BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-ナンピントレードのリスク


FXトレードの情報商材としては非常に珍しいタイプの
ファンダメンタルズ分析に重きを置いている

『BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-』

こちらの情報商材の検証パフォーマンスなどを批評していきます。

BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-
販売URL :https://kokuchou-fx.com/


BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-の批評

ファンダメンタルズ分析をベースにテクニカル分析でトレードを行っていく、
2つの相場分析を併用していくノウハウを提唱している情報商材です。

この手の「情報商材」では、どうしても内容が抽象的になってしまうため、
ファンダメンタルズ分析を全面的に押し出している情報商材は珍しいのですが、

「ファンダメンタルズ分析の判断基準をどこまで具体的にできているか」

といったところが、この情報商材の再現性を左右するポイントになってきます。

ただ、そこは私個人の感覚では普通に「期待外れ」という印象で、
やはり、この部分はかなり「抽象的な内容」になってしまっていました。

まあ、案の定と言えば案の定なのですが、
政策や経済指標、要人の発言や経済ニュースなど、

「こういう情報はしっかりと押さえておくべき」
「こういう情報ソースはしっかりと網羅しておくべき」

といったポイントを示すところ止まりで、それらをの情報をどう分析して、
そして、どのような判断で実際の相場の予測に反映させていくのか、などは、
やはり、これという「答え」があってないようなものなのだと思います。

実際、そこに「答え」など無いからこそ、同じ情報ソースで同じ情報を目にしても、
トレーダーごとに、その分析結果や相場の予測は全く違ったものになるわけで、
そこに具体的な「答え」を示す事などできないのが現実なのかもしれません。

提唱されているポイントの1つ1つは「ごもっとも」な内容で、
ファンダメンタルズ分析に必要な視点やポイント、考え方などについては、
申し分のないレベルでしっかりと網羅されているとは思います。

ですが、それで実際に相場を判断できるかは全くの「別問題」なので、
1からのファンダメンタルズ分析の「勉強」にはなる内容ですが、

「実際の相場を予測する上での具体性、実用性には乏しい」

という事です。

それこそ、今はこの分野の情報がネット上に溢れていますし、
ファンダメンタルズ分析の入門書なども多数、出版されていますから、
それらでも、同等の知識や学びは実際のところ、得られる範囲です。

ですから、35,000円という価格帯で提供される「情報(ノウハウ)」としては、
内容が全般的に抽象的過ぎるため、具体性と実用性に欠けると思いました。

少なくとも、この『BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-』のコンテンツで、

「誰もが同じファンダメンタルズ分析を行えるような内容ではない」

と思います。

この部分で著しく「再現性を下げている」と思いました。

ただ、この『BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-』のトレードノウハウは
そのような抽象度が高いファンダメンタルズ分析が「土台」になっているため、
この段階の判断が「正解」に至っていなければ、話になりません。

結果的にそうなってしまったのか、意図的にそのようにしたのかは分かりませんが
極めて抽象度が高い分析基準に基づく判断が勝ち負けをそのまま左右するため、

「明らかに不明確な部分を拠り所に行うトレードとしてはハイリスク過ぎる」

と思ったのが率直なところです。

不明確なファンダメンタルズ分析に基づくハイリスクなナンピントレード

この「BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-」のトレードノウハウは、


 ・ファンダメンタルズ分析で相場の大筋の方向性を見極める
 ・その方向に沿って幾つかのテクニカル分析を駆使したトレードを行う


といった流れになっているのですが「テクニカル分析」については、
いずれも王道的な分析基準のみでさほどオリジナリティも無く、

「凡庸なテクニカル分析の寄せ集め」

という感じでした。

そこはファンダメンタルズ分析に比重を置いているが故に、
テクニカル分析は「凡庸なもので十分」という事なのかもしれませんが、
そうなると尚の事、最終的な勝ち負けはファンダメンタルズ分析の方に委ねられます。

実際にその時点の相場分析が「正しい方向」になっていれば勝てるわけですが、
そこを見誤っていた場合に、このノウハウでは、かなりのリスクを背負う事になります。

端的に言うと「相場がポジションを逆方向に動いた場合」の対処として、

「最終的にはファンダメンタルズ分析の方向に動く」

という事を前提に、ポジションを買い増し、売り増ししていく、
いわゆる「ナンピントレード」が基本となっているため、
先立つ予測が外れていた場合のリスク、損失が非常に大きくなるわけです。

この「リスクの大きさ」は販売ページのトレード実績でも見て取れるのですが、
以下の「2019年7月29日」のトレード履歴の『損益(損失)』の合計金額は、

「1日で約1億円相当の損失(3億6000万円の資金に対して30%相当)」

となっています。

↓↓↓

こちらは、その翌日の「2019年7月30日」のトレード履歴で、

「1日で約1億円2000相当の損失(2億5000万円の資金に対して50%相当)」

と、こちらもかなり大きな損失を出しています。

↓↓↓

この2日間の損失は損失の「金額」も億単位ですが、
運用資金に対しても30~50%近い損失を1日で出しているため、

「1日に資金の50%を失うようなリスクが当たり前にあるノウハウ」

という事です。

ナンピントレードはリスクヘッジが重要になるのですが、
これはさすがにリスクコントロールが出来ているとは言えません。

この「BLACK SWAN FX CLUB-黒鳥FX倶楽部-」のトレードノウハウでは、
先立つファンダメンタルズ分析を見誤る度にこのような状況に陥る事になります。

何より販売者ご本人のわずか9カ月間のトレードでも、
こうして資金の多くを失うようなトレードが見て取れるのですから、
これはさすがにリスクが高過ぎるため、全くお勧めはできないノウハウです。

ナンピントレード自体はやりようによっては有効になるものですが、
その拠り所が「ファンダメンタルズ分析」というのはいただけません、、、。

そこに確固たる具体性と再現性があれば、と思いますが、
決してそうではないのが実情のため、これでは「勝てない」と思います。

***

ファンダメンタルズ分析を「1から学ぶ」という範囲ではアリな内容ですが、
そのようなニーズであれば、この情報商材ではなくてもいいと思います。

かと言ってノウハウはノウハウで「問題アリ」なため、

「私としては全くお勧めできない情報商材」

という結論です。

是非、参考にしてください。

ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ