移動平均線とテクニカル分析。基本的な使い方と有効性。


ここではテクニカル分析の代表的なインジケーターの1つである、

「移動平均線(Moving average)」

について、基本的な使い方や有効性の根拠などを解説していきたいと思います。

移動平均線によるテクニカル分析の基本的な使い方と有効性。

移動平均線は、一定期間のレートの「平均値」を計算して、
その値をグラフにしてチャート上に表示するインジケーターです。

↓↓↓

時系列で進んでいくチャート上に平均値の推移を表示し、
それらを線で結んでいくと、そのグラフはチャートの進行と共に

「常に右側へ最新の平均値を更新しながら移動していく形」

になります。

よって、この「平均値」がどんどん上向いている状況にある場合は、
相場全体の流れが「上昇傾向にある」という見方をするのが一般的で、
移動平均線が下向いている場合は「下降傾向にある」という見方になります。

(移動平均線が上向き:相場の流れは上方向)

(移動平均線が下向き:相場の流れは下方向)

また、現在レートが移動平均線よりも「上」にある場合。

↓↓↓

この移動平均線の「平均値」の対象となっている期間内においては、


 ・トレーダー全体の平均的な買いポジションに対して含み益が出ている
 ・トレーダー全体の平均的な売りポジションに対して含み損が出ている


という見方をする事が出来ます。

対して、現在レートが移動平均線よりも「下」にある場合。

↓↓↓

その平均値の対象となる期間内においては、


 ・トレーダー全体の平均的な買いポジションに対して含み損が出ている
 ・トレーダー全体の平均的な売りポジションに対して含み益が出ている


という見方をする事が出来るわけです。

よって「移動平均線」というテクニカル指標は、


 ・その向きによる「相場全体の流れ(トレンド)」の指針
 ・現在レートとの位置関係による「ポジション全体の損益状況」の指針


といった見方、使い方を前提とするのが一般的かと思います。

ただ、どちらの見方、使い方をする場合においても「移動平均線」は、

「その平均値を算出している期間のみを対象とした指針」

でしかないため、その向きや形状、現在レートの位置関係などは全て、
どれくらいの期間を対象とする移動平均線を表示させるかで変わってきます。

つまり、短時間、短期間の移動平均線は「短期的な平均指標」となり、
また、長時間、長期間の移動平均線は「長期的な平均指標」となるため、


 ・短期的な平均値を指針とする場合のトレンド方向や現在レートの位置関係
 ・長期的な平均値を指針とする場合のトレンド方向や現在レートの位置関係


これらが以下のように「真逆な形」になる事も、実際の相場ではよくあります。

↓↓↓

このような場合はどちらの移動平均線をチャートに表示しているかで、
その時点の「相場の流れ」の捉え方も真逆になってしまうわけです。

故に、実際に移動平均線を利用しているトレーダーの多くは、


 ・短時間、短期間の移動平均線
 ・長時間、長期間の移動平均線
 ・その中間に位置する移動平均線


このような複数の移動平均線をチャート上に同時に表示させた上で
短期、長期、双方の移動平均線の動向を併せて分析している傾向にあります。

そのようにする事で、

・短期間の移動平均線から捉える事ができる短期的な相場の動向
・長期間の移動平均線から捉える事ができる長期的な相場の動向
・その中間の移動平均線から捉える事ができる相場の動向

これらを複合的に分析して、その動向が一致する状況を狙うなど、
複数の移動平均線に沿ったトレードを行っている傾向にあるわけです。

移動平均線は短期~長期の「複合分析」が有効。

それでも「移動平均線」の向きや形状は、


 ・移動平均線を表示させる時間足チャートの違い
 ・そこに表示させるパラメーター(設定期間)の違い


などで全く異なるものになるため、

・短時間足チャートに表示させた短期間の移動平均線
・短時間足チャートに表示させた長期間の移動平均線
・長時間足チャートに表示させた短期間の移動平均線
・長時間足チャートに表示させた長期間の移動平均線

これらはいずれも全て異なる移動平均線となりますし、
その設定期間のパラメーターのわずかな違いでも、


 ・移動平均線の向きが変わるタイミング
 ・現在レートと交差するタイミング


などにも大なり小なりの「ズレ」が生じていく事になるため、
そのズレが勝ち負けを左右していく事もないわけではありません。

故に、移動平均線は、どの時間足チャートに、
どのようなパラメーターの移動平均線を表示させるのか。

また、短期間、長期間、それぞれのパラメーターを
どのように設定して組み合わせていくのか。

そこがまず大きなポイントでもあるため、

「移動平均線を表示させる時間足とパラメーターの設定」

について、以下の記事を併せて参考にしていただければと思います。

移動平均線を極める決め手は時間足とパラメーターの期間設定

***

尚、私が推奨している『FXism及川デイトレ大百科』のトレード手法は、
まさに「移動平均線」のみを用いた非常に有効なノウハウとなっていますので、

『移動平均線を使った有効性の高いトレードノウハウ』

に、ご興味があれば、以下の記事も併せて目を通してみてください。

FXism及川デイトレ大百科「天才チャート」批評と特典案内。

ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ