仮想通貨、ビットコインFXのスプレッドと取引手数料の違い。


仮想通貨、ビットコインのトレードやFXを行っていく場合には、
売買レートの変動に伴う損益とは別に取引上の「コスト」が伴います。

そのような取引上のコストは実質的に、

・取引手数料
・スプレッド

この2つに分類されるのですが、仮想通貨の取引所では、


 ・取引手数料のみが表記されている取引所
・手数料は無料でもスプレッドによるコストが大きい取引所
・現物取引とFX(証拠金取引)で手数料体系が異なる取引所


などが混在しているため、この「取引コスト」が比較しにくい傾向にあります。

ただ「デイトレード」や「スキャルピングトレード」のような、
短期的な売買(トレード)でリターンを追及していく場合においては、

・取引手数料の有無と大小
・スプレッドの有無と大小

これらが実際に収益を左右する重要なポイントになってくるため、
これらは双方を踏まえて実際の「コスト」を把握する必要があります。

ですが、この「手数料」と「スプレッド」の具体的な違いが、
いまいちよく分からないというような人も決して少なくはないため、
この記事では、これらの「具体的な違い」を解説していきたいと思います。

仮想通貨、ビットコインFXのスプレッドと取引手数料の違い。

手数料とスプレッド、それぞれの「定義」としては、


 ・取引手数料:取引(売買)ごとに決められた条件で徴収される取引上の手数料
 ・スプレッド:取引(売買)時点における「売値」と「買値」のレート差


このようなものになるため「取引手数料」は文字通り、

「取引の際に徴収される手数料」

という事になりますが「スプレッド」は「手数料」とは異なります。

ただ、世間一般的にはスプレッドも「手数料のようなもの」と解釈されているため、

『FXやトレードでは「スプレッド」という呼び名の手数料がある』

というような漠然とした解釈でスプレッドを理解している人も少なくありません。

ですが「スプレッド」というのは、あくまでも、

「取引(売買)時点の売値と買値のレート差」

であって、これ自体は「手数料」とは全くもって異なります。

よって、まず「スプレッド」を理解するには、


 ・相場には「現在レート」が存在する
 ・現在レートとは別に「売値レート」と「買値レート」が存在する


ここをまずしっかりと整理して理解する必要があります。

それぞれの「定義」を示すと、


 ・現在レート:最後に取引(売買)が成立したレート
 ・買値レート:対象となるものを買う場合のレート
 ・売値レート:対象となるものを売る場合のレート


このようになり、全てが異なる場合もあれば、


 現在レート = 買値レート

となっている場合もあり、また、


 現在レート = 売値レート

となっている場合もありえます。

例えば以下は、某ビットコイン販売所(bitFlyer)の各取引レートですが。

↓↓↓

上記で言えば、

・黒枠部分の『418,631円』が現在レート(最後の取引レート)
・青枠部分の『440,272円』が買値レート(購入価格)
・赤枠部分の『418,048円』が売値レート(売却価格)

となっているため、全てが異なる金額になっている事が分かります。

その上で、この時の「スプレッド」は、


 買値レート:440,272円 - 売値レート:418,048円 = 22,224円(スプレッド)

という事になり、このような仮想通貨の『販売所』においては、
そのサイトの運営会社と利用者が取引(売買)を行う形になっているため、
売値レートと買値レートの差額(=スプレッド)が運営会社の利益になっています。

つまり、仮想通貨の『販売所』において言えば、


 ・販売所の運営会社が仮想通貨の「買取」を行っているレート
 ・販売所の運営会社が仮想通貨の「販売」を行っているレート

これらの「差額」が『スプレッド』を意味する事になります。

身近な例で言えば「ブックオフ」などが特定の本を買取している価格と、
その本を実際に店頭で販売している価格は異なるはずであり、
その「差額」も、ここで言う「スプレッド」に他ならないわけです。

スプレッド = 売値レートと買値レートの差額

ただ、仮想通貨の取引(売買)は上記のような『販売所』による売買とは別に、
サイトの利用者同士による『取引所』を介した取引(売買)も行える形になっています。

↓↓↓

上記が『取引所』の取引画面とその各取引レートであり、

・黒枠部分の『3,758,753円』が現在レート(最後の取引レート)
・赤枠部分の『3,760,476円』が売値レート(Ask)
・青枠部分の『3,758,753円』が買値レート(Bid)

となっているため、この時の「スプレッド」は、


 Ask:3,760,476円 - Bid:3,758,753円 = 1,723円(スプレッド)

となっていました。

上記のような『取引所』では右側にある「板」と呼ばれるパネル上に、
サイトの利用者がそれぞれ「売値」と「買値」を提示し合う形になるため、


 ・最も安いレートで出されている売り注文のレート
 ・最も高いレートで出されている買い注文のレート

これらの「差額」が『スプレッド』を意味する事になります。

よって、スプレッドは「売値レートと買値レートの差」である事に違いはないものの、


 ・販売所:運営会社側が提示している売値と買値の差額
 ・取引所:利用者が提示している最安値の売値と最高値の買値の差額


このような内情的な部分では、実質的な「違い」があります。

よって、販売所のスプレッドは「運営会社の利益」になりますが、
取引所のスプレッドは、あくまでも売値と買値のレート差でしかありません。

そのような視点で見ると、どうしても『販売所』はスプレッドが広くなり、
また、それが運営会社の利益になる分だけ、取引も「不利」になります。

対して『取引所』の方は、スプレッドが狭くなる傾向にあり、
それが「差額」でしかな内以上、取引が不利になるわけでもありません。

ただ『取引所』の方では、運営会社が取引ごとの「取引手数料」を徴収し、
そちらを運営上の収入源にしているケースが多い傾向にあります。

このように「取引手数料」と「スプレッド」では、コストの性質が全く異なるため、

『実際の売買でどれくらいのコストが発生しているのか』

という点をスプレッドと手数料の両方を踏まえて判断する必要があるという事です。

***

その上で、仮想通貨(ビットコイン)の販売所、取引所は全般的に、
取引手数料やスプレッドの条件がサイトごとに全く異なる傾向にあります。

ただ「ビットコインのFX(証拠金取引)」においては、


 ・スプレッドがほぼ無いに等しい
 ・取引上の手数料も実質的に無料にできる


という、かなり好条件な取引所が幾つか存在します。

少なくとも「株」や「為替」のFXで手数料とスプレッドの両方を避けた上で、
実質的に「コスト」が全くかからない形で取引を行っていく事は出来ないため、

『ビットコインのFXのみがコスト無しのトレードを行える』

という事です。

このようなビットコインFXの圧倒的なアドバンテージについては、
以下の記事で詳しく解説していますので併せて参考にしてください。

↓↓↓

株、為替、ビットコインFXの取引手数料とスプレッドの比較。

ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ