中古車転売ビジネス講座。国内転売と海外転売、輸入と輸出。

私はインターネットビジネスと中古車転売ビジネス、
2足のわらじを履いてビジネスを展開しています。


今日はその中の「中古車ビジネス」の方について、
ちょっとしたポイントなどをお話ししていきたいと思います。


実際のところ「中古車ビジネス」と聞くと多額の資金や、
特別な知識が無いと出来ない


「敷居が高いビジネス」


と思われがちです。


ですが実際は「そうでもない」というのが実状で、
逆に言えばそんな先入観がこの市場の「旨味」を作ってます。


ある意味では本やCDなどを売買していく「せどり」などより
遥かに少ない労力で確実な利益を見込めるビジネスなので、
現状、何かしら転売系のビジネスをやっているような人は、
ちょっと耳を傾けてみてください。

中古車ビジネス講座。

一概に中古車転売ビジネスと言っても色々なやり方があります。


ひとまずの大きい分類としては、


1、国内の中古車車両のみを対象にした転売ビジネス
2、国内の中古車を輸出して海外で転売する輸出ビジネス
3、海外の中古車を輸入して転売する輸入ビジネス



この3つかと思いますが私は「1」と「2」、
国内転売と輸出転売の2つをやっています。


「3」の輸入転売のみ、手を出していない感じですね。


ですので、私がノウハウを教えられるのは、
国内で仕入れて国内で売るという転売ビジネスと、
国内で仕入れて海外に売るという輸出ビジネスの2つになります。


輸入ビジネスもやれない事も無いのですが、
それこそ輸入は唯一「まとまった資金」が必要で、
その分「リスクも高い」為、私は手を出していません。


そういう意味では輸入は「上級者向け」だと思います。


逆に言うと国内の中古車転売と輸出転売の2つに関しては、
実際はそこまで多くの資金を必要としませんし
限りなくリスクを軽減させて手堅くビジネスを展開出来ます。


国内転売の方はやろうと思えば10万円くらいから。


輸出転売の方に関しては元手0円からでも始められます。


「何で元手0円で輸出が出来るの?」

「仕入れはどうするの?」



そんな声が聞こえてきそうですが、
中古車の「輸出」に関しては、
実際の中古車売買の「流れ」的に
元手を必要とせず売買をする事が出来てしまうんです。


更に言うと輸出転売の方であれば、
仕入れた中古車をそのまま船積みして輸出出来ますので
車両を自分で保管することなく売買していく事が出来ます。


要するに中古車を保管しておく駐車場なども必要ないという事です。


そういう意味では最も手堅く始められる中古車ビジネスは
意外にも「輸出転売」の方なんです。


最も手堅く始められる中古車転売は「輸出」ビジネス。

「でも輸出をするって事は英語力が必要なんでしょ?」


と、誰もがまず語学力の部分で懸念を抱きます。


そこから「誰に売るの?」とか「どう売るの?」とか
色々と疑問は尽きなく出てくるのではないでしょうか。


ただ、その英語力についても実はそれもほぼ先入観で、
実際は英語力が無くても輸出ビジネスをしていく事は可能です。


まあ、これは「時代が解決してくれた」と言いますか
「解決出来る方法が幾らでもある」というのが今のご時世です。


なので、英語力という懸念点1つで、
このおいしいビジネスを見送るのは物凄く勿体ない事なんですね。


ですのでこれは「車そのものの知識」についても同じ事が言えます。


少なくとも中古車ビジネスは本やCDなどのせどりと違って
現場判断で仕入れや売買を次々に決めていくものじゃありません。


いざ仕入れをする際の手順1つ1つごとに、
ゆったりと車両の事を「調べる時間」があるわけです。


要するにピンポイントに「必要な情報の調べ方」が分かっていれば
とくに豊富な知識を頭の中に詰め込んでおく必要が無いんですね。


これは国内転売を行う際も同じ事が言えます。


現に私は国内転売、輸出転売、共に、
昔の地元のツレや友人などに一からイロハを教えて
きちんと稼げるバイヤーに育てて来ている実績があります。


それこそ車になんて全く興味の無いヤツ、
英語なんて全く話せないし読み書きも出来ないヤツ、
そういうレベルのヤツ等も普通に中古車転売で稼いでます。


というか、私も英語なんて今だに中学生レベルの文法とか
単語くらいしか頭に入っていませんから。
(車自体はもともと好きなので人並み以上には詳しいですが。)


何にせよ、そんなレベルの英語力でも、
中古車の輸出転売は普通に出来るって事です。


そして稼げてしまうんですね。


しかも元手0円という状況からでも、、、。


なので、私がお勧めする中古車バイヤーのステップは
まずは元手もかからずリスクをほぼゼロに出来る
輸出転売で最低でも数十万円くらいの資金を作る事。


そこからその資金を使って国内転売を初めて、
そこからは国内で仕入れた車を国内転売と輸出、
両方の出口に振り分けていくやり方をお勧めしています。


そんなに簡単に始められるものなんですか?


と、最初は誰もが耳を疑いますが、
これがいざやってみると本当に簡単に始められてしまうんです。


少なくとも輸出転売の方は元手もかかりませんし、
仕入れた車両を自分で保管する必要も無いんですから、


「今から出来ない理由が無い」


くらいだと思います。


少なくとも本とかCDのせどり転売は、
元手0円ででは出来ませんからね。


ちなみに元手0円からというのは、
クレジット枠を使うとか借金をするとか、
そういうリスクを先伸ばしするやり方ではありません。


正真正銘、元手0円、リスクゼロの状態から始められます。


今回の「基礎講座」ではひとまず中古車転売ビジネスにおける、
国内転売、輸出転売、輸入転売の3つを踏まえて、
それぞれの特性をザックリと頭において頂ければ結構です。


次回はより具体的な方法やポイントを解説していきますので、
今回の基礎講座でちょっとでも中古車ビジネスに興味を持たれたようなら、
是非、またお付き合い頂ければと思います。


それではまた次回。


中古車転売ビジネス講座一覧。

講座1:実は誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ。

講座2:中古車転売ビジネス講座。国内転売と海外転売、輸入と輸出。

講座3:資金0円からの中古車転売ビジネス。

講座4:中古車輸出業の実務講座。

講座5:国内転売を主とする中古車転売ビジネス講座


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

“中古車転売ビジネス講座。国内転売と海外転売、輸入と輸出。” への1件のフィードバック

  1. Ambar美香 より:

    偶然見つけたサイトでしたが
    好きな車を乗り回し飽きたら変えるという記事に共感し一気に最後まで読ませていただきました。

    車の輸出を個人(友人に送る)でしてみようとしたことがありますが排ガス規制とかいろいろな事で断念してしまいました。大好きな車が仕事にできたらいいなと思い是非やってみたいと思ってます。

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ