ネットビジネスにおける「物販ビジネス」のメリット、デメリット。

ネットビジネスというくくりの中には、
幾つかのビジネスモデルが挙げられると思いますが、
それをおおよそ大きく分類するとネットビジネスはおおよそ


・広告ビジネス
・物販ビジネス



この2つに分けられると思います。


現に私は「2足わらじのIT社長」というブログタイトルの通り、
まさにこの2つのネットビジネスの両方をかじっているわけですが、
今日はこの2つのうちの「物販ビジネス」のついて、
そのメリット、デメリットや「稼ぎ易さ」等をお話ししていきます。

ネットビジネスにおける「物販ビジネス」講座

物販ビジネスは文字通り「モノ」を扱うビジネスで、
基本的には「何かを仕入れて売る」というのが主な流れになります。


1からモノ(商品)を作る術やルートを持っていない限りは、
既に出来上がっているモノを仕入れて売っていくのが物販の基本です。


ネットビジネスの業界における「物販」は主に、
ヤフーオークションなどのネットオークションサイトや
アマゾンなどのショッピングモールを利用した


「せどり・転売」


が主流で、王道的なものは本やCDを扱うものだと思います。


ブックオフなどのリアルな市場で仕入れてネットで売るというものですね。


今は完全在宅形式で「ネットで仕入れてネットで売る」という、
電脳せどりのノウハウもある程度、確立されていますが、
基本としては「仕入れて売る」というのが一連のプロセスです。


あとはインターネットの普及によって、


・海外からの仕入れ(輸入)

・海外への転売(輸出)



なども容易に行えるようになった事で、
ネットを利用した物販ビジネスをやっている人の中には、
輸入や輸出を行っているバイヤーも増えて来ています。


というか、私もその一人です(笑)


ただ、私の場合は「中古車の輸出」なので、
かなり特殊な市場で転売をしている方だと思います。


ちなみに私は国内の市場のみを対象にしても
中古車の仕入れと転売を「ネット」で行っていますので


「中古車を扱うネットせどり」


をやっていると言っても過言ではないわけです。


中古車の転売は物凄くハードルが高いと思われがちですが、
そこが実はこの市場が「狙い目」なところで、
需要は間違いなく「ある」市場に対して、
CDや本などのせどり市場に比べてれば


「個人業者」


の競合がは圧倒的に少ない為、
そういう意味では物凄く稼ぎ易い市場の1つだと思っています。


実際は駐車場1つと10万、20万円くらいの資金からでも
普通に始められてしまうビジネスモデルですので、
普通のCDや本のせどりをやるよりは遥かに成功率は高いと思います。


もし、私の中古車転売ノウハウに興味がありましたら、
一度、こちらの中古車転売講座の方を読んでみてください。


実は誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ


では、私を戻して物販ビジネスにおける、
メリット、デメリットについてです。


「物販ビジネス」におけるメリット、デメリット

「物販ビジネス」の主なメリットは、


・既存の売買サイトを利用できる。

・自分でサイトなどを持つ必要が無い。

・そういうサイトへの集客などの必要も無い。

・基本的に現金収入



と、こんなところではないかと思います。


対してデメリットは


・最低限、仕入れ等の資金が必要。

・在庫等の保管や管理が必要。

・売れた商品の出荷等に手間がかかる。



と、こんなところですね。


メリットとして大きのはやはり、


「既存の売買サイトを利用していける事」


で、サイトやブログなどを自分で運営していったり、
そこへの集客などが必要ないところだと思います。


大抵、ネットビジネスを始める人が最初にぶつかる壁は
サイトなどを自分で作っていく事だったり、
そこへの集客をしていく事だったりします。


実際にそれがなかなか出来ずに挫折してしまうわけです。


ただ物販ビジネスはその辺りを予めクリア出来るというか、
根本として「気にせずに」進めていく事が出来ます。


それは既存のオークションサイト(ヤフーやモバオクなど)や
ショッピングサイト(アマゾンや楽天など)などが、
既に圧倒的な数の見込み客を集めてくれているからです。


既にお客さんが集まっているところに、
そのまま商品を出品して売り込んでいけるわけです。


そしてそれが売れていけばすぐにそれが現金化していくわけですね。


ただそういう商品を保管する場所や出荷する手間、
あとはその仕入れ資金などが必要になりますので、
それがデメリットと言えばデメリットです。


ただ、ここ最近は


「BUYMA(バイマ)」


などの「無在庫出品」をウリにするサイトも出て来ていますので
仕入れ資金やそのリスクを排除したビジネスも展開出来るようになっています。


・・・が、この「BUYMA」については、
そうそう甘くは無い落とし穴もありますので、
そちらについてはこちらのブログ講座を参考にしておいてください。


BUYMA(バイマ)で稼ぐノウハウ、情報商材についての苦言


結論的に言えば、この「BUYMA」を利用した、
無在庫を前提にする転売ビジネスはあまりお勧めしません。


普通の転売で稼ぐよりも「実際に稼ぐ為」には
高いハードルがあるからです。(詳しくは先ほどのブログ講座で。)


リスクが無い事は事実ですが「稼ぎ易さ」とは無関係というか、
それ以上の「稼ぎにくさ」があるという事ですね。


それこそどうしても「無在庫」で「リスク無く稼ぎたい」というなら、
私がお勧めするのはそれこそ「中古車の輸出ビジネス」です。


これについては実は「資金」も「在庫」も要りません。


もし興味があれば一度、こちらのブログ講座を読んでみてください。


資金0円からの中古車転売ビジネス


それこそ「BUYMA」を利用したビジネスなどよりは
遥かに現実的で「旨味」があると思います。


ただ、この「BUYMA」や「中古車の輸出ビジネス」が
インターネット市場ならではの特殊なサイト、市場というだけで、
本来、物販ビジネスは「仕入れて売る」というのが基本です。


その観点で見ると物販で「成功する為の鍵」としては、


1、いかに利益の出せる商品を安く仕入れられるか。

2、いかに仕入れた商品を高く売るか。



この2つが「全て」と言っても過言ではありません。


これは先立つ仕入れが不要な「BUYMA」や
私の「中古車の輸出ビジネス」でも実際は同じ事で、
結局は「仕入れ値」と「転売額」の差額が利益になります。


あとは、


転売時の差額利益 × 転売数


がそのまま「利益」になっていくわけです。


そこに考慮していく必要があるのが「時間」と「労力」ですね。


1つの商品の仕入れと転売に異常な労力と時間がかかってしまっては、
それに見合う利益を生み出していけない事には意味がありません。


まあ、それを突き詰めていった結果として、
私が「最も効率的に稼げる」と判断した市場が


「中古車転売市場」


だったわけです。


ただ、本やCDのせどり等でも実際に稼いでいる人はいますし、
せどりは「おもちゃ」や「家電」や「ブランド物」でも成り立ちます。


せどらーやバイヤーの中には


「自分が好きな商品を扱っている」


という人も少なくありません。


というか、それも私です(笑)


もともと中古車の転売を始めたのも、車好きだったからなので。


実際、今も仕入れた車を好き勝手に乗り回しては、
自分が次に乗りたい車を仕入れているような事もよくやっています。


例えばこういった車はまさに「乗りたい」が為に仕入れて、
実際に散々乗った後に転売していった中古車です。
(全て実際に販売していた際に使っていた画像です)


Mercedes-Benz SL500 BRABUS(メルセデス・ベンツ)
SL


Lexus LS600hL(レクサス)
LS600hL


Bentley Continental GT(ベントレー)
GT


ただ、実際に好き勝手乗り回した後に転売しても
1台あたり20~50万円くらいの「利益」を抜いてますので、
中古車の転売は実際、たった1台の売買だけでも、
普通のサラリーマンくらいの収入を稼げてしまうんです。


これをやってしまうと、ハッキリ言って、
本やCDのチマチマした転売なんてやってられなくなりますよ(笑)


・・・というか、「物販ビジネス」の話が
大半が自分の「中古車ビジネスの話」になってしまいましたが、
実際、私の中で最強のネット物販は「中古車転売」だと思ってますので
これはこれでとくに嘘は全く言っていません。


何にせよ以上が私が考える「物販ビジネスのメリット、デメリット」です。


もし、私の中古車転売ノウハウに興味がありましたら、
一度、こちらの中古車転売講座の方を読んでみてください。


実は誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ


それでは。


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ