完全在宅、ネット完結型のせどり情報商材、転売ノウハウの落とし穴。

せどり、転売系のビジネスは、今は完全にネット完結できる時代です。


ですので、そのノウハウを提唱するような情報商材も、


・完全在宅型のネット完結が可能なノウハウを提唱するもの

・リアルな店舗に足を運んでの仕入れが必要なノウハウを提唱するもの



この2つに大きく分類される傾向にあります。


ただ、普通に考えると、


「お店に足を運んで、その店舗で仕入れをする」


というような事をあえて「したい」という人は少ないと思いますので、
商品の仕入れ、転売はネット完結できるに越した事はないはずです。


ですが、そんな


「完全在宅で取り組めるネット完結型のせどりノウハウ」


や、そういったノウハウを提唱する情報商材には、
決して見過ごすべきではない


『落とし穴』


と言えるものがありますので、今日はその話をさせてください。


とくにせどり、転売系の情報商材にお金を出している人や、
そういった情報商材を購入して実践している人。


あとは、そういった情報商材の購入を検討している人などには、
間違いなく「色々な意味で」有益な情報になるはずです。

完全在宅、ネット完結型のせどり情報商材、転売ノウハウの落とし穴。

それこそ私がやっている「中古車転売」も商品の特性上、
仕入れた中古車の確認や「納車」の際には外出する事もありますが、
基本的な「仕入れ」と「転売」は全てネットで完結していますので、


「完全在宅型のネット完結が可能な転売ビジネス」


に分類されるものになります。


本やCDを完全にネット転売できるノウハウを実践している人でも、
商品の配送時などに郵便客やポストに足を運ぶ事があるのと同じ理屈ですね。


要するに、せどりや転売系のビジネスにおける「ネット完結」は、
その「仕入れ」と「転売」をネットで完結できるかがポイントであり、
これら一連の転売の流れをネットで完結できるものは、


「完全在宅で取り組めるネット完結型のノウハウ」


に分類される事になるわけです。


ですが、そんな「ネット完結型の転売ノウハウ」というのは、
せどり、転売を題材する情報商材の中でも非常に「数」が少なく、
その中で「本物」と言えるノウハウは本当に数えるほどしかありません。


ただ、これは当然と言えば当然の理屈で、
ネットで仕入れと転売が完結できてしまうという以上、
そのノウハウが「情報商材」という形で公開されてしまうと、


・全員が同じサイトで同じような商品を仕入れ始める状況

・全員が同じサイトで同じような商品を転売し始める状況



この2つの状況が重なってしまう可能性が極めて高くなる為、
たちまち、そのノウハウの実践者同士で競合が起きてしまうからなんです。


その商品の仕入れ方や転売方法を「ノウハウ」として提唱する以上、
同じような商品を同じように仕入れる人が増えて競合するのは当然です。


ですので、仮にその情報が「本当に稼げるノウハウ」だったとしても、
その仕入れの対象となるサイトや商品が絞り込まれていればいるほど、


・そのノウハウを実践する人同士の「仕入れ」時点の競合

・そのノウハウを実践する人同士の「転売」時点の競合



この2つの競合が起きて、そのノウハウはすぐに使えなくなります。


というか、そうなる事が普通に目に見ていますので、
本当にネットで完結できるノウハウで稼いでいるような人は
そのノウハウを情報として売るような事は、まず「しない」わけです。


自分自身の「喰いぶち」をみすみす水に流すようなものですから。


ですので、そういった「ネット完結型」のせどりノウハウ、
転売ノウハウを提唱しているような情報商材は、


・そのノウハウ自体が根本的に机上の空論でしかないもの

・仕入れ、転売の肝心なポイントを抽象化している(明確にしない)もの



このどちらかである場合が「ほとんど」なのが現実です。


そもそも「情報商材」として売る為のノウハウを
それらしくでっち上げているだけの「机上のノウハウ」か、


「仕入れの肝」


となるような部分をあえて「ぼんやり」とマニュアル化して、


・どういうサイトで仕入れをするのか

・どういう方法で稼げる商品を見つけるのか

・どういう基準で商品の仕入れを判断するのか



といったところを明確にしない事で、
競合による市場への影響を回避しているか。


基本的にはこのどちらかのパターンで、
それが「どちらのパターン」であったとしても、
その情報商材を買った人は「稼ぐ事が出来ない」わけです。


その「落とし穴」を避けられるノウハウが狙い目。

ただ、ここで私がお伝えした、


「ネット完結型の転売ノウハウ、情報商材の落とし穴」


は、全てのせどり、転売系のノウハウや情報商材に該当するわけではなく、
しっかりとその「落とし穴」を避けられているものもあれば、
根本的にその落とし穴が存在しないようなものも無いわけではありません。


例えば、私がやっている「中古車転売」のノウハウなどは、
このブログでも、そのノウハウのポイントを普通に無料公開する形で、


「中古車転売のススメ」


と題して、中古車バイヤーを増やす為の講座を展開しています。


また「ネット完結」が前提の中古車転売の教材も紹介してますし、
そこには私が実践している「ネット完結」で取り組めるノウハウも


「特典マニュアル」


という形で提供したりもしています。


ですが、私が推奨している教材も私が提唱しているノウハウも、
ここで挙げたような「落とし穴」は普通に「回避」できているんです。


というより「中古車市場」に関して言えば、
その「落とし穴」自体が実質的に存在しません。


理由は幾つかありますが大きなところで言えば、


・本やCDのせどり等と違い、参入者自体が極端に少ない事

・1台の仕入れ単価、売買単価が高目なので競合しにくい事

・その上で市場が「膨大」なので、ほぼ競合のしようがない事

・少なくとも私の資金以上の市場が今も膨大に広がっている状況にある事



といったところであり、商品の性質や単価自体が、
多くの人が取り組んでいる本やらCDの転売市場と異なる為、
中古車市場は到底、そのモノサシでは測れないわけです。


それこそ私のノウハウも私が推奨している教材の転売ノウハウも、
10億の資金があれば10億円分の展開、
100得円の資金があれば100億円の展開が出来るものなので、


「既に自己資金があり余っている状況にあり、
 その市場、ノウハウにおける市場の余白がもう無い」



というのであれば、そのノウハウ等を
第3者等に提供するメリットは何も無いと言えますが、
私達の対象にしている中古車市場やそのノウハウは、
これとは真逆な状況にあるというのが紛れも無い「現実」です。


現実として、それくらいの「膨大な市場」が目の前に広がっていれば
それこそ、そういう市場を対象とするノウハウは
情報として公開しない事の方が普通に「損」だと思います。


その市場を対象に「転売で稼ぐ」という点のみを言えば、
あくまでも自分の資金内でしか稼いでいく事は出来ないんですから、
それ以上の膨大に有り余っている市場はノウハウをシェアして
情報を提供する事で稼いだ方が「得」というものです。


要するに、参入者自体が極端に少ない「中古車市場」のような


「特殊性のある膨大な市場」


を対象にしたものなら「ネット完結型」のノウハウや情報であっても、
ここで挙げたような「落とし穴」を回避できる余地もあれば、
根本として、そんな落とし穴が「無い」というケースも考えられます。


ですが、決してそのような特殊性の無い狭い市場や、
既に競合しているせどらー、バイヤーが溢れている市場が対象の場合、
そのような市場を対象とするネット完結型のノウハウ、情報商材には


「ポッカリと空いた落とし穴」


がある可能性が高いと言えますので注意が必要です。


それこそ、そのような、せどらー、バイヤーが溢れている市場が対象で、
本当に「稼げるネット完結型のノウハウ」を提唱している情報商材は、
私の知る限りでは、この「せどりインサイダー」くらいじゃないかと思います。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


それこそ、このノウハウはしっかりその「落とし穴」を回避してます。


そして、その「落とし穴を回避できるノウハウ」が、
普通に「無料」でそのまま公開されていますので、


「そこに納得できた人だけが参入すればいい」


という、非常に良心的なスタンスの教材ですから、
こちらの「無料マニュアル」だけでも読んでみてください。

>次世代せどりメソッド「せどりインサイダー」無料マニュアル


要するに、このせどりノウハウを提唱している側も
その「落とし穴を回避できるノウハウ」に対して、
絶対的な自信を持っているという事です。


そうでなければ、こういう形ではノウハウを公開できませんからね。


そういうところを踏まえても、その辺に転がっているような、
せどり、転売系のノウハウ、情報商材とは「ワケが違う」という事です。


ちなみに扱う商品は「音楽CDオンリー」なので、
敷居は決して高くはないと思います。


私が提唱する「中古車転売」などよりは遥かに(笑)


ただ、もし、中古車転売や輸出転売に興味があれば、
以下に無料のブログ中古車転売講座を公開していますので、
こちらの方も是非一度、目を通してみてください。

>橋本の中古車転売ビジネス講座


以上、今日は、完全在宅、ネット完結型のせどり情報商材、
転売ノウハウの大きな「落とし穴」についてでした。


是非、参考にしてください。


橋本


橋本のメールマガジン
私、橋本の無料メールマガジンです。

主に発信しているのはネットビジネスで稼ぐ為のノウハウなどですが、
たまに中古車転売や“あのビジネス”の裏話なんかも発信してます。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

2足わらじのIT社長、橋本のメールマガジンはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

橋本プロフィール

橋本の画像

 

ネットビジネスと中古車転売、
2足わらじの会社経営者です。

夏はサーフィン、冬は仕事。
3億円貯めたらセミリタ予定。

プロフィール詳細はこちら

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ