FXの両建てポジションに意味はある?ない?正しい使い方とは


FXでは「買い」のポジションと「売り」のポジションを、
それぞれ「同時」に持つ事ができる取引会社が幾つかあります。

買いポジションと売りポジションを同時に持つ事を「両建て」と言うのですが、
普通に考えると、この「両建て」はあまり『意味のない行為』と言えます。

双方のポジションを同じ数量分だけ持っている場合であれば、

・買いポジションの損益(上がれば利益、下がれば損失)
・売りポジションの損益(下がれば損失、上がれば利益)

この2つのポジションの損益は完全に「相殺」される事になるため、
結局のところ「得もなければ損もない状況」となるだけだからです。

ですが、それでも「両建て」を意図的に行っているトレーダーは多く、
当然、そのような「意図的な両建て」には相応の意味やメリットもあります。

ここでは、そんな「両建て」の意味やメリットについて解説していきます。

FXにおける「両建て」の意味、メリットについて

まず、あえて「両建て」を行う意味、メリットは以下のようなものになります。


 ・ポジションの生成、解消が間に合わないような早い値動きに対応できる
 ・利益を確定させるタイミングを遅らせる事で税金対策、節税対策ができる


厳密に言うと「両建て」のメリットはこの2つのみで、
仮にこれ以外の理由や目的で両建てをしているような場合は、

「意味のない(メリットの無い)両建てをしている」

という事になると思います。

それぞれのメリットを前提とする使い方について解説していきます。

ポジションの生成、解消が間に合わないような早い値動きに対応できる

そもそも「両建て」によって双方向の全く同じ数量のポジションを持った場合、
実質的には「ポジションを持っていない状況(ノーポジション)」と変わらないため、


 ・同じ数量の「売り」と「買い」のポジションを同時に建てる
 ・どちらかのポジションを先に建てて逆方向のポジションを後に建てる


このどちらであるとしても、同数量の両建てを行った時点で損益は相殺されます。

よって、実質的に「ノーポジションの状況」と同じになるのであれば、


 ・売りと買いのポジションを同時に建てる
  ⇒ そもそもポジションを建てなければ良い
 ・どちらかのポジションを先に建てて逆方向のポジションを後に建てる
  ⇒ そもそも先立つポジションを解消すれば良い

という事になりますから、ポジションを建てる時点で「スプレッド」が生じる分、

「むしろ両建てを行う事はデメリットしかない」

という見方もできます。

ですが、実際の相場の値動きの中には、リアルタイムな状況下では、
到底、その場で注文を通す事ができないような値動きが生じる場合もあり、


 ・値動きが早すぎて指値注文が通らない
 ・かと言って成行注文ではレートの急変動で不利なポジションになる
 ・急激な変動でスプレッドも広がり更に不利なポジションになる


といったケースが実際にありえます。

その上で、実際にトレードを行っていく場合に、

『予測通りに相場が動く場合はジワジワと動いていく可能性が高い』
『予測通りにある程度でも相場が動けば逆方向に動く可能性はほぼ無くなる』
『予測と逆方向に動く場合は一気に動いた後に戻ってくる可能性が高い』

このような予測を前提とするような高い状況でポジションを建てるのであれば、
ひとまずは「両建て」で買いと売りの双方向のポジションを建てておく事で、


 ・相場が予測通りに動き、逆方向に動く可能性が薄くなった
 ⇒ もともとの予測と逆方向のポジションのみを解消(損切り)する
 ・予測とは逆方向に案の定、相場が一気に動いた
 ⇒ もともとの予測と逆方向のポジションのみを解消(利食い)する

このような対応を取る事で「両建てポジション」を合理的に利用できるわけです。

ただ、言い方を変えると双方向のポジションを同時に建てる「両建て」は、
このような、かなり限定された相場の予測とその可能性が高いケースのみが対象となり、
尚且つ、その予測通りの値動きが実際に生じて初めて意味がある行為となります。

仮にそのような値動きを事前に「予測した」としても、その後の実際の値動きが、

「予測していた方向に物凄いスピードで一気に動いてしまう相場」

となってしまった場合、値動きの予測は的中したにも関わらず、
双方向のポジションを持ってしまっているため、利益を得られない事になります。

何より、上記で挙げたような、

・相場の方向
・相場の勢い

この両方を的確に予測できるようなトレーダーはそうはいませんし、
そのような予測の通りに相場が動くという事もそうそうありえません。

よって、ここで挙げた「両建て合理的な使い方」については、
理論上は、このような使い方が「合理的」という事にはなりますが、

「実際の相場でこのような使い方ができるトレーダーはいないに等しい」

というのが現実ではないかと思います。

よって、現実的、実用的な「両建ての有効な使い方」にあたるのは、
もう1つの「税金対策」「節税対策」に利用していく方だと思います。

利益を確定させるタイミングを遅らせる事で税金対策、節税対策ができる

これは両建てによるポジションを同時に建てるのではなく、状況としては、

「十分な含み益が出ているポジションに対して逆方向のポジションを建てる」

という使い方が基本となります。

これは「含み益が出ているポジションの解消(利確)」という工程を、
あえて「同じ数量の逆方向のポジションを建てる」という工程で代用し、

「両建てによって損益を固定できる状況」

を作り出すわけです。

これによってトレードの損益に「確定利益」を反映される事なく、
あくまでもポジションを保ったまま「含み益」を残せる形になります。

仮にそこから相場がどのように変動していったとしても、
両建てを行った時点からは「損益」の変動は生じない形になるため、

「実質的には利確(利食い)を行った状況を作り出せる」

という事です。

ただ、ポジションを保って「含み益」を抱えている状況にあるうちは
実際のトレード損益に、その利益(含み益)が反映される事もありません。

そして、その「含み益」が「確定利益」とならない限り、
その「含み益」に対して「税金」がかかる事もないわけです。

基本的にFXにおける「税金(課税)」の対象となるのは、

「確定させたポジションに対する確定利益のみ」

となっていますので「含み益」に対しては税金はかからないんです。

ですから「両建て」を駆使して、利益を確定させない状況を作り、
常に「含み益」の状況で損益(利益)を固定させておけば、
その間については「課税」を免れる事ができます。

もちろん、これは「脱税」ではなく「節税」の範疇ですから、

「法律的な観点でも何の問題もなく行える節税行為」

です。

トレーダーがどのタイミングで含み益を確定させようと「自由」ですし、
どのようなタイミングで両建てポジションを建てようと「自由」ですからね。

ですが、これはあくまでも「利益の確定を先延ばしにしている」のであって、
いつかは「含み益」を「確定利益」にしなければお金が手元に入りません。

逆にお金を手元に引き出すような必要性がなければ、
この「両建て」を利用していく方法で「節税」を行えば

「納税によって資金を目減りさせてしまう」

という状況は、合法的に避けられるというわけです。

***

基本的にはここで挙げた2つの意味、メリットが考えられますが、
仮にこれ以外の意図、理由、目的で「両建て」を行っているとすれば、

「無意味な両建てで損失の確定を先延ばしにしているだけの状況」

に他ならないと思います。

ただ、そのような両建てはやればやるほど「スプレッド」の分が、
単なる「損失」として積み上げられていくだけの状況となっていきますから、


 ・ポジションの生成、解消が間に合わないような早い値動きに対応する目的
 ・利益を確定させるタイミングを遅らせる事で税金対策、節税対策を行う目的


この2つの目的以外での両建ては基本、行う意味もメリットもありません。

稀に自動売買を行うEAなどで、無意味な両建てを連発するものがありますが、
これこそ、まさに「損失の確定」を先延ばしにして「確定利益」だけを積み上げ、

「両建てを悪用してトレードで勝っているように見せかけているだけ」

なのが実情だと思います。

そのような無意味な両建てを連発していくようなEAは要注意ですから、
そのようなポジションが確認できた時点で利用は控えた方が良いかもしれません。

以上、FXにおける両建ての意味、メリットについてでした。

その他、FX、トレード関連の講座も是非、併せて参考にしてください。

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ