電脳仕入れツール「セドリオン」を使った感想。

インフォトップの売上ランキング上位に、


「電脳仕入れツールセドリオン」


という「せどりツール」が出ていました。


電脳仕入れツール「セドリオン」

https://sedorion.com/


転売で稼げそうな商品を探し出すためのツールで、
この手のツールとしては珍しく「お試し版」にあたるものが、
販売ページの方で無料でダウンロードできるようになっています。


無料のお試し版は5日間のみの利用という事なので、
早速、私もダウンロードして使ってみました。

電脳仕入れツール「セドリオン」を使った感想。

以前、このブログでは、この手の転売系のツールについて、



 ・ツールのロジック、仕組みがオープンになっているか

 ・競合を避けられる仕組みになっているか

 ・それを公開(販売)する行為に合理性があるかどうか



この3つが、その良し悪しの判断基準になると
以下のような記事を介してお伝えした事がありました。

>有効なせどりツール、稼げる転売ツールの見極め方


3つの判断基準の詳しい理由については
上記の記事の方で言及していますが、
この「セドリオン」というせどりツールは、
少なくともこの基準はクリア出来ていると思います。


ただ、この3つの基準をクリアできていれば、
そのツールが必ずしも有効なツールなのかと言うと、
そうと言えないケースも無いわけではありません。


それこそ今回の「電脳仕入れツールセドリオン」は、
上記の3つの基準はクリアできているものの、
ツールの有効性はかなり「微妙」という感じでした。


むしろ、これを公開(販売)する合理性を作るために、


「競合を避けられる仕組み」


をかなり強引に備えた感が否めないツールで、
その「強引な仕組み」がツールの有効性そのものを
致命的なレベルで「無い」に等しいものにしているんです。


率直に言えば、ツールによって完全に自動化できる動作を
あえて「手動」でやらせるようにしている部分があり、
それがかなり「強引な仕組み」なんですね。


その強引な仕組みによって利用者ごとの「検索結果」を
言わば「強引」に変わるようにしているわけです。


電脳仕入れツール「セドリオン」の強引な競合対策。

この「電脳仕入れツールセドリオン」は、


・Yahooショップ

・楽天市場



この2つのサイトを対象に「稼げそうな商品」を、
一応は「自動」で探し出すためのツールなのですが
それを完全に全自動で行ってくれるわけではないんです。


実際にその「商品検索」を行っていく際には、


・Yahooショップ

・楽天市場



この2つのサイトに商品を出品している「ショップ」を、
ツールの利用者が自分で指定しなければなりません。


その自らが指定したショップが出品している商品のみを対象に、
稼げそうな商品を検索していくツールであるという事です。


問題なのは、その指定の対象となるような「ショップ」が、
両サイト併せて「40万店舗」ほどあるというところで、


「稼げる商品を安く売っていそうなショップ」


を、その40万店舗から自分で探し出して指定しなければ、
結局、このツールで稼げる商品を見つけ出す事も出来ないわけです。


更に、1つのショップを対象とした商品の検索に
時間にして30分から60分くらいの時間がかかり、
そうサクサクと次々に商品検索が行えるわけでもありません。


まる1日、寝る間を惜しんでツールを稼働し続けても、
20店舗から40店舗くらいしか検索が出来ないという事です。


一応、この「セドリオン」の販売ページの方では、


「リサーチ対応は驚きの40万店舗!」


と、40万店舗を対象に商品探しが出来る事を、
このツールのウリの1つのようにアピールされていますが、
実際に40万店舗全ての商品を検索するのはほぼ不可能です。


1日40店舗のペースで検索をしていったとしても、
悠に20年以上はかかってしまう計算になりますからね。


ただ、その40万店舗の中で「稼げる商品」を扱っている店舗は、
その中の、ほんのごく一部の店舗でしかないのが実状です。


要するにこの「セドリオン」というツールは、
40万店舗ものショップの中から


「稼げる商品を安く売っていそうなショップ」


を、まず自分の力で絞り込めない事には、
そもそも稼げる商品を見つけ出す事も出来ないんです。


そこに輪をかけて1店舗の検索に数十分もの時間がかかりますから、
このツールで実際に「稼げる商品」を探し出していくのは、
よほどの「根気」と「時間」が要るという事です。


ただ、このように40万もの店舗の中から、
利用者が自らショップを指定する形になっているため、
利用者同士で同じ商品を取り合う状況。


すなわち「競合」を避けられるようになっています。


ですが、その「競合を避けられる仕組み」のせいで、
ツールそのものの有効性が限りなく薄れてしまい、
ほぼ使い物にならないツールになってしまっているわけです。


ですので、この「電脳仕入れツールセドリオン」は、



 ・ツールのロジック、仕組みがオープンになっているか

 ・競合を避けられる仕組みになっているか

 ・それを公開(販売)する行為に合理性があるかどうか



この3つの基準はクリアできているものの、


「利用者同士の競合」


を、かなり強引に避けた感のあるツールであり、
稼げる商品を探し出す効率性、合理性という点でも、
私は49800円もの価値は到底、感じられませんでした。


何故これがランキングの上位に入るほど売れているのか、
私にはあまりにも不思議でしょうがないくらいです。


それこそ、このツールを購入しているような人は
この無料版をそもそも使う事さえしていないか、
さほど使いもせずに何となくの感触で、


「いけそう」


と踏んで買っているのかもしれませんね。


無料のお試し版を公開してくれているのは良心的ですが、
これに「お金を出すだけの価値があるか」と言えば、
私は「無いと思った」というのが率直なところです。


この手の「稼げる商品を探し出すツール」は、
よほど精巧なロジックを組み込んでいない限り、
実用性、有効性のあるものにはなりません。


少なくとも、このツールは利用者間の競合を避けるために、
かなりツメの甘いツールになってしまったのだと思います。


この手のツールの良し悪しを見極める1つの視点として、
こちらの記事も併せて、是非、参考にしてください。

>有効なせどりツール、稼げる転売ツールの見極め方


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

>2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ