Global Dream FX(グローバルドリームFX)北田夏己レビュー


いわゆる「プライスアクション」によるFXのトレードノウハウを提唱している、

『Global Dream FX(グローバルドリームFX)』

こちらの情報商材の有効性などについて、批評していきます。

Global Dream FX(グローバルドリームFX)
販売URL :http://wtrade-fx.s3.amazonaws.com/top/it.html


Global Dream FX(グローバルドリームFX)北田夏己レビュー

この「Global Dream FX(グローバルドリームFX)」ですが、
以前に取り上げたこちらの「オプトインオファー」に登録すると、

・販売元:クロスリテイリング株式会社
・提唱者:北田夏己

この両者からメールマガジンが届くようになった後、
この情報商材が5万円ほどで案内される流れになっています。

世界一カンタンなFXの稼ぎ方|トレーダー北田氏の実績に疑惑

ただ、こちらのオプトインオファーの段階から言及していた通り、
この「Global Dream FX」のノウハウを提唱している北田夏己氏については、

「オプトインオファーを介して公開される動画の内容があまりにも不自然」

であり、その中で紹介されている実績などに1つも信憑性が無かったため、
この「Global Dream FX」のオファー以前に『怪しい』という事をお伝えしていました。

そのオプトインオファーの動画や、その内容の不自然な点などについては、
上記に貼った、以前の投稿記事の方をご確認いただければと思いますが、

「実際にFXで稼いでいるのかどうかもよく分からない人物のノウハウ(オファー)」

という時点で、この「Global Dream FX」のノウハウも信憑性はゼロに等しく、

「357戦352勝、勝率98.5%」
「スキマ時間だけで年間20000pips」

このような販売ページに掲げられている数字も全くアテにはならないと思います。

ただ、この「Global Dream FX」については実際に提唱されている「ノウハウ」も、
ほぼその全容の方を掴めている状況にありますので、一応、解説していきます。

Global Dream FX(グローバルドリームFX)のトレードロジック

この「Global Dream FX(グローバルドリームFX)」の販売ページには、

「世界一カンタンなFXの稼ぎ方」
「スマホ片手に1日たった5分でOK」
「2~3本のローソク足でチャンスを見つけるだけ。」

といった謳い文句が並んでいる点で実質的に「テクニカル指標」にあたる、
インジケーターを見る必要が無いノウハウである事が強調されています。

ただ、この手のFXのトレードノウハウが、

『インジケーター(テクニカル指標)を使わないノウハウ』

である場合、そのノウハウは、いわゆる『プライスアクション』と呼ばれる、
値動きそのものの動向のみでテクニカル分析を行う手法が基本という事であり、
この時点で、実質的にどのようなノウハウかはある程度、判別できます。

そもそも『プライスアクション』を前提とするようなトレード手法は、
まず間違いなく以下のいずれかに分類されるからです。


 ・ダウ理論に基づくチャートパターンやシグナルを指針とするトレード手法
 ・一定期間の高値、安値の更新の有無を指針とするトレード手法
 ・ローソク足の形状のみを指針としてトレードを行う手法


その上で、このは、

「2~3本のローソク足でチャンスを見つけるだけ。」

とされている通り、上記の3つ目に挙げた、ローソク足の形状から、
その後の値動きを予測していくノウハウである事が分かります。

一応、そのような『プライスアクション』で有名なのは

『酒田五法』

と呼ばれる「三山」「三川」「三空」「三平」「三法」と呼ばれる、
以下のような「ローソク足2~3本のサイン」かと思います。

↓↓↓


ただ、このようなローソク足は「偶然」のレベルでも頻発しますから、
私自身は実際のトレードでも全く意識するような事はしていません。

トレーダーによっては部分的な利食い、損切り判断に使っている人もいますが、
これを強いて「メイン」にしているというトレーダーはあまりいないように思います。

というよる、このようなローソク足2本、3本のサインは、
先ほども言ったように「偶然」のレベルで幾らでも出現するため、
これにそこまでテクニカル視点の有効性が伴うとは私は思えません。

また、実際の値動きの傾向を見ても、普通に上がるか下がるかの

「50%の確率論の範疇」

でしかないため、私はほぼ優位性はないサインだと思っているのが率直なところです。

実際に、この「Global Dream FX(グローバルドリームFX)」を購入された方や、
これを取り上げている検証サイトなどで批評されている内容を見ても、

「酒田五法に少しアレンジを加えた程度のノウハウ」
「50%の確率論の範疇以上の優位性は無い」

といった情報が見受けられるため、このようなローソク足のサインに、
どのようなアレンジを加えたところで、そこまでの優位性は得られないはずです。

実際の検証結果もそのようになっているようですから、
この「Global Dream FX」のノウハウは、やはり販売ページにあるような、

・90%以上の勝率
・高い勝率でこそ実現できるパフォーマンス

これらを「再現」できるような有効なノウハウではないという事です。

そもそも、この「Global Dream FX」の販売を手掛けている、

「クロスリテイリング株式会社」

は、有名どころの既存のチャートパターンやトレードノウハウにアレンジを加えたり、
それらをサインツールにしているような情報商材を数多く手掛けている業者です。

ただ、過去にそのような形で販売してきたノウハウのほぼ全てが
軒並み「勝てない」という評判だけは完全に一致しているため、
そういった部分でも、この「Global Dream FX」は、

「既存のノウハウにアレンジを加えて焼きまわしただけのノウハウ」

という見立てが妥当であり、さほど有効なノウハウではないと考えた方がいいと思います。

やはり北田夏己氏のトレード実績への疑念は消えず。

また、オプトインオファーの時点から北田夏己氏のトレード実績は、
実質的に何の信憑性もない怪しいものばかりが公開されている状況でしたが、
この「Global Dream FX」の販売ページでも、そこは「変わらず」でした。

例えば以下の実績画像。

↓↓↓

こちらをご覧頂いてお分かり頂ける通り、

・エントリー時間(取引開始時間)
・エントリーレート(エントリー時点のレート)

これら全てに「モザイク」がかかっている画像となっているため、
実際にトレードを開始した時刻やレートが分からないようになっています

ただ、あえて上記のような情報にモザイクをかける必要性は、

「捏造した取引履歴の整合性のため」
「購入者に具体的なトレードポイントを検証させないため」

このような理由以外、現実的な理由はほぼ考えられません。

例えば、このようなトレード履歴の画像を「捏造」する場合、
上記でモザイクをかけている情報の全てに「つじつま」を合わせる必要があり、

・実現した損益の金額に対するレート差やスプレッドの計算
・エントリー&クローズの取引時間に応じた実際の取引レート

これらを上記の画像のように数十件と計算して「捏造」していくのは、
できない事ではないものの、かなり骨が折れる作業となってしまいます。

ですが、画像内のそこにモザイクをかけてしてしまえば、
そういった「手間のかかる捏造作業」を大幅に削減する事ができます。

併せて、下手な捏造で間違いやボロを出してしまうリスクも無くせるわけです。

また、これが「捏造された画像」であるなら尚の事、
その具体的なエントリー時間やエントリーレートを公開してしまうと、
実際に「Global Dream FX(グローバルドリームFX)」を購入した人が、

「その時刻のトレードが本当にルールに沿ったポイントだったのか」

といった事を検証(確認)できてしまう事になります。

それもトレード履歴や実績を捏造している場合は都合が悪く
そもそも「有効ではないノウハウ」であるなら尚の事、
その部分でつじつまを合わせる事はほぼ不可能です。

そもそも、過去のチャート上でも「勝てていない」わけですから。

よって、過去の相場を対象とする「トレード履歴の検証や確認」をさせないためにも、
やはり、上記のような情報には全てモザイクをかけて「伏せる必要」があります。

要するに上記のようなポイントににモザイクをかけている時点で、、

「その実績画像の信憑性、信頼性は、限りなくゼロに等しい」

という事です。

とくに「クロスリテイリング株式会社」が販売する情報商材のでは、
上記のようなポイントにモザイクをかけている実績画像ばかりなので、
その社員が行った?とされる以下の画像は、もはや「証拠」でも何でもありません。

↓↓↓

こういった実績画像の信憑性など点も含めて、
この「Global Dream FX(グローバルドリームFX)」は、
販売ページの内容に見合う再現性はゼロに等しいという事です。

***

以上、Global Dream FX(グローバルドリームFX)のレビューでした。

もし、以下の記事の方にまだ目を通していないようであれば、
こういったアテにならない実績の見極め方を詳しく言及していますので、
一度、目を通して頂いた上で、今後の参考にして頂ければと思います。

>トレード実績の「真偽」でFX関連の情報商材を見極める方法


ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ