テクニカル分析とファンダメンタル分析はどっちを勉強すべき?


FXやトレードを行っていく際、誰もが一度は、

・テクニカル分析
・ファンダメンタルズ分析

この2つの「どちらか」または「両方」という選択をして、
これらを勉強していく道を辿っていくものだと思います。

ただ、投資家、トレーダーとして「成功できるか否か」は、
これらの「選択」の段階で大きな岐路に立っているのが実情で、
この「選択」は、その先の道筋を大きく変える事になります。

ただ、これは「どっちが有効でどちらが使えない」という話ではなく、

『目指すべき投資スタイル、トレードスタイルに見合ったものを選ぶ』

というのが極めて重要なポイントになりますので、
今回は、このテクニカル分析とファンダメンタルズ分析について、
どっちを勉強していくべきなのかの「視点」などをお話ししていきます。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析はどっちを勉強すべきか。

バイヤーとトレーダーの両方をやっている私の場合、
転売の「市場」と投資の「市場」の『違い』を捉えた上で、
それぞれの市場に応じた「攻略の糸口」を掴んでいくようにしています。

そのような考え方をする場合、投資の「市場」には、

「純粋な消費者による需要とそれに基づく売買」

というものが存在しません。

転売の市場は、むしろそれが「メイン」なのですが、
投資の市場に存在する「需要」とそれに伴う「売買」は、

「営利の追求を目的とする需要と取引(売買)のみ」

であり、そこが転売の市場とは大きく異なる部分と言えます。

その上で、投資の市場で実際に取引(売買)をしている人達は、

・利益を追及するための売買
・損失を避けるための売買

このどちらかの意図を前提に取引(売買)を行っているわけです。

要するに、その時点の「相場」を踏まえて、

「今後、値上がりが期待できそうだ」

と思えば、それを「買う」側に回っていきますし、

「今後、値下がりしそうだ」

と思えば、それを手にしている人達は「売り」に回りますし
証拠金取引(FX)なら「売りポジション」を建てる側にも回れます。

ただ、そこには常に「売る側の人」と「買う側の人」がいる事になるため、
誰かが「値下がりする」と思い、売りの方向で取引を進めていても、
誰かは「値上がり」を踏んで、買いの方向で取引を進めています。

つまり、全く同じものを投資の対象にしていくとしても、

『人によって売買における判断の基準や決め手は異なる』

という事です。

その上で「投資市場」においては、

・将来性、将来的な価値を分析した上での売買
・売り手と買い手の偏りや推移を分析した上での売買

この2つのいずれかの視点を前提とする売買が行われています。

そして、これらがまさに、

・ファンダメンタルズ分析(将来性、将来的な価値の分析)
・テクニカル分析(売り手と買い手の偏り、推移の分析)

に他ならないという事です。

「価値」を分析するのか。「売り買い」を分析するのか。

よって、その投資対象の将来性や将来的な価値を分析していく、
ファンダメンタルズ分析に重きを置いていくのであれば、

「長期的な売買を前提とする投資」

を行っていくべきだと思います。

対して、投資対象そのものの将来性などを分析するのではなく、
その時点の売り手、買い手の偏りなどを分析していく、
テクニカル分析に重きを置いていくのであれば

「短期的な売買を前提とするトレード(投機)」

が適している事になります。

要するに、ファンダメンタルズ分析は、
その投資対象の「将来性」などを分析していった上で、

「長期的な視点で買う側に回る人が増えていく」

といった判断の上で「将来的の価値(レート)」を分析していくもの。

対する、テクニカル分析は、そのような将来性などの見通しではなく、

「今、この瞬間の値動きの推移で買う側と売る側のどちらが優勢か」

という視点で売り買いの傾向を分析するもの、という事です。

よって、多くの人が「投資の対象」とするものには、

・ファンダメンタルズ分析に基づく売買とそれに伴う値動き
・テクニカル分析に基づく売買とそれに伴う値動き

この2つの値動きが存在し、この2つの基準に伴う売買が相乗して
相場における「値動き」を作り出している事になります。

ただ、それぞれに伴う売買は常に「一定」ではないため、

「ファンダメンタルズ分析に伴う売買が活発化している相場(タイミング)」
「テクニカル分析に伴う売買が活発化している相場(タイミング)」

が存在し、これは「その時々の相場状況によって異なる」のが実情です。

例えば「ファンダメンタルズ分析に伴う売買」は、

「その投資対象となるものの将来性を判断する何らかの要因」

が市場に出てくる事で、一気に活発化する事になります。

要するに、投資家達の何らかの情報源(ネットやテレビなど)に、
そういった情報が出回る事で、そのような状況が生まれるわけです。

近年で分かりやすいものを挙げるなら、

「アメリカ大手の投資銀行が倒産した!」(リーマンショック)
「株価が好調だったあのIT企業の社長が逮捕された!」(ライブドアショック)

といったもので、このようなニュース(情報)が市場に出てくる事で、
ファンダメンタルズの判断が偏る状況となり、相場が一気に動く事になります。

対して「テクニカル分析に伴う売買」については、
こういった事件などが直接的な要因になるわけではなく、

「値動きの推移状況から生じる売り買いの偏り」

にあたるものが「投資家心理」「統計」などの観点から生じるものであり、
これについては「統計指標」などから分析できるものになっています。

この「統計指標」が、いわゆる「テクニカル指標」にあたるわけです。

***

ただ、この「テクニカル指標」は、多種多様なものが存在するため、
実際のテクニカル分析に用いている指標はトレーダーによっても異なります。

とは言え、それらが全て「統計指標」である事に違いはないため、

「複数の統計指標が同じ分析結果と予測傾向を示すタイミング」

などがあれば、必然的にテクニカル分析に伴う売買も偏る形となり、
まさに、その「偏った方向」に相場が大きく動いていくわけです。

テクニカルとファンダメンタルズの相関関係。

ただ、1つここで「確定的に言える事」としては、
ファンダメンタルズ分析に伴う売買によって生じた値動きも、
それが「値動き」である以上は、それもテクニカル分析の対象となるため、

『ファンダメンタルズに伴う値動きがテクニカルに伴う売買の引き金となる』
(ファンダメンタルズに伴う売買がテクニカルに影響を及ぼす)

という事も、当然、ありえます。

ですが、これとは真逆の視点で「テクニカル」の方が、
ファンダメンタルズに影響を及ぼす事は基本的にありません。

よって、

「テクニカル分析にはファンダメンタルズに伴う値動きも織り込まれる」
「ファンダメンタルズ分析に対してはテクニカルが影響を及ぼすことはない」

という事であり、これは要するに、

・短期的な値動きはテクニカル分析のみでも十分に予測できる
・長期的な値動きをテクニカル分析で予測する事はできない

という事を裏付けている論理と言えます。

結論から言えば、長期的な値動きの予測に関しては、
まさにファンダメンタルズ分析こそが有効であり、
短期的な値動きのは、ファンダメンタルズに伴う値動きも含め、
それらを全て織り込んだ形となるテクニカル分析が有効という事です。

***

その上で、私が実際にを対象に行っているのは、

「テクニカル分析による短期トレード」

であり、現在は「ビットコインの相場」を対象とする、
証拠金取引(いわゆるFX)を主な収入源にしています。

とは言え、現状のスタイルは紆余曲折を経ての「今」なので、
もともとは、為替のFXや株のトレードなどもやっていました。

その頃はファンダメンタルズ分析を複合するような事もやっていたのですが、
そういった、いくつかの市場(相場)で試行錯誤してきた結果、

「ビットコイン相場を対象とするテクニカル分析が最も稼げる(稼ぎやすい)」

という結論に至ったというわけです。

ただ、この結論には「相応の理由」も「裏付け」もありますので、
その辺りについては以下の記事を併せて参考にしていただければと思います。

>株、為替のFXよりもビットコインのFXが圧倒的に稼ぎやすい理由

***

以上、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析についてと、
それぞれに適した投資スタイル、トレードスタイルについてでした。

その他、ビットコイン、トレード関連の講座も是非、併せて参考にしてください。

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ