中古車の業者オークションへの参加、入会方法について。

中古車の転売をビジネスとしてやっていくのであれば、
やはり業者オークションへの参加、入会は必須になると思います。


中古車バイヤーをやる以上、中古車を仕入れるルートと、
その仕入れた中古車を販売していくルートは必要不可欠です。


少なくとも、私のように個人で中古車バイヤーを始める場合、
まさかいきなり店舗を構えるような人はいないと思いますから、
インターネットで中古車を仕入れていくというのであれば、
やはり業者オークションへの参加が先立つステップになってきます。


一般的に「インターネットオークション」と言えば、
やはりヤフーオークションが最大手ですが、
中古車のネットオークションはヤフーオークションと異なり、
一応はその参加、入会にそれなりの「敷居」を作っています。


ヤフーオークションはそれこそ本当に誰でも参加出来てしまいますが、
中古車の業者オークションは、当然ですが、そうはいきません。


そうそう簡単に入会し、オークションに参加出来てしまうようなら、
中古車のバイヤーなんて、いらなくなってしまいますからね。


ただ、その「敷居」は、実は多くの人が思っているほど高くはありません。


正しくは、その敷居を「下げられる方法」というか、
その敷居を実質的に下げている「サービス」があるんです。

中古車の業者オークションへの参加、入会方法について。

ちなみに私はそのサービスを利用して、
その「敷居の下がった業者オークション」に参加し、
そこで仕入れていった中古車を中古車専用の販売サイトで転売し、
ほぼその売買ルートだけで年間2億円くらいは中古車を売ってます。


粗利ベースでは2000~3000万円くらいですが、
それでもこうして「中古車の個人バイヤー」としては、
一般サラリーマンの10倍くらいは普通に稼げているわけです。


一見、敷居があるとされている中古車の業者オークションと、
誰でも簡単に参加出来てしまう中古車専門の販売サイト。


この2つの市場格差だけでも、中古車の売買では、
実際にこれだけの利益を普通に稼ぎ出せてしまうわけですね。


少なくとも私にとっての中古車事業は、
当初は完全に本業の傍らの「趣味」で始めたもので、
今でも感覚として本業に対しての「副業」でしかありません。


その程度しか、時間も労力も取られていないという事です。


それだけ業者オークションと一般の中古車販売サイトの間にある、
その「敷居」は、2つの中古車市場に格差を生んでるんですね。


で、その業者オークションへの入会、参加についてですが、
一般的に「中古車の業者オークション」と呼ばれるものは、
全国で言えば百以上のオークションが存在すると言われています。


様々な企業、組織によってたくさんのオークションが開催され、
そこから多くの中古車を扱う業者が中古車を仕入れているわけです。


その業者オークションは大きく分けると、


・ディーラー系オークション

・中販連系オークション

・企業系オークション



の3つに分けられ、ディーラー系は
トヨタ、日産、ホンダなどのメーカー主催のオークション、
中販連系は、中古自動車販売商工組合などが主催するオークションで
企業系は、大手の中古車販売会社などが主催するものの事を言います。


ただ、基本的にこれらの業者オークションはその入会条件に、


・古物商許可の取得から1年以上経過している

・1年以上中古車販売の営業活動がある

・店舗をもっている

・連帯保証人が必要



などなど、その参加にはかなり高い敷居があります。


少なくとも、これから中古車バイヤーになろうという個人には、
どうあがいてもクリア出来ない条件が普通に掲げられているわけです。


こんな参加条件が突きつけられていれば、
業者オークションの敷居が高いと思われるのも無理はありません。


ですが、これらの業者オークションは、
実は直接入会をしなくても「間接的」に利用する方法があります。


まあ、中古車の個人バイヤーの中ではわりと常識なのですが、


「アイオーク」


という業者オークション専門の代行業者を利用する事で、
ほぼ全国の業者オークションへの参加が可能になるんです。


業者オークションの利用は「アイオーク」で。

この「アイオーク」という業者は、
この業者自体が全国で100社を超える
中古車の業者オークションと提携している為、


「アイオークのサイトを介してその全てに参加が出来る」


というサービスを提供している業者になります。


この「アイオーク」に関しては、その利用条件も、
先程のような敷居の高い参加条件は一切無く、


「古物商許可があれば参加可能」


となっている為、あくまでも「業者向け」ではありますが、
実質的に古物商許可さえ取得すれば、
個人であってもすぐにでも利用できるようになっています。


つまり、このアイオークへの利用登録を行えば、
本来はかなり高い敷居があるはずの業者オークションに、
すぐにでも参加していく事が可能になるわけです。


例え個人バイヤーで古物商許可を取ったばかりでも、
中古車販売の営業経験、店舗、保証人無しで
全国の業者オークションへの参加が可能になるんですね。


それでも「古物商が必要」というハードルはある為、
このアイオークがその敷居をグッと下げている状況でも、
業者オークションの中古車相場はやはり「安い」わけです。


現に私はこのアイオークを利用して業者オークションに参加し、
そこで仕入れた中古車の売買で普通に稼いでいるわけですから。


それも売買先は同じように「ネット経由」ですからね。


「古物商のハードルさまさま!」という感じです(笑)


まあ、その「市場格差」はそのハードルとは別に、
中古車という商品を扱う事や、それを転売していくという事自体の、


・資金面

・手間や手続き



などの「先入観」も大きいと思います。


どうしてもその売買そのものの馴染みの薄さがありますので、
大きな資金や手間や手続きが必要だと思われている為、
本やCDのせどり(転売)を始めていく人はたくさんいても、
中古車のせどり(転売)を始めていく人はそうそういないわけですね。


そういう状況がこの「おいしい市場」を作ってくれているわけですが(笑)


古物商許可の取得について。

ちなみに古物商許可の取得が、
何か物凄く面倒なものだと思っている人も多いようで、
そこもある意味では私達バイヤーにって、


「嬉しい先入観」


の1つになっているのですが、
こんなものは実はいざやってみれば


「市役所に行って住民票を移し、
 警察署で運転免許の住所を書き換える手続き」



と、さほど変わらないくらい、事務的な申請作業で終わるものです。


引っ越しなどをした時、こういう手続きは普通にやってますよね?


古物商の申請許可なんて、ホントこのレベルの作業なんです。


比較的、行政書士などに頼む人も多いようですが、
ハッキリ言って、そこまでの作業ではないと思いますね。


唯一、先程のような手続きに無いものがあるとすれば、


・破産経験がある人

・逮捕歴がある人



などは許可が下りないという事くらいです。


なので、もしあなたがこれに該当する場合は、
自分の名義で中古車バイヤーをやるのは厳しいと思いますので、
誰か、ビジネスパートナーを見つけてください。


その人と共同でやっていく形にすれば大丈夫です。


あとは申請料が19000円ほどかかるというくらいですね。


まあ、この申請一式を行政書士に頼んでも、
そこにプラス3~6万円くらいなので、
面倒という人は丸投げしてもいいというものです。


ただ、アイオークを利用して中古車バイヤーを始める場合は
古物商許可の取得が実質的な業者オークションへの入会条件で、
これさえ取得してしまえばすぐにでも利用が可能になり、
中古車を仕入れて売買を始めていく事が可能になります。


そう考えれば、本当に「それだけの手続き」で、
中古車のバイヤーは始められてしまうものなんです。


そう考えれば古物商の許可申請くらいで、
バイヤーデビューの二の足を踏んでいる場合じゃありません。


ハッキリ言って、これほど稼ぎ易い転売市場は無いと思いますので。


「業者オークションって、古物を取れば利用出来るのか!」


という事をこの記事で初めて知ったという人は、
是非、そのまま勢いに乗ってバイヤーデビューをしてしまいましょう(笑)


その上で、私が実際にやっている「中古車転売ノウハウ」に興味があれば、
是非、こちらの「中古車ビジネス講座」の記事もご覧になってみてください。


実は誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ。


こちらの講座では、


「駐車場無し、仕入れ資金0円から中古車バイヤーを始める方法」


なども解説していますので是非、参考にして頂ければ幸いです。


それでは。


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ