中古車を売るならバイヤーになろう!~私が転売ビジネスをお勧めする理由~

先日、こちらのブログへの投稿記事で、


「よく車を買い替えているような人は
 中古車のバイヤーを始めた方が得ですよ。」



というお話しをしたところ、


「橋本さんの転売ノウハウをもう少し詳しく教えてください!」


というメールを何通か立て続けに頂きました。


前回の記事:車をよく買い替える人は中古車バイヤーを始めた方がお得?


私の話を聞いて中古車バイヤーに、
こうして興味を持って頂けているのは本当に嬉しい限りなので、
今日はもう少し、私の中古車転売の「ビジネスモデル」について、


・どういう流れで中古車バイヤーをやっているのか。

・何が必要で、何が必要ではないのか



というというところも含めて、
詳しくお話しさせてもらおうと思います。

中古車転売の流れと、バイヤーに必要なもの、必要ではないもの。

と言っても、私の中古車転売のノウハウは、
前回の記事でもお話ししたように


「物凄くシンプルなもの」


なので、おおよその流れは既に前回の記事でもお話しした、


1:業者オークションで仕入れて

2:中古車専門のネット販売サイトで売る



という流れが、ほぼ全てと言えば全てなんです。


ですので、物理的な観点で。
私が中古車バイヤーとしてやっている事というのは、


1:ネット(業者オークション)で中古車を下見する

2:儲かりそうな車があれば仕入れる

3:仕入れた車を納車して写真などを取る

4:中古車の販売サイトに出品して売る



本当に「ただこれだけ」という感じです。


ただ、私の感覚としては、


1:暇つぶしに好きな車を物色する

2:イケてる車、乗りたい車、好きな車を買う。

3:洗車したり写真を撮ったりして、思う存分乗り回す。

4:飽きたら売る。



という感じです(笑)


まあ「転売」を前提とするビジネスなんて、
基本的には安く仕入れて高く売ればいいだけなので、
それは中古車の転売でも全く同じなわけです。


ですが中古車の場合は、本やCDやゲームなどに比べて、
明らかに転売目的のバイヤー、
すなわち「ライバル」が少ないですし、
何より1台あたりの売買利益がすこぶる「デカい」です。


転売せどりの王道と言われる「本」なんて、
1冊の売買で数十円、数百円という世界ですよね?


でも中古車では1台の売買で数万円、数十万円を抜けるので、
その利益率の高さは本やCDなどの比ではありません。


勿論、それだけ中古車はその仕入れ単価も大きいので、
そこが1つのハードルになっているところもあると思います。


ですが結局、本やCDでも何十冊、何百冊と仕入れていけば
普通に中古車1台を仕入れる金額と同じくらいになるんです。


本のせどりだろうと、CDやゲームの転売だろうと、
それなりに稼いでいくには、それなりの仕入れが必要ですからね。


それなら、私は中古車を仕入れて転売した方が、
遥かに少ない労力で大きなリターンを得られるというものです。


ですが、中古車はあまりそれを売買する機会や経験が無い為、


「ただ売買するだけでも大変そう」


という先入観を多くの人が持っている傾向にあります。


まあ、そこが私達のような中古車バイヤーには、
ライバルを少なくしてくれる「ありがたい先入観」なのですが、
それが「ただの先入観でしかない事」は実質的に「明らか」です。


実際のところ、中古車バイヤーをやる為に必要なものなんて、


・10万円くらいの資金

・パソコンと携帯電話

・駐車場(1台でも置ければOK)

・古物商の許可



くらいのもので、より細かいところを言っても


・業者オークションの利用アカウント

・転売サイトの出品アカウント



この2つがあれば、あとはもう何も要りません。


何か用意出来ないものが1つでもありますか?


用意するハードルが高いものが1つでもあるでしょうか?


・・・ないですよね。


だって、これらは全て、本やCDのせどりをする上でも
ほぼ必要になるようなものばかりなんですから。

※本やCDのせどりでも、それを商売にする場合、
 厳密には古物商の許可は必要なんですよ。


まあ、せいぜい本やCDの転売に不要なのは、
駐車場と業者オークションのアカウントくらいですよね。


これらを揃えて「自称」すれば、あなたはもう中古車バイヤーです。

つまり、中古車バイヤーはこれらを揃えて「自称」をすれば、
その時点でその人はもう、立派な中古車バイヤーなわけです。


あとは実際に業者オークションで車を一台でも仕入れて、
自分の駐車場にそれを置いてください。


既に立派な「中古車の在庫(ストック)」になります。


そこから必要な工程は車の写真を取って販売サイトに出品するだけ。


あとは売れるのを待つだけです。


私は普通にこの段階でも乗りたい車は乗り回してます(笑)
※勿論、メーターが明らかに上がってしまうような乗り方はしませんが。


勿論、仕入れた中古車を必ずしも、
すぐに転売しなければならないわけではありませんので、
自分で思う存分乗り回したければ乗り回してください。


飽きたら売ればいいんです。


ただ、駐車場が1台分しかない場合は、
その車をストックしているうちは、
物理的に別の中古車の仕入れが出来ませんので、


「好きな車を乗り回しながらバイヤーをやりたい人」


は、2台分の駐車場は用意した方がいいですね。


まあ、この駐車場代は地域によってまちまちだと思いますが、
ある程度、資金がまとまって出来て来ると、


「1台分の駐車場の活用でどれくらいの利益が見込めるか」


が分かってきますので、あとは仕入れ資金の方と相談の上、
フルで使い回せる分だけの駐車場を用意していけば、


・資金

・駐車場スペース



この2つに比例してどんどん儲けを増やしていく事が出来ます。


まあ、そこまでの事業規模の拡大はおいおいで問題ありませんが、
ひとまず中古車バイヤーとしてスタート地点に立つ事自体は、
何ら難しい事でも何でもないという事です。


少なくとも、私の感覚で言うなら、


・車が好きな人

・よく車を乗り換えている人

・空き時間だけで手堅く副収入が欲しい人

・車を止められるくらいの余った土地を持っている人

・持て余しているお金が10万円以上ある人



こういう人は先ほど挙げたような、
中古車バイヤーとして必要なものを用意しておいて、


・業者オークション


このは普通に利用できるようにしておいた方が得だと思います。


あとは、私が実際にやっているような、


1:暇つぶしに好きな車を物色する

2:イケてる車、乗りたい車、好きな車を買う。

3:洗車したり写真を撮ったりして、思う存分乗り回す。

4:飽きたら売る。



これを趣味感覚ででもやっていけば、
普通に好きな車を自由に乗り回す事が出来て、
更に、それなりの「利益」も得られてしまうんですから。


車好きな人には堪らない生活、仕事だと思いますよ。


勿論、本腰を入れて「ビジネス」としてやっていくのであれば、
そこにもう少しこまかなノウハウやテクニックなどもありますが、
趣味レベルでやっていくレベルでも十分に儲けは得られると思います。


まあ、多少の相場感などは身に付ける必要がありますので、
そこも含めて「趣味レベル」でやっていくなら、
やはり最低限は車好きな人でなければ難しいかもしれません。


逆に車好きな人なら、自分の好きな車だけを扱って、
その相場を頭に入れて転売をしていくだけでも、
実際にそこそこの儲けは普通に出していけると思います。


私が中古車転売のやり方を教えた友人や
コンサル生の中にもそういう人はわりと多くいますので。


まあ、何だかんだ言って、
私も好きな車に仕入れの傾向は偏ってますので、
人の事は言えないんですけどね。


もし、より具体的な私の「中古車転売ノウハウ」に興味があれば、
こちらの「中古車ビジネス講座」の記事もご覧になってみてください。


実は誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ。


こちらの講座では、


「駐車場無し、仕入れ資金0円から中古車バイヤーを始める方法」


なども解説していますので「車好き云々」は関係なく


「儲かるビジネス」


として、その選択肢の1つに、
中古車バイヤーを視野に入れたいという人も
是非、参考にしてみてください。


それでは。


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ