Twitter Brain(ツイッターブレイン)とフォローマティックXYの比較とレビュー

ツイッターツールの世代交代という事で、
株式会社イーブックジャパンさんの
こちらの最新ツイッターツールが好評なようです。

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)


これまでツイッターのフォロワー収集ツールと言えば
フォローマティックかフォローブースターかという感じで、
それぞれバージョンアップを繰り返していました。


フォローブースターはフォローブースターPROへ、
フォローマティックはフォローマティックXYへ。


付属マニュアルのクオリティならフォローブースター、
ツールのクオリティならフォローマティックXY。


これがおおよその世間的な評価で、
比較的最近バージョンアップされた
フォローマティックXYが一歩リードという感じでしたが
そこに急遽食い込んできたのが「ツイッターブレイン」です。


そのアフィリエイターによっては、
フォローマティックXYに軍配を上げている人もいますが
大方の批評では付属マニュアルの質、
ツールのクオリティ共にツイッターブレインが
フォローマティック、フォローブースターの上を行き、
ツイッター系では「最高のツール」と評されているようです。


実際にこのツイッターブレインを利用するようになり、
ツイッターで稼げるようになったという声が
あちこちのブロガー、アフィリエイターから上がっています。


「ツイッターはもう稼げない、稼ぎにくい」


とまで言われ始めていた中、
何故このツールの登場でその状況が一変したのか。


そしてツイッターブレインは本当に
フォローマティックやフォローブースターを凌駕する、
ツイッター系最高のツールと言えるものなのか。


もともとフォローブースターPROと
フォローマティックXYは既に利用していましたので、
そこでツイッターブレインを加えて実際に比較し、
その優位性などを私なりに検証してみました。

Twitter BrainとフォローマティックXYの比較とレビュー

ただ、ここでまずは率直な結論を言います。


フォローブースターPROと
フォローマティックXYに対するツイッターブレイン。


そのツールの性能や機能性などについては
完全に群を抜いて「ツイッターブレイン」だと思います。


使ってみた上での反応、使い勝手、
そして何より付属マニュアルの質の高さ。


更に価格も最安値な上に
個別のビジネス面でのサポートも付いていると来て
ツイッターブレインに軍配を上げない理由がありません。


ハッキリ言って、今の時点でツイッターブレインでは無く、
フォローブースターPROやフォローマティックXYを
あえて推奨しているようなアフィリエイターは
いずれかのツールの販売者の関係者か、
個別の高額なアフィリエイト報酬を設定してもらっている人。


もう、そうとしか考えられないです。


中には「販売されて間もないから」という理由で
一応、長期的に販売されていた実績のある
フォローマティックXYなどを推奨してる人もいますが
この理屈はもうほとんど理にかなっていないと思います。


既にツイッターブレインは多くの利用者が実用していますので、
ツールに潜在的な欠陥があるというような、
販売されて間も無いツールにありがちな懸念は払拭されてます。


サポート面もツール側の技術サポート、
ビジネス側のサポート共に対応の方も普通に早いです。


この時点で販売されて間もないという懸念は
もはや普通にクリア出来てると見ていい段階ですから、
そういう意味でもツイッターブレインはもはや死角はありません。


全てにおいて他のツイッターツールを圧倒してると思います。


現にもうその優位性はきちんとそれぞれのツールを
客観的な視点で比較している人のレビューを見ていけば、
どれほどの違いがあるかはもはや明白です。


その優位性はツール、マニュアル、価格、サポート体制、
それぞれを細分化していけばもうキリがありません。


もうその比較をしているサイトも多数あるので、
私の方ではそれぞれのポイントのみまとめておきます。


ツイッターブレインは「ツイートの作成」さえ不要

何と言ってもツイッターブレインのウリは、
この「ツイートの作成が不要」というところです。


何故、不要なのかと言うと、


「他のユーザーのツイートを取り込める機能」


が付いているからです。


更にそのツイートの取り込みを
リツイート数を設定して行えるというもので、


「リツイート数の多いツイートを取り込める」


というのがツイッターブレインの一番のポイントです。


これはこれまでのツイッターツールには無かった機能で、
フォローブースターにせよフォローマティックにせよ、
自動化させているのは「フォロワーの収集」のみで、
この「ツイート」は自分で作成する必要がありました。


そしてその「面白いツイート」を作る方法として、


「リツイート数の多いツイートを参考に作りましょう」


という作り方が普通に推奨されていたんです。


要するにツイッターでは多くの人に支持された
面白いツイートには「リツイート」と言う、
そのツイートがシェアされた数が付いているわけです。


ツイッターユーザーにウケるツイートの基準は
そういったリツイートがたくさん付いたツイートであり、
ツイッターでユーザーからの反応を取っていくには
そういうツイートを参考にツイートを作る必要がありました。


現にそういうツイートを100個200個と登録し、
BOT化させて稼ぐというのが、
フォローブースター、フォローマティックXY、
どちらにも共通して主張されていたノウハウだったわけです。


そこを根っこから効率化させたのがツイッターブレインで、
要するにツイッターブレインは、


「それならリツイートの多いツイートをそのままパクればいい」


と、完全に開き直った機能を備え付けたわけです。


・・・これをやってしまったら、もうこれ以上の機能はありません。


問題はそれが「アリなのか」というところでもあったのですが、
実情として140文字のツイートで
その「著作権」が認められたケースは過去に無く、
そもそもその裁判事例さえも無いというのが現状のようです。


裁判事例が無いという事は、訴訟を起こす側が
勝ち目や起こす意味が無いから訴訟になっていないという事。


要するに140文字のツイート投稿1つに
著作権を主張して訴えを起こしても、
それに見合う結果は得られないというわけです。


事実、ツイッターでは著作権に守られた
「歌詞」や「文献」などをツイートしていっても
そこにさえ著作権が適応されていない状態なわけですから


「人のツイートをそのままツイートする」


という行為が問題視される可能性はほぼゼロです。


というか今の時点で既に許容されてますからね。


ツイッター側もそういう行為を規制していませんし、
利用規約にもそれを違反行為とする条文はありません。


そもそも「リツイート」という機能が、
ほぼ他人のツイートをツイートする機能にあたるわけで、
今更そこを規制するはずがないわけです。


まあ、モラル的にこの行為をどう思うかは個人の判断ですが
ツイッターブレインはそのモラルを無視して


「こうやれば面白いツイートは簡単に集められる」


と、それをそのまま形にしてしまったわけですね。


ズルいと言えばそうですが、
これが何より有効なのは間違いありません。


ズルいから人のツイートはパクらない。


モラル的にどうかと思う。


そういう人は使わなければいいだけの話です。


ただツイッターを合理的に活用して、
ビジネスや集客に使っていきたいなら、
これより有効な方法、ツールは無いと思います。


現にそんなモラルなんてクソくらえという人が
どんどんこのツールに手を伸ばして結果を出しています。


もともとツイッターは「リツイート」という機能で
面白いツイートを自分のツイートとしてつぶやき、
その情報を拡散する機能を備えていたわけですから、
今更そこにモラルも何も無いのではないか・・・。


率直なところ、これが私の意見ですね。


ですので、ビジネスや集客目的でツイッターを使う場合、
このツイッターブレインを利用しないのは、
ハッキリ言って損なだけです。


使うことの優位性があり過ぎるだけに
もはや使わない事が普通に「損」なわけです。


またツイッターブレインでは取り込んだツイートの
個別の編集機能も付いているので、
どうしてもモラルを気にしたい人は、
そこで自分なりのアレンジを加えればいいんですけどね。


不毛だけだった「ツイート作成」作業からの永久的解放。

結果としてツイッターブレインを利用するようになり、
圧倒的にツイッターで収入を得る人が増えている要因は
まさにこのツイート取り込み機能によるものだと思います。


裏を返せばこれまでフォローブースター、
フォローマティックなどを手にしても、
いまいちツイッターで稼げない人が後を絶たなかったのは
言ってみれば「面白いツイート」を作れなかったから。


更に言えばそのツイート作りに挫折していたからであり、
それが完全にクリアされてしまった以上、
こうして「稼げる人」が続出しているのは当然だと思います。


実際に多くの人の注目を集めたツイートを
キーワードとリツイート数を指定するだけで、
そのキーワードを含めたものを一気に取り込めてしまうんです。


まさにその属性に合った「おもしろツイート」を
ものの数秒で何百件と取り込めてしまう爽快感。


これまでフォローマティックなどを活用する為に、
他のツイートを参考にしながら「ウケるツイート」を
1つ1つ、コツコツと頭をひねって作っていた人は
ある意味「やるせなさ」さえ感じてしまったかもしれません。


現にそこに何十時間という時間を費やして、
一生懸命ツイートを作っていた人がたくさんいたんです。


そしてそこで挫折した人も・・・


ただフォローブースター、フォローマティックは
それをしない事には実際のところ「使えないツール」であり、
それはハッキリ言って今も変わりません。


結局ツイッターは他のユーザーに注目される
面白いツイートをつぶやいていないと、
誰も見向きもしない幽霊のようなユーザーになってしまいます。


クラスの「面白くて目立つヤツ」と「つまらないヤツ」くらい、
その人気が二分され「つならないヤツ」は稼げないわけです。


だからこそ「面白くて目立つヤツ」になる為、
これまでは「ツイートを作り続ける」というのが普通でした。


そこを完全にひっくり返してしまったのがツイッターブレインです。


ただキーワードとリツイート数を指定するだけで、
誰もが一瞬で「目立つヤツ」になってしまうわけですから。


今だにフォローブースターやフォローマティックを使い、
コツコツとツイートを作っている人がいたなら、
それは「気の毒」以外の何者でもありません。


勿論、モラルがどうのという堅い考えで、
あえてその道を選んでいる人もいるのかもしれませんが、
合理的に考えればそんな労力はもう不毛なだけです。


まして自分で頭を捻ってツイートを作っていったところで
実際にそのツイートがウケる保障はどこにもないんです。


多大な労力と時間を費やしてもそれが無駄になる可能性があり、
現にそれが無駄になったからこそ挫折した人も多いはずです。


少なくともツイッターブレインにはそんなリスクはありません。


実際に「ウケたツイート」だけを取り込むのですから。


仮にそのキーワードで取り込んだツイートが
いまいち反応を取ることが出来なければ、
またキーワードを変えて取り込む直すだけで、
ものの数秒でまた何百件単位のツイートを入れ替える事が出来ます。


フォローブースターやフォローマティックの場合、
その「ツイート入れ替え」にも、
また新たに膨大な労力と時間が必要なわけですから、
ハッキリ言って私にはもう利用するメリットが思い当りません。


「リツイート数の多いツイートを取り込める機能」


これの機能1つでツイッターブレインは、
ツイッターツールの常識を変えたと言ってもいいと思います。


完全にほったらかしでリアルタイムなトレンドツイートを拾う。

またツイッターブレインには、
リアルタイムなトレンドツイートを自動的に取り込み、
それをまたツイートしていくという機能も備わっています。


要するにこれはツールに特定のキーワードと、
取り込み条件となる規定のリツイート数を設定したなら、
その条件を満たすツイートが発生する度、
そのツイートを取り込んでツイートしていくという機能で、
まさに「未来のツイート」も自動的に拾っていきます。


予め設定したツイートだけをつぶやかせていくだけではなく、
完全にほったらかし状態でも新たなツイートを取り込み、
トレンドに乗ったツイートをつぶやいていく、
アクティブなBOTを作成していく事が出来るわけです。
(BOT:自動的にツイートをしていくアカウント)


フォローブースターやフォローマティックは、
ハッキリ言ってこのBOT機能には
ほとんどと言っていいレベルで力を入れていませんでした。


要するにただ予め設定したツイートが
そのまま自動的にツイートされ続けるだけの、
無料ツールでも拾えるレベルのBOT機能だったわけです。


そこを革新的に進化させたのが
ツイッターブレインというツールであり、
この取り込み式のBOT機能1つだけを取っても、
もはやフォローブースター、フォローマティックには、
ツイッターブレインを超える優位性は無いに等しいと思います。


そもそもそれ以外の機能と言えば、
基本的にはフォローとアンフォローを繰り返すだけの
フォロワーの収集機能くらいしか無いわけですから。


フォロワー収集のカラクリ。

ただこのフォロワー収集の機能について言えば、
これはもうどのツールもさほど大差は無いというのが実情です。


それはそもそものフォロワー収集機能のカラクリが、
こちらからフォローをしてフォロー返しを待ち、
それが無ければアンフォローするというだけの
ただの「フォロー&アンフォロー機能」でしかないからです。


ツイッターのサイト特性をあまりわかっていない人は
ここでツールごとのフォロワーの収集スピードが
どうのこうのと言っていますがそこに違いはほぼありません。


凍結の可能性についてもそれは同じです。


凍結される要因はフォローを仕掛けたユーザーからの
ブロックやスパム申請によるものであって、
これはもうツールの性能云々とは無関係だからです。


現状、アカウント凍結の要因はそれしかありませんので
どんなツールを使っていようと、
仮に手動でフォロー&アンフォローをやっていようと、
ブロックとスパム申請をされれば凍結はされます。


ただそのレベルのブロックやスパム申請による
ありがちな凍結なら実際は何度でも簡単に復活出来ます。


さほど恐れるおどの事態ではありません。


その点を考慮すると凍結されやすいとされにくいとか、
そんなところをアピールしている時点で、
そのツールは完全にレベルが低すぎます。


要するにフォロワーの収集は、
フォローとアンフォローを繰り返しているだけなので、
もうこの機能には質の向上もクソも無いんです。


なのでこの機能のみに関して言えば、
もうフォローマティックだろうと
フォローブースターだろうとツイッターブレインだろうと、
どのツールでもほとんど大差はありません。


収集の速さとツールの機能性は無関係であり、
それは凍結率などについても同じです。


つまり比較するべきはそれ以外の機能であるべきという事です。


フォローマティックYとツイッターブレイン

ではツイッターブレインに無い機能で、
フォローマティックXYに備わっている機能である、
フォローマティックYのリツイートの自動化機能について。


強いてツイッターブレインとフォローマティックを比較するなら、
その比較対象はこの「リツイートの自動化機能」と、
ツイッターブレインの「ツイート取り込み機能」だと思います。


フォローマティックYのリツイート自動化機能は、
自身の管理する複数アカウントをリンクさせ、
互いにリツイートを自動化し合うというもので、


「リツイート数の多いツイートを演出する」


という機能になります。


ただこれは私的にはさほど意味がある機能とは思っていません。


何故かと言うと、面白いツイートには
ごく自然にリツイートが付くものだからです。


自分の複数アカウント同志で、
リツイートを1件、2件付けたところで
そこにそこまでの意味があると言えば・・・私は無いと思います。


勿論、無いよりはあった方がいいと思います。


そういう観点では無いよりはあった方が良い機能です。


でも「ツイート取り込み機能」と比較するなら、
この「リツイートの自動化機能」はハッキリ言って
その重要度や使い勝手のレベルが格段に落ちます。


ただ大きな機能の違いはまさにこの2つくらいのものですから、
この機能の重要度の高さが両ツールの評価を分けます。


そしてその2つの機能を比較した上で、
私としてはツイッターブレインが群を抜いて、
フォローマティックを引き離していると思うわけです。


その圧倒的な付属マニュアルのクオリティ

またツイッター系のツールは、
そのツール本体のみに目が行きがちですが、
その付属マニュアルも非常に重要なポイントだと思います。


ツールだけを渡されて使いこなせる人はいいですが、
世の中、そんな人だらけなら苦労はしません。


大半の人はその有効な使い方がわからないわけです。


実情としては私はフォローブースターPROよりも
フォローマティックXYの方が
ツールの機能性は間違いなく上だと思っていましたが、
推奨していたのはフォローブースターPROでした。


理由はマニュアルの質が明らかに
フォローブースターの方が高く、分かり易かったからです。


まあ、ツールの機能性の違いは先ほど解説した
「リツイートの自動化機能」があるか無いかだったので、
それくらいの差ならマニュアルの質を重視して、
フォローブースターPROを推奨した方が
確実に購入者さんの活用性は上がると判断していた為です。


現に両ツールを手に取った人の「成功率」は
間違いなくフォローブースターの方が上だったと思います。


ハッキリ言ってフォローマティックは、
フォローマティックXYにバージョンアップしたものの
その活用ノウハウがより難解となってしまい、
初心者には実践しにくい内容になっていました。


故に私はフォローブースターを推奨していたわけです。


ただそのフォローブースターの付属マニュアルと比較しても、
ツイッターブレインの付属マニュアルは、
あらゆる角度で実用性のない内容になっていると思います。


何よりツイッターブレインというツールの特性を踏まえた
その活用ノウハウが本当に素晴らしいです。


更に「140文字のコピーライティング」と題して、
ツイート文の作成に特化したマニュアルが付属していて
このクオリティも異常なほど「高い」です。


140文字の文章を作るというところに
よくもまあ、ここまでのテクニックを詰め込んだな・・・と。


ツイッターブレインではツイートを取り込めますが
その中には自分のブログやアフィリエイトリンクを含めた、
集客や成約を目的とするツイートを入れていく必要があります。


当然、そういうツイートは自分で作成する必要があるわけです。


そのツイート文の「反応」を高める為のテクニック。


それがこの140文字のライティングマニュアルに書かれてます。


マーケティングマニュアルの方にも、
ツイッター完結型のノウハウ、ブログ連携型のノウハウ、
そしてメルマガを利用したDRMのノウハウと、
本当に「これでもか!」というくらいのノウハウが、
あらゆる角度から敷き詰められていますので、
このマニュアル1つを取っても本当に素晴らしい教材だと思います。


これだけのツールとマニュアルがセットで、
価格やフォローブースター、フォローマティックより、
初回アクセス時の特別価格なら「安い」わけですから、
もう「これを買わない理由」はハッキリ言ってありません。


そこにフォローブースターにもフォローマティックにも付いていない
ビジネス面でのサポートにまで応じてくれるわけですから、
もう非の打ちどころのないツール兼教材になっていると思います。


ちなみにそのサポートをしてくれるのは、
販売元である株式会社イーブックジャパンの佐藤潤さん。


佐藤さんのブログは私もよく見ているのですが、
彼自身、非常に謙虚な姿勢が伝わってくる本当の実力者です。

>株式会社イーブックジャパン代表 佐藤潤オフィシャルブログ


そんな実績も実力もある人の個別サポートも付いて、
あの販売価格はハッキリ言って反則だと思います。


他の高額なアフィリエイト塾が完全に霞みますね。


ツイッターツールとしても、
またアフィリエイト教材としても推奨出来る、
優れたツイッターツール兼マーケティング教材だと思います。

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)


Twitter Brain 推奨特典&アフィリエイター

この「Twitter Brain(ツイッターブレイン)」については
下記、いずれかのアフィリエイターさんの特典購入がお勧めです。


>Twitter Brain(ツイッターブレイン)+井上太一さん限定特典

(井上太一さんの提供特典)
・井上式ツイッターマーケティングマニュアル

・ツイッター×トレンドキーワードマニュアル

・ツイッター×トレジャーキーワードハンティングマニュアル

・井上太一「Twitter Brain」使用事例マニュアル

・「Twitter Brain」アフィリエイト戦略マニュアル


>Twitter Brain(ツイッターブレイン)+銀次さん限定特典

(銀次さんの提供特典)
・意外と誰も教えてくれない
 ツイッターをアダルトアフィリエイトで活用する合理的な方法

・そのポイントを間違うと全く稼ぐ事が出来ない
 ツイッターとアダルトブログを連携させる際のポイント

・最高水準のツールを使い倒す、
 Twitter Brainをアダルトアフィリエイトでフル活用していく方法

・エロにお金をつぎ込む可能性の高いユーザーを、
 次から次へとバンバン掻き集める為のフォロワー収集キーワード

・そのフォロワーが思わず飛びついてくる
 「Twitter Brain」における取り込みBOTキーワード

・その手軽さからは考えられない程の収益率を発揮させる
 ツイッターからのアクセス誘導に適したアダルトブログの作り方

・ツイート→ブログ→アダルトサイト→成約。
 この流れを欲望のままに突き進める
 男の欲望を刺激してやまない誘導テクニック

・出来る限りツイッターのアカウント凍結は避けていく合理性、
 アカウント凍結を受けない為のアダルトツイート、
 アダルト画像の境目とポイント


どっちもかなりハイクオリティな特典マニュアルです。


王道的なアフィリエイトへの有効活用や
広くマーケティングに活用していきたい場合は井上さん。


アダルトアフィリエイトに活用していきたいなら銀次さんですね。


自分に見合った特典の方を選んでみて下さい。


どちらから購入してもハズレはありません。


そもそもツイッターブレインというツールが「当たり」ですから。


それではまた次回。


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ