・エントリー&クローズの取引時間に応じた実際の取引レート

これらを上記の画像のように数十件と計算を施して「捏造」していくのは、
やってできない事ではありませんが、かなり骨が折れる作業になってしまうからです。

ですが「世界一カンタンなFXの稼ぎ方」の動画内で公開されている画像のように、

・エントリー時間(取引開始時間)
・エントリーレート(エントリー時点のレート)
・クロース時間(取引終了時間)

これら全てモザイクをかけて「伏せる形」にしてしまえば、
そういった「手間のかかる捏造作業」を大幅に削減する事が出来る上に、

「下手な捏造行為で間違いやボロを出してしまうリスク」

も無くせます。

あえて、MT4のトレード履歴の取引時間や取引レートにモザイクをかけて、
そこを伏せる必要性、意味、理由はこれ以外にほぼ考えられないため、

「取引レートや取引時間を伏せた実績画像は捏造されている可能性が高い」

このような見方をするくらいで全く問題はないという事です。

バリ島の天才トレーダー北田氏のトレード実績の「信憑性」はゼロ。

また、この動画で静止画像が公開されていたMT4のトレード履歴は、
リアルトレードでもデモトレードでも同じ履歴が表示されるため、

・全て机上のトレードで結果が良かった履歴のみを公開している可能性
・1件1件は本物のトレード履歴でも負けている履歴のみを削除している可能性

などもあり、どちらにしても何の信憑性もない「証拠」でしかないものです。

そもそも、この動画の演出(シナリオ)としては、
クロスリテイリング株式会社のスタッフがわざわざバリ島へと赴き、
現地に住む天才トレーダー、北田氏の実績を見せてもらうという話から

このような形で北田氏(左端)が持参したパソコン画面の方を、
スタッフ全員で食い入るように見る、という流れで、

↓↓↓

こういったモザイク加工が施された静止画像が次々とスライドしていく、

「何ともわざとらしい証拠画像が淡々と流れていくだけの動画」

となっていました。

ですが、カメラが彼等の後ろに回って実際のパソコン画面を映し出す場面はなく、
動画の中で出て来るのはひたすらモザイク処理がかかった静止画像のみ。

演出的に全員で同じ画像を目にしているように見せかけていますが、
実際のパソコン画面には、一体、何が移っていたのかさえ分かりません(笑)

また、動画の中では、

このように、

「他にもたくさん用意してきたので」

と北田氏(左端)が発言し、字幕テロップもそう出ていますが、
これって「捏造した画像をたくさん用意した」という事なんでしょうかね、、、

普通、トレードの実績を見せると言ってパソコンを取り出し、

「(証拠を)たくさん用意してきた」

というような言い方をするでしょうか?

そもそもトレードで稼いだ「証拠」なんて、わざわざ「用意」するまでもなく、

「証券会社の口座にログインして、残高や履歴を見せればいいだけの話」

です。

それをあえて「(証拠を?画像を?)用意してきた」と言ってそれを見せますか?

この発言も不自然ですし、実際に彼等に見せていたのが上記の静止画像であり、
尚且つ、あれらのモザイク処理を北田氏が自ら行ってきたというなら、
クロスリテイリング株式会社のスタッフが北田氏に騙されているのかもしれません。

まあ、この動画内で「パソコン画面」が映し出される場面は一度もないため、
結局のところ、彼等が「何を見ていたのか」はやはり、分かりませんし、
この時点で「用意してきた」とされる「証拠」とされるものが、

・MT4の実際の取引画面だったのか
・モザイク有りの静止画像だったのか
・モザイク無しの静止画像だったのか

これらさえ不明というのが実情です。

いずれにしても、この動画に出て来るような、


 ・エントリー時間(取引開始時間)
 ・エントリーレート(エントリー時点のレート)
 ・クロース時間(取引終了時間)


これらにモザイク処理がかかった画像には何の信憑性もないため、

「北田という人物の実績には何の裏付けもない」

と思った方がいいと思います。

***

もし、以下の記事の方にまだ目を通していないようであれば、
こういったアテにならない実績の見極め方を詳しく言及していますので、
一度、目を通して頂いた上で、今後の参考にして頂ければと思います。

>トレード実績の「真偽」でFX関連の情報商材を見極める方法


ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ