移動平均線を極める決め手は時間足とパラメーターの期間設定


移動平均線は「平均値」をチャート上に表示する指標のため、
その「平均値」を求める「期間」の方を設定する必要があります。

その平均期間の設定値の事を「パラメーター」と呼び、
ローソク足チャートに移動平均線を表示させる場合には、

「ローソク足何本の終値を平均した移動平均線を表示するのか」

といった前提で、その「期間設定」を行うわけです。

ただ、その「期間設定(パラメーター)」に準じた移動平均線がチャートに表示される以上、
実際に表示される移動平均線の「形状」は、その設定値によって大きく変わってきます。

その「形状」が異なれば、その移動平均線を踏まえた上でのテクニカル分析や、
それを踏まえたトレード判断や売買のポイントも変わってくる事になるため、
移動平均線を使ったトレードはパラメーターの設定値をどうするかで、
その勝ち負けや損益も大きく変わってしまう可能性があるわけです。

移動平均線の決め手は「時間足」と「パラメーター」

また、移動平均線のパラメーターを「ローソク足の本数」で設定する以上、
その「形状」は移動平均線を表示するチャートの「時間足」にも左右されます。

つまり「移動平均線」というインジケーターは、

・移動平均線を表示させるチャートの時間足
・平均値を求めるローソク足の本数指定(パラメーター)

この2つの違いで全く異なる移動平均線になってしまうという事です。

例えば、1時間足のチャートに「ローソク足25本分の移動平均線」を表示させた場合、
それは『25時間分の値動きを平均した値による移動平均線』となります。

ただ、5分の足チャートに同じ「ローソク足25本分の移動平均線」を表示させた場合は、
それは『125分(約2時間)の値動きを平均した値による移動平均線』になるわけです。

つまり「パラメーターの設定値」が全く同じでも、チャートの時間足が異なれば、
そこに表示される移動平均線も、根本的に「別モノ」の移動平均線となります。

故に移動平均線の実用においては、多くのトレーダーが、

「どのようなパラメーター(期間設定)が最善なのか」

という疑問を一度は抱くものの、そこは「パラメーター」だけの話ではなく、

「どの時間足チャートにどのようなパラメーターの移動平均線を表示させるべきか」

というところまでを追及しなければ、移動平均線を「極める」ことは出来ません。

とは言え、そこには確固たる「答え」のようなものは無いに等しく、
そこに確固たる答えが無いからこそ、多くのトレーダーは、

「短期~長期の複数の移動平均線を表示して複合的な分析をする」

という方法で、複数の移動平均線を組み合わせて利用している傾向にあります。

とは言え、このような「複数の移動平均線を組み合わせて利用する」としても、

・短期間の移動平均線のパラメーター(設定期間)をどうするのか
・長期間の移動平均線のパラメーター(設定期間)をどうするのか
・それらをそれぞれ何本、組み合わせるのか

といった判断はいずれにしても必要となります。

その上で「多くのトレーダー」が用いているパラメーターの設定値としては、


 ・20MA、60MA、120MA、240MAなどの20の倍数を主とするパラメーター設定
 ・25MA、75MA、150MA、300MAなどの25の倍数を主とするパラメーター設定


このような数値設定が「一般的」と言われています。

なぜ、20の倍率、25の倍率なのか。

この「20の倍率」「25の倍率」にあたる移動平均線のパラメーターは、
もともとのテクニカル分析の発祥元である「株式相場」において、

「株の売買を行える営業日の日数から算出された値」

と言われています。

今現在の株式相場、為替相場などは土日はマーケットがクローズとなるため、
週5日間の計算で1カ月を4週間とする場合の営業日数が


 週5日 × 4週間 = 20日間

となり、この「1カ月間のサイクルが重要」という考え方から、

・20日間の移動平均線(1カ月サイクル)
・60日間の移動平均線(3カ月サイクル)
・120日間の移動平均線(6カ月サイクル)
・240日間の移動平均線(12カ月サイクル)

これらの移動平均線がテクニカル分析の重要な指針になるとされています。

ただ、以前の株式相場は「土曜」も取引を行う事が出来たらしく、
その頃は週6日間の計算で1カ月を4週間とする場合の営業日数が


 週6日 × 4週間 ≒ 25日間

となり、この「1カ月間のサイクルが重要」という考え方から、

・25日間の移動平均線(1カ月サイクル)
・75日間の移動平均線(3カ月サイクル)
・150日間の移動平均線(6カ月サイクル)
・300日間の移動平均線(12カ月サイクル)

これらの移動平均線がテクニカル分析の重要な指針になるとされていたわけです。

よって、今現在の株式相場、為替相場の営業日数で言うなら、
週5日の計算に基づく移動平均線の方に合理性があるようにも思えますが、

「週6日周期の移動平均線がすでに『スタンダード』として定着している」

という考え方で、今現在の営業日の日数がどうこうという考え方より、
それまでに「定着」したものをそのまま使っているトレーダーも少なくありません。

これらのパラメーター設定のもともとの由来はそういうものらしいのですが、
結果的として、これらの数値が「オーソドックスな設定数値」とされているため、
今現在も「右へならえ」で、これらの数値を設定しているトレーダーが多い傾向にあります。

それこそ「営業日数」に由来している20や25の倍率によりパラメーター設定は、
1日足のチャート上に表示させる1カ月~12カ月周期の移動平均線であれば、
その「営業日数の由来」がそのまま当てはまりますが、

・1分足のチャートに表示させる移動平均線
・5分足のチャートに表示させる移動平均線
・4時間足のチャートに表示させる移動平均線

これらの時間足チャートに表示させる移動平均線に関して言えば、
20の倍率、25の倍率に「営業日数」といった概念はもはや何の関係もありません。

ですが、これも同じ理屈で、

「20、25の倍率でパラメーターを設定する事が移動平均線のスタンダード」

という論理?から、どの時間足のチャートにおいても、移動平均線は、
やはり、それらの数値を設定しているトレーダーが多い傾向にあり、

「多くのトレーダーと同じ移動平均線を見る事に意味がある」

という考え方も含めて、


 ・20MA、60MA、120MA、240MAなどの20の倍数を主とするパラメーター設定
 ・25MA、75MA、150MA、300MAなどの25の倍数を主とするパラメーター設定


これらの移動平均線を「組み合わせて使う」のが一般的となっているわけです。

多くのトレーダーと同じ移動平均線に着目する。

今回、言及した「移動平均線」に限らず、テクニカル指標においては、

・多くのトレーダーが特定の指標に沿った予測を同じように行う
・その予測に沿った売買を同じように行う

という状況に至れば、それが実際の「値動き」を作り出していく事になります。

その上で『移動平均線』はチャート上に表示させているトレーダーが非常に多いため、

「そのような指標の動向そのものが値動きに影響を及ぼす余地もある」

と考えられます。

だからこそ、短期、長期で、多くのトレーダーが目にしているであろう、
幾つかの移動平均線が一致した方向性を示すようなケースほど、
テクニカル指標としての優位性も高くなるという考え方が成り立つわけです。

***

尚、私が推奨している『FXism及川デイトレ大百科』のトレード手法は、
まさに「移動平均線」のみを用いた非常に有効なノウハウとなっていますので、

『移動平均線を使った有効性の高いトレードノウハウ』

に、ご興味があれば、以下の記事も併せて目を通してみてください。

FXism及川デイトレ大百科「天才チャート」批評と特典案内。

ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ