電脳せどりの革命的ツール:ジャングルエンタープライズについて。

インフォトップの方で新手のせどりツールが、
ランキング上位の方に出ていたので早速取り上げておきます。


こちらの「ジャングルエンタープライズ」というせどりツールですね。


電脳せどりの革命的ツール:ジャングルエンタープライズ

http://jungleotaken.com/


販売元は「自称アフィリエイター」の大田賢二さんという方です。


ただ、この「ジャングルエンタープライズ」の販売者である、
大田賢二さんという方が、ここ最近は完全に、


「インフォプレナー(情報販売者)」


としての活動が主なようで、次々と情報商材を自ら販売しています。


主にはアフィリエイト系のツールを販売している事が多かったのですが、
今回は、何故か「せどり」のツールを販売されたみたいですね。


要するに、この「ジャングルエンタープライズ」の販売者さんは、
せどりや転売などを本業にしているような人ではなく、
基本的には「情報商材の販売で稼いでいる人」だという事です。


まあ、セールスレターの方では、実際にせどりをやっていると豪語して、
仕入れた商品と思わしき画像なども幾つかは公開されていますが、


「情報販売を本業にして稼いでいる人」


という点は紛れもない事実なので、あえて、そういう人が、
そこまで本腰を入れて「せどり」で稼いでいるとは到底、思えません。


そういうところも含めて、今回のせどりツール、


「ジャングルエンタープライズ」


の方を私なりの視点で批評しておきたいと思います。

ジャングルエンタープライズ(大田賢二)の批評


まず、ツールの仕様、動作、機能などについては、
ほぼ全て、セールスレターの方で解説されていますので
それを踏まえて、このツールに相応の利用価値があるのか。


そして、価格に見合うだけの価値があるのかどうか。


そこを言及していきたいと思いますが、
結論から言えば、私は到底、利用価値も無ければ、
その利用料に見合う価値もないんじゃないかと思いました。


というのも、この「ジャングルエンタープライズ」というツールには、
別途「ジャングルスナイパー」というツールも付いてくるようで、
この2つを併せて購入時に14800円の代金がかかり、
そこからの継続利用にも月額9800円の利用料がかかるみたいです。


ですが、その内容、詳細を捉える限り、
このレベルのツールに月1万円近い利用料を払う価値は、
少なくとも、私の感覚で言えば、到底「無い」と思います。


まず、メインのツールである「ジャングルエンタープライズ」は、
特定のネットショップを対象にアマゾンとの価格差がある商品を探し、
また、そういう商品が売り出された際に通知してくれるというものです。


色々細かい機能も付いていますが、メインとしては、


「ネットショップとアマゾンで価格差のある商品を見つけ、通知する」


このようなせどりツールだという事ですね。


一応、その対象となるネットショップは主要なところを含めて
28店舗のネットショップを監視対象にしているらしいのですが、
その具体的な店舗名は明かされていません。


まあ、そこをあえて伏せるところも「作為」を感じるのですが、
結論から言えば、このようなせどりツールを使っていっても、
まず、せどりで稼げるような商品はほぼ見つからないと思います。


今のご時世、自前のネットショップを運営しているサイトが、
アマゾンの相場に対して、そこまで格安な値段設定で商品を売る事は、
普通に考えて「ありえない」に等しい事だからです。


今や、インターネット上の商品の「価格相場」にあたるものは、
ほぼそのままアマゾンが握っていると言っても過言ではありません。


ですので、アマゾンと競合するような商品を扱っているようなお店が
アマゾンの相場を無視して商品を売るような事はまず無いわけです。


アマゾンで取り扱っていないような商品なら、
いかにようにも値段を付けて売る事は出来るでしょうが、
アマゾンで普通に販売されているような商品をネットで売るなら
その価格設定はアマゾンの相場を前提に決めるはずなんですね。


そのような商品をあえてアマゾンよりも格安で売るメリットは無く、
あえてアマゾンより格安で売るなら、そのネットショップ自体が、
アマゾンを利用して売る方が、早く高く売れるというのが現実です。


ほぼ全てのネットショップがその現実を知っていますからね。


ですので、仮にそういう商品を自社のネットショップで売るとすれば、
せいぜい、アマゾンの手数料分を考慮して安く売るという程度です。


アマゾンは商品によって10%、15%の手数料を取られますから、
自社のネットショップで売れば、その手数料はかかりません。


逆に言えば、10~15%ほどの手数料を払えば
自社のネットショップよりも圧倒的な集客力があり、
圧倒的に多くのお客さんが集まっている「アマゾン」を
普通に利用していく事が出来る状況にあるということなんです。


そのような状況で、あえてアマゾンの相場より安く商品を売り出す、
そんな馬鹿なネットショップさんがあると思いますか?


そんなアホな担当者がいるでしょうか?


あなたがネットショップを運営していたら・・・。

また、そういうネットショップの運営を任されていたら・・・。


アマゾンなら確実に早く、高く売れるような商品を、
あえて、集客力の乏しい自分のネットショップの方で、
安い金額で売るような事をしますか?


・・・まず、しませんよね。


これが今のネット物販の現実ですので、
少なくとも、アマゾンで普通に販売されているような商品を、
自前のネットショップで安く売るような業者は、ほぼいません。


仮にそういう商品が実際に「あった」としても、
そのような商品は、かなり高い確率で


「アマゾンの相場が的外れな価格設定になっているだけ」


の可能性が非常に高いです。


アマゾンは出品者が自由に価格を設定できるので、
時に、その商品の相場としては絶対にありえないような、
到底、売れるはずのない価格が付いている場合があります。


この「ジャングルエンタープライズ」で見つけられるとすれば、
そういう「アマゾンでありえない価格が付いている商品」くらいで、
そんな商品を幾ら見つけたところで何の意味も無いのが現実です。


それはネットショップの価格帯が「適正」というだけで、
あえてそれを仕入れて転売しても、まず利益は見込めないからです。


また、その中で、本当に稀に「稼げる商品」が出てきたしても、
この「ジャングルエンタープライズ」を利用している人全員に、
そういう商品が出てきた「通知」がいくという事ですから、
その時点で即、ツール利用者同士の競合が始まるだけと思います。


そういう商品が1つ出て来ても、ツールの利用者が10人いれば、
結局、その商品を仕入れられるのは、一人だけですからね。


それこそ、このツールが本当に有効なツールで、
販売者の大田賢二さんが本当にせどりで稼ぎ続けたいなら、
誰にも公開せず、一人で利用してこそ有効なものに他なりません。


要するに、このようなツールをこういう形で売り出している時点で、


「ツールそのものを売って稼ぐために作ったツール」


でしかなく、その実用性、有効性は知れたものだという事です。


このツールのロジック、仕組み的に、
不特定多数の多くの人がツールを利用する時点で、
どう考えても、その有効性は保てないものなのは明らかですから・・・。


この手の情報販売屋さんが売り出すツールとしては、
本当によくあるパターンの「理論破綻ツール」だと思いますね。


ジャングルエンタープライズ・・・お勧めしません。


ちなみにもう1つ付いてくる「ジャングルハンター」というツールも、


「アマゾン内の価格差が大きい商品を通知してくれる」


というものですが、これも全く同じ理屈で普通に破綻しています。


確かにアマゾン内で1つだけ値段が安い商品がある場合や、
そういう商品が出て来た場合などに、仕入れを行っていけば、
そのまま価格を吊り上げて売る事で稼げる場合も無い事はありません。


それ自体は1つの有効なせどり手法と言えますが、
実際にそのような消費を監視して通知してくれるようなツールを
不特定多数の人達が同時に利用していたら、どうなりますか?


普通に、その通知を受け取った時点で早い者勝ちの競合が始まり、
結局、その商品を仕入れられるのは一人だけというオチでおしまいです。


これこそ、まさに、販売者の大田賢二さんが、
一人で個人的に使っていく分には有効だったかもしれません。


ですが、それを不特定多数の人に利用させていく時点で、
もう、そのツールはほぼ使えないツールになってしまうわけです。


そんな「理論破綻しているツール」がセットで14800円、
それ以降、毎月9800円の利用料がかかるというものなので、
まず、その利用料をペイできるだけの価値は、私は無いと思います。


理由は、ここまでで言及してきた通りですね。


まあ、基本的に「情報販売」を生業にしている人が売り出す、


「せどりで稼ぐためのツール的なもの」


は、大抵、こういった大きな「穴」が空いていますので、
まず、セールスレターに書いてある感じの実用性は
普通に「無い」と思った方が身のためです。


そういうツールに、本当の意味で実用性があった試しが無いので。


そういうわけで、この「ジャングルエンタープライズ」は、
不特定多数の人が利用していく時点で理論判断しているため、
私は、価格に見合う価値は到底、無いという判断です。


まあ、どうしても気になるというなら、
試しに1カ月でも使ってみたら分かると思いますよ。


セールスレターに書いてあるような有効性、
再現性などは、まず体験できないと思いますので。


以上が私のジャングルエンタープライズについての批評です。


是非、参考にしてください。


橋本


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ