FXの税金と税率。国内業者と海外業者の違いを比較してみた。


FXで稼いだ収入(利益)に対する「税金」は、


 ・国内の取引業者によって得た収入(利益)
 ・海外の取引業者によって得た収入(利益)


このいずれかで「税率」や「条件」が異なります。

単刀直入な「税率の違い」は、


 ・国内の取引業者:20.315%(分離課税)
 ・海外の取引業者:15~55%(総合課税 ※累進課税)


こちらの通り、収入が大きくなるほど海外業者を対象とする税金の方が高くなりますが、
総合課税には「控除」があるため、一定範囲の収入までは海外の方が税金を安くできます。

ただ、単純な「税率」とは異なる部分で、国内と海外のどちらのFX業者を利用するかで、
FXで生じた「損益」をトータルしていく計算方法なども変わってくる部分があるため、
この記事では、それぞれ税金における課税条件の「違い」を比較していきます。

FXの税金と税率。国内業者と海外業者の違いを比較してみた。

FXの税金は「損失」と「利益」を差し引きしたトータル的な「利益」が課税対象となります。

個人でFXを行っている場合は「1年間(1月1日~12月31日)の利益」が対象となるため、
その間の「勝ち負け」のトータル損益が「マイナス」という場合においては、
国内の業者を利用していても、海外の業者を利用していても税金はかかりません。


 また、法人による「事業」としてFXを行っている(行っていく)場合においては、
 法人ごとに定める「決算月」を境目とする年度ごとの「利益」が課税の対象となります。

2021年現在の総合課税(累進課税)の「税率」と「控除額」は、


 ・195万円以下:15%(控除無し)
 ・195万円~330万:20%(控除:97500円)
 ・330万円~695万:30%(控除:427500円)


このようになっていますので「控除(税金を差し引く金額)」を考慮すると、
年間の利益が430万円以下になる場合は海外の業者を利用した方が税金は安くなります。

逆に430万円以上の利益になる場合は国内の業者を利用する方が「節税」になるわけです。

よって、430万円以上の利益は、その金額が大きくなれば大きくなるほど、
税率は最高55%まで上がるため、国内の業者を利用するか海外の業者を利用するかで、
実際の利益に対する税金(税率)は2倍以上、変わってくるという事です。


 法人の場合でも、最高税率は消費税を含めて40%を超えるため、
 どちらにしてもFXの税金は利益が大きくなると国内の方が有利になります。


年間リターン430万円以上であれば「国内のFX業者」が有利。

また、FXによって生じた1年間のトータル損益のマイナス(損失)においても、


 ・国内の業者を利用していた場合は翌年度に繰り越しができる
 ・海外の業者を利用していた場合は翌年度への繰り越しはできない


このような違いがあり、海外の業者を利用した場合は「損失の繰り越し」ができませんが、
国内のFX業者を利用した場合は、その損失を「翌年以降の利益」と相殺できます。

また、国内の業者を利用した場合の「損失の繰越控除」は3年間まで有効となっているため、
仮にFXを始めた最初の1年で「トータル1000万円の損失」を出してしまった場合、

「そこから3年間は1000万円以上の利益が出るまで税金がかからない」

という事になります。

ですが、その1000万円の損失を海外のFX業者で生んでしまっていた場合は、
その損失を対象とする「繰越控除」を行う事はできない形になるため、
翌年以降の「利益」には、まるまる税金がかかる形になります。

つまり、FXの「利益」や「損失」に対する税金は、


 ・大きなリターンを実現できるほど国内のFX業者の方が有利
 ・年間リターンが430万円以下なら海外のFX業者の方が有利
 ・一時的に大きな損失を生んでしまうほど国内の業者の方が有利


このような条件を前提に「どちらが得か」を判断する必要があります。

ただ、これはあくまでも「税金」や「税率」についての話でしかないため、
海外と国内の業者では「取引上」の有利、不利も実際のリターンに関係してきます。

そのような「取引上の違い」については以下のような記事がありますので、
こちらの記事の方も、是非、併せて参考にしてみてください。

↓↓↓

為替FX取引業者、仮想通貨取引所の比較方法と選び方について

ちなみにここで解説した税金の話は「為替相場を対象としたFX」の話であって、
2021年現在の時点では仮想通貨(ビットコイン)のFXは「為替FX」のような

「分離課税(一律20.315%)」

の対象にはなっていません。

よって、仮想通貨のトレードやビットコインのFXで得た利益に関しては、
現時点では通常の「総合課税(累進課税)の対象」となります。

故に、為替FXとビットコインFXにおける「税金の違い」という点でも、


 ・年間430万円以下のリターンであればビットコインFXの方が有利
 ・年間430万円を超えるリターンであれば為替FXの方が有利

という事になります。

ただし、これは為替によるFXの税金が優遇されているというだけであって、
仮想通貨やビットコインFXの税金がとくに「高い」というわけでありません。

現時点で言えば、仮想通貨やビットコインFXで稼いだ収入は、
あくまでも「一般的な総合課税の対象になっている」という事です。

***

ただ、為替相場を対象とするFXとビットコインのFXでは、

「税金の違い以上に手数料の部分で歴然とした違いがある」

という実情があるため、為替FXとビットコインFXの手数料の違いについては、
別途、以下の記事の方を併せて、参考にしていただければと思います。

↓↓↓

株、為替、ビットコインFXの取引手数料とスプレッドの比較。

ビットコイン・FX・トレード関連講座

ビットコイン・FX・トレード関連講座一覧はこちらから

橋本のメールマガジン

私のメールマガジンでは、

・国内オークションサイトを利用した中古車転売
・ビットコインを主とするFXトレード

これらを「確固たる収入源」としていくための情報を、

「そんな事まで教えてくれるの!?」

というレベルまで、とことん公開しています。

つまらなければワンクリックで解除できますのでお気軽にどうぞ。

中古車バイヤー兼トレーダー、橋本のメールマガジンはこちら

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ