せどりバーストストリーム(呉亮太)レビュー

インフォトップで売上ランキングの方で、
珍しく「せどり系の教材」が1位になっていました。


こちらの「せどりバーストストリーム」という、
トレーディングカードのせどりを題材にした教材です。


せどりバーストストリーム(呉亮太)

http://torekasedori.com/

せどりバーストストリーム(呉亮太)レビュー

トレンディングカードのせどり、転売というものは、
せどりビジネスの中ではわりと知れたものの1つだと思います。


ですが、意外にこのジャンルの情報商材は少なく、
ここまで目立って売れているのは「初」に近い気がしますね。


セールスレターの冒頭には、


「知識、時間、交通手段全て不問」

「1日2時間パソコンをカチカチするだけ」



という事が書かれているので、私的には、
在宅型のネット転売で完結出来るノウハウを想像したのですが、
実際のマニュアル内容は「店舗」での仕入れ前提になっているので、


・交通手段不問

・パソコンをカチカチするだけ



という冒頭のフレーズは、普通に「嘘」のようです(苦笑)


一応、ネットで仕入れを行うノウハウも書かれていますが、
これはネットでの仕入れだけで稼ぐのはほぼ不可能に近く、
いざ本気でこの内容を実践して稼いでいくというのであれば
ネットよりも店舗での仕入れが不可欠になると思います。


ただ、この「せどりバーストストリーム」及び、
トレーディングカードのせどり、転売については、


「仕入れ先がネットか店舗か」


というところ以前に大半の人にとっては、
未知な部分が多いジャンルの商品、市場だと思いますので、
分からない故に期待を抱いてしまうところも多いのかもしれません。


ですが、まずこれだけはハッキリ言っておくと、
トレンディングカードのせどり、転売は、


「まともにやって稼ごうと思ったら」


その難易度はかなり高いジャンルの商品だと思います。


本来1枚あたり数十円くらいで買えてしまうトレカが、
実際に数千円、数万円で売れているという現実のわりに、
トレンディングカードのせどらーというのは少ない傾向にあり、
その理由は、やはり「難易度の高さ」からだと思います。


そして、その難易度の高さの要因としては、


・需要、相場の変動が激しく、その予測、判断が困難である事

・その相場の判断にはかなり専門的な知識が必要である事

・常にアンテナを貼った様々な情報を収集していく必要がある事

・予測不可能な大きな値崩れが頻繁にあり、リスクが高い事



とったところが大きな理由として挙げられますが、
実質的にこの4つの要因は全てトレンディングカードという商品の
ある避けられない特性によるものと言っても過言ではありません。


それは「トレンディングカードゲーム」と呼ばれる、
その各種カードの「ゲームへの実用性」です。


基本的にせどり、転売の対象になるトレンディングカードは、
トレンディングカードゲームと呼ばれる「ゲーム」が主体であり、
各種カードは、そのゲームに使う事を前提に売買されています。


有名どころで言えば「遊戯王カード」などが、まさにこれですね。


そして、こういったゲームが主体になっているカードは、
ゲームによって「使えるカード」や「強いカード」ほど需要があり、
またそういうカードほど数が少ない傾向にあります。


だからこそ、そういうトレンディングカードにプレミアがつくわけです。


ただ、遊戯王カードなどの流行っているトレンディングカードほど、
常に新たなシリーズのカードが追加されていくような傾向にあり、
そのような新シリーズのカードの登場と共にルールも頻繁に変わります。


そんな新シリーズのカードの追加やルールの変更によって、
ゲームのおいて「使えるカード」や「強いカード」も変動し、
その変動によって、需要や相場もどんどん変動するわけです。


これまで使えなかったカードが使えるようになるケースもあれば、
その逆もある為、よほどそのルールやカードの特性に精通していない限り、
その需要や相場を予測、判断していくのは非常に困難なんですね。


まさに新カードの追加やルールの変更などが先ほど挙げた


・需要、相場の変動が激しく、その予測、判断が困難

・その相場の判断にはかなり専門的な知識が必要

・常にアンテナを貼った様々な情報を収集していく必要

・予測不可能な大きな値崩れが頻繁



これらの要素を作っているわけです。


このような不確定な相場の変動要因があるのは、
まさにこの「トレンディングカード」くらいですから。


ただ、捉えようによっては、そういった変動要因があるからこそ、
トレンディングカードのせどりは「稼げる」とも言えます。


実際に新カードの追加情報やルールの変更情報を押さえて、
使えるカード、使えなくなるカードを判断していけるなら、
カードの転売で稼いでいく事は紛れも無く「可能」なわけです。


ですが、その為にはかなり専門的な知識になりますし、
既存のルール、既存のカードをくまなく頭の中に入れた上で、


・どんなカードが新たに追加されるのか

・どのようにルールが変更されるのか

・それによってどういうカードの需要が高まるか



などを判断していく必要がある為、
やはりよほど詳しい人か好きな人でない限り、
トレンディングカードの転売で稼ぐのは難しいというのが実状です。


ですので、トレンディングカードのせどり、転売は、
先程もお伝えしたようにそれを「まとも」にやろうと思うと、
ここでお伝えした知識や情報収集やその判断や分析が
実際に稼いでいく為には必要不可欠な要素になります。


ただ、市場そのものに大きな「可能性」がある事も事実ですので、
この「せどりバーストストリーム」という教材で、
その可能性を追及出来る余地があるかを少し期待したのですが・・・


ハッキリ言って、この「せどりバーストストリーム」は、
それこそ「まとも」にカードの仕入れや転売を行っていく為の
トレンディングカードのせどり、転売教材としては、


“良く言えば「王道」、悪く言えば「普通」のマニュアル”


という感じでした。


少なくともこの「せどりバーストストリーム」のマニュアルを読んで、



「この通りにやれば稼げそうだ!」


とは、私は全く思えない内容でしたね。


正しくは、書いてある通りにやる(仕入れや転売をする)事自体が、
どう考えても無理っぽいとしか思えいものだったという感じです。


それこそ、実際にマニュアルに書かれている事は


「常に情報収集をして相場を判断していきましょう」


という前提で公式サイトのチェックや大会の動向、
ファンサイトの話題などを常に収集しましょうとか、
まあ、当たり前の事が当たり前に書かれたいただけという感じです。


実際、そういうものをくまなくチェックしているだけで、
相場が高騰するようなカードが分かれば苦労はしませんからね。


まあ、確かにトレンディングカードのせどりで稼ぐには、
そういう情報収集を常に行いながら、


・どんなカードが新たに追加されるのか

・どのようにルールが変更されるのか

・それによってどういうカードの需要が高まるか



などを常に判断していくしかないというのが実状なので、
その「当たり前の事」がそのまま「まとも」に解説されている、
そういう感じのマニュアル内容だという事です。


決して内容そのものが「悪い」とは言いませんが、
なかなか「まとも」にやっては稼げないものを、
そのまま解説しているだけという感じですから、
大半の人はマニュアルを読んで終了・・・になると思いますね。


ですので、現時点でトレンディングカードや、
トレンディングカードゲームにハマっているような人や
こういうものが好きな人であれば、価値を見出せるかもしれません。


ですが、決してそうではないような人が


「何となく稼げそう」


という感覚で買っても、まず実践そのものが困難だと思います。


おそらく、先立つ段階でトレンディングカードゲームの
既存のルールを頭に入れようとする時点で、
普通に挫折してしまう可能性が高いと思いますね。
(現に私などはそんな感じだったので、、、。)


尚、このトレンディングカードのせどり、転売については、
私のビジネスパートナーの一人である、
せどりエイターれお☆さんという方が詳しい記事を書いてますので、
もう少し踏み込んでみたければ以下も参照してみてください。


トレンディングカードのせどり、転売は稼げるのか。


以上、今日は「せどりバーストストリーム」についての批評でした。


橋本


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ