アルティメットせどり。中古家電の転売は稼げるのか?(岩崎秀秋)

中古家電をせどり、転売して稼ぐという教材が
インフォトップの売れ筋商材の中に入っていました。


こちらの「アルティメットせどり」という情報商材です。


アルティメットせどり

http://jsedori.com/ultimate/product/


普通、せどりと言えばCDや本の転売がセオリーですが、
中古家電のせどりノウハウというのはあまり無かったと思います。


そもそも中古家電の転売で稼げるのか?というところですが、
その辺りも含めて、私なりの批評を添えておきたいと思います。

アルティメットせどり。中古家電の転売は稼げるのか?


一応、私も一風変わった商品を扱って、
俗に言われる「せどり」をやっているバイヤーの一人です。


私の場合は「中古車」ですので。


その名の通り「中古の自動車」です。


そういう意味では私自身、物販ビジネスの知識、経験、感覚は、
未経験の人よりは「ある」と自負しています。


そんな私から見てると「中古家電の転売」というのは、
正直なところ「リスクが大きい」というのが率直なところです。


時に一台、数百万円という中古車を扱う事もある私ですが、
それだけのお金を1つの商品の仕入れに充てるからこそ、
物販ビジネスにおける「リスク」の考え方には人一倍シビアです。


ただ、私の考える「リスク」は、
単純に仕入れに要する金額がそれにあたるとは考えていません。


「仕入れた商品の価値(相場)が下がってしまう可能性」


これを転売ビジネスにおける「リスク」と考えています。


要するに、いざ転売した際の「差額」が
マイナスになってしまう可能性をリスクと考えているわけです。


・相場が下がり、売値が原価割れしてマイナスになる
・その商品そのものが根本的に売れなくなってしまう



これらの可能性が高い商品は「リスクが高い」と考えられますので、
私はまず仕入れの対象にするような事はありません。


これは「株」や「為替」などの投資ビジネスでも同じだと思います。


それこそ投資の神様と言われるウォーレンバフェットの、
投資で成功する為の格言にこういう言葉があります。


「投資で成功する為の鉄則は2つある。
 1つ目は損をしない事。
 2つ目は1つ目の鉄則を忘れない事だ。」



これはまさに投資というビジネスの本質を捉えていると思いますし
物販や転売ビジネスにも全く同じ事が言えると思います。


そしてその観点で私は「極めてそのリスクが低い商品」として、
あえて「中古車」というジャンルの商品を選んでいるのです。


実際にありとあらゆる商品の「相場」を見てきた中で、
中古車ほどそれが長期的に安定している商品は無かったからです。


それこそ中古車は、


「この車はまず、これ以下の金額にはならない」


というアンダーラインが極めて明確であり、
基本、どんな車種でもそのアンダーラインを大きく割る事はほぼありません。


それと同時に、


「タイミングによってはこれ以上の価格でも売れる」


という相場の「上限と下限」も極めて明確な傾向にありまので、
その「上限と下限」を上手く狙っていくだけで、
相当な利益を出せるのが「中古車転売」なんです。


これが私があえて「中古車」を選んで転売している理由ですが、
家電についてはその「値落ち」がハッキリ言って、
物凄く激しいジャンルの商品と言わざるを得ません。


基本、新しいモデルの商品が出る度に
古い型のモデルの商品の相場が格段に落ちていくからです。


ちなみに自動車の場合は古い型は古い型でファンがいる為、
そこに確固たる需要がある事でモデルチェンジで
相場が落ちていくような事はほとんどありません。


むしろ中古車は「古い型の方が人気」という事もあるくらいですが
家電に至ってはそういう性質、傾向はほとんど見られません。


要するに落ちた相場は「二度と戻らない」というのが基本で、
新しいモデルが出る度に古い型の商品は相場が低くなり、
どんどん売りにくくなっていくんです。


そしてそのサイクルが物過ごく早いんですね。


正直、転売、せどりビジネスとして、
これほど「リスクの高い商品」は無いんじゃないかと思います。


それこそ投資ビジネスにおける「株」などであれば、
本当に優良な企業の株であれば、一時的に価値が下がる事はあっても
またその価値が戻り、更に上がっていく可能性も無い事はありません。


ですが、実際にモノを扱っていく転売ビジネスでは、
そうそう相場や価値が下がってしまったものが、
またそれを持ちなおすという事は、ほぼ「無い」に等しいのです。


あるとすれば、ごく一部の「プレミア価格」で取引されているような
数に限りがある限定商品やマニア向けの商品に限られます。


中古車に至ってはある意味、古いモデルは生産が中止されるため、
このような観点で相場が安定しているところもあると思います。


ですが家電に関してはどう転んでも落ちた相場は戻りません。


私的にはCDや本のせどりよりも遥かにリスクが高く、
その割に利益率もそこまで高くは無い
あえてせどりや転売の対象にするメリットの無い商品だと思います。


いざ仕入れた商品の在庫保管にも場所を取りますし
アマゾンのFBAを利用しても保管料が高くつく商品ですからね。


ちなみに中古車も保管が大変でお金がかかると思われがちですが
保管用の車の駐車場なんて1台あたり月1万円以下で借りられます。


1台の売買で数万円、数十万円の利益を出せるんですから、
その1台をただ駐車場の保管しておくくらいの費用は安いものだと思います。


また、中古車は「輸出」というやり方もあるので、
輸出を行っていく場合は保管場所さえ必要ありません。


仕入れた車をダイレクトに船積みして輸出していく方法があるからです。


それこを私の中古車転売のノウハウや
その中古車輸出のノウハウに興味があれば、
こちらの「中古車ビジネス講座」の方を読んでみてください。


実は誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ。


この「中古家電の転売」に可能性を感じられた人であれば、
比較にならないほど優位性を感じてもらえるんじゃないかと思います。


いずれにせよ中古家電の転売はどんなにノウハウがしっかりしていても
その「リスクの高さ」的に、私はお勧めしません。


参考までに。


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ